FC2ブログ

日本列島の旧国名が日常生活にも

四方山話
05 /31 2016
2012.01.27 Friday - 00:11 comments(0) -
[第1508回](中吉)・・・1月27日(小吉)

『 今年5月に完成する「東京スカイツリー」は、世界一の高さ634mの電波塔です。なぜ?「634m」なのか? それは東京の旧国名が「武蔵(むさし)」のゴロ合わせだからですね。皆さん、平成の現在でも、日本列島の旧国名が日常生活にも使用されていますから、国民の常識として知っておくことは当然なのです。まして、ネーミングのプロとしては、人名ばかりではなく、”地名”もまたその”位置と由来”も必要なのですよ。(できれば、旧藩名も必要なのですが、300藩もありますので、主要な藩名のみでも記憶していてください。)』

 それに、例えば「備前・備中・備後」というように、なぜ?「前・中・後」が付いているのか?解かりますか?
 また、TVニュースで、例えば「東名高速の”上り”線は、35km渋滞です・・・。」と放映していますね。また、京都市内の住所で、例えば「河原町三条”上ル”」と言いますが、それらの”上り”とか”下ル”というのは、一体?どういう意味なのか?解かりますか?
 田舎者が東京に行ったとき、「あぁ、”お上り”さんか?」といいますね。でも、これは明治時代~現在までで、江戸時代以前は「江戸など他の地方から京都に来た人を、”お上り”さん!」と言いました。

 もう解かりましたね。「上り・下り」の使い分けは、天皇ご在所を起点として言うのです。ですから、明治以降は東京が中心、江戸以前は京都が中心に使い分けられていました。そして、京都市内では、天皇がご不在の現在でも、”御所”を中心として「上ル・下ル」と言い、通常「上ル」は”北へ”という意味であり、「下ル」は”南へ”という方向を指します。(因みに、東西は「東入ル・西入ル」と言います。)

 これと同様に、旧国名は古代から使用さていたものですから、畿内(奈良・京都)を起点にして、近い方から順番に「前・中・後」を国名に付けたのですよ。
 それが付いた旧国名は、九州の「肥前・肥後・豊前・豊後」、中国の「備前・備中・備後」、北陸の「越前・越中・越後」、東北の「陸前・陸中・羽前・羽後」があります。また、「上・下」が付いた旧国名は、関東であり「上総・下総・上野・下野」があります。
 これらが、現在の”何県?”に相当するか、調べて記憶してください。
 それは、日常生活の中でも使用されているのですよ。

 例えば、「陸前高田市・陸中海岸、越後獅子・越中富山の置き薬・越前岬、備前焼・備中神楽・・・」なども、現在でも旧国名が付いて使用されていますね。
 それに、時代劇を見ても武家の官職名として、例えば「羽柴筑前守・大岡越前守・・・」など、「”筑前”とは福岡県か、”越前”とは福井県か・・・」と、すぐ解かるようになっていて欲しいですね。
 このように、ネーミングのあるもの、できる限り理解しておくことも、人名のセンスを高める元となるのですよ。 

(お見舞い) 
 小さな日本列島ですが、北海道・東北・北陸・山陰などの日本海側の地域に在住の方、近年にない”大雪”で”雪かき・車の運転・通勤通学・買い物”大変ですね。怪我や事故に遭遇しないようにしてください。私も福井に2年間、転勤して”雪かき”の思い出があります。それに引き換え、現在在住の瀬戸内海地方は、毎日、晴天の日が続いています。
ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

二宮金次郎

四方山話
05 /30 2016
2012.01.26 Thursday - 11:48 comments(2) -
[第1507回](小吉)・・・1月26日(小吉)

『 あの懐かしい小学校校門のそばにあった「二宮金次郎」像。全国の小学校で、像の老朽化が進み、その修理や再建に、賛否両論が起こっています。皆さんはどう思いますか?』
と言っても、「二宮金次郎」を知らない若い人も多いのでは・・・?
 詳しい人物像は、IT検索で読んで見てください。
 昔の人は、貧困で母子家庭からでも、歴史に名を残す賢い人が多いですね。いつも思うのですが、現在の人で、100年後の将来に紙幣の肖像になるような人が、はたしているのか、どうか・・・?
 この「二宮金次郎(尊徳)」は、戦前の1円札の肖像になった人です。
 彼の遺訓は、「90訓」ありますが、その中で現在の政治家にも、再認識させたい遺訓があります。
『 ”聖人”は、無欲ではない。実は大欲であって正大。”賢人”がこれに次ぎ、”君子”はその次。”凡夫”のごときは、小欲のもっとも小なるもの。学問は、この小欲を正大な欲に導く術。大欲とは、万民の衣食住を充足させ、人々の身に大きな幸福を集めようと欲すること』


 さて、昨日のヤフーニュース。
『 薪を背負って本を読む姿の「二宮金次郎(尊徳)」像。戦前に全国の小学校に建立されたが、老朽化などに伴い各地で撤去が進む。大津市の小学校でも3カ所で破損が見つかったが、「児童の教育方針にそぐわない」との意見もあり、市教委は補修に難色を示す。受難の時代を迎えた金次郎像だが、「"質素倹約"や"勤勉の精神"」を伝えると、再評価する動きも一方ではある。』
とのニュース。
 これに対して、教諭の中には「努力を尊ぶ姿勢は受け継ぎたいが、子どもが働く姿を勧めることはできない」との意見もあり、また「戦時教育の名残という指摘や「歩いて本を読むのは危険」という保護者の声もあり、補修に公費を充てるのは難しい」と市教委の意見もあります。
 あの野球の強豪校;「報徳学園中学・高校」(兵庫・西宮市)の”報徳”の由来は、「二宮金次郎(尊徳)」の教えに基づいたものです。校内には、なんと7体もの石像や銅像があるそうです。現在も、教えは生徒の教育指針として伝わっており、同学園の報徳教育部長は「理屈より実践を尊ぶ姿勢はいつの時代にも通じる理念だ」と語っています。
 また、尊徳記念館の「小林輝夫」解説員(76)は「金次郎は賢人の名言集から学び、自分にできることに全力を尽くした。少子高齢化で厳しい社会を背負うことになる今の子どもたちこそ、彼の姿勢に学ぶべきだ」と話しています。
 しかし、恵まれた時代に育った現在の若い層や、小中学生をお持ちの年代、そして教育現場の若い教職員は、「二宮尊徳」の業績など知らずに、「戦時教育の名残り、軍事教育の復活」などに結び付けて、「二宮金次郎」像の設置反対しているのは、ちょうど「日の丸」掲揚と同じような感覚を持っている人も多いのでは・・・?
 何でも、歴史の真実を知り、公正な判断をすることが、この「天命数霊術」の5大条件の他に、要求されることなのです。
 余談ですが、昨日のブログ;金づち殴打による被害者が55歳であったことから、偶然にログインして読んだ「2ちゃんねる」では、「高度成長期に育った50~60代は、”ゴミ”みたいだ!」という書き込みがありました。おそらく20~30代の若い人でしょうが、この50~60年代の人が日本を成長させてきたのも理解せず、”ゴミ”と表現をする人こそ、「”ゴミ”をあさる”ゴキブリ”だ!」と言いたいですね。
 若い人でも、震災のボランテア活動する感心な人もいれば、「2ちゃんねる」に書き込みして、無意味に歳月を送っている人もいます。
 それから見れば、貧困・母子家庭からでも歴史に残った「二宮金次郎・福澤諭吉・野口英世」など、やはり小中学生に「模範とすべき人だ」と教育すべきですよ・・・。



ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中