FC2ブログ

”立場”が異なれば、評価も異なることがあります。

四方山話
01 /31 2016

2011.09.19 Monday
-
00:20
comments(2)
-


[第1391回](大吉)・・・9月19日(最大吉)

『 「あの課長は”仕事ができる人”だね。」と言えば、「とんでもない。課長は”要領がいいだけ”だよ。」と、皆さんの職場でも、同僚間で”うわさ”をして、課長への評価が異なることがあるでしょう? 
 そこなんです。姓名判断で”当たった”、いや”当たらない”と、依頼者の立場に依って、評価が異なる場合があるのです。例えば、その課長を高い評価をした同僚が、専務派であった場合と、低い評価をした同僚が常務派であった場合、”立場”が異なれば、課長の評価も異なることがあります。
 この”立場の違い”、職場のみではなく、世の中に沢山あります。政治思想・宗教観・歴史観などの違いで、自分の支持する立場により、それぞれの評価が異なるのです。』
 この「”立場”により”評価”が異なる。」こと、姓名判断では、とても大事なことなので忘れないでください。
 私のフアンの方は、「天命数霊術は、素晴らしい!」と評価して頂いていますが、熊崎式のフアンの方は、「あんな説は、格好付けているだけ、それより熊崎式は伝統がある素晴らしい説だ!」と、支持する立場が異なれば、評価も異なり、「望月説は、統計も知らず、例外もあり、誤魔化しているだけだ!」などという”中傷サイト”が、はばを効かしていますね。
 それを読んで、「なん~だ、望月説とは、そんなツマラナイ説か!」と、私のブログも読まず、”統計表”を分析して問題点と改善点を出すのが、行政改革の30年間の仕事の一部だったのも知らず、その私に対して”統計を知らない”と、事実と異なる”中傷サイト”を信じてしまう方も多いと思います。
 さあ、そこなのです。「物事の評価というものは、必ず”主観的に評価”するのではなく、公平中立な立場で、”客観的な事実・根拠・資料”などで評価すべきです。」
 さて、前置きが長くなりましたが、特に「歴史上の人物評価」をする場合は、その時代の為政者により、政治思想が異なる反対派にある場合は、史実を曲げて評価し、伝承されることも多いのですよ。
 ”儒教思想”に加え”尊王思想”を強調した明治~終戦までの教育では、特に天皇敬拝・忠臣愛国から、「日本神道を崇拝・仏教を排斥」し、歴史上の人物「足利尊氏」「明智光秀」などは”逆賊”、「徳川綱吉」などを”暴君”のような評価をして、尊王派の「水戸光圀」の名君ぶりを、史実を曲げてまで”名君”として美化したのですよ。(黄門さまは、全国漫遊などしていない。)
また、一例をあげますと、「吉田兼好」(徒然草の作者)と判断したら間違いですよ。本当は「卜部兼好」であって、「吉田」姓は本人の死後、江戸時代になり、後世の人が付けた苗字だったように、歴史上の人物は史実を十分確認して評価することです。
 最近の歴史学者の研究で、次々に史実が歪曲され、あるいは誇張されてきたことが明らかになりつつあり、歴史上の人物評価でも、戦前の教育とかなり異なって来ています。
 したがって、姓名判断で歴史上の人物評価をする場合、①史実を客観的に把握すること、②日常使用の姓名を確認すること、③旧漢字に注意することなどに留意して、可能な限り正確な判断することですよ。
 また、現在の日常生活でも、”人の評価”は公平中立で、客観的な事実に基づいてする習慣を身に付けてください。  



コメント
歴史は過去のことだから変わらないと思っていた固定観念を取り払い進化するものとして捕らえなければならないですね。唯でさえ誇張されたり湾曲されたりして伝わるものが多い中真実を見失わないように、公平で客観的な思考が特に必要とされる世の中なのかもしれません。k919
2011/09/20 12:38 PM

K919さま
 特に、職場などの人物評価は、当てになりません。同僚の足を引っ張るため、上司に事実を曲げて進言する人、意外に多いのですよ。それに特定の政党や宗教の信者、他の政党や宗教を必ず悪口を言います。特に姓名判断師は、いろいろな依頼者がいますので、あくまで公平中立な判断をして行くべきです。望月岳陽
2011/09/20 8:01 PM

ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

異常なほど”切れ易い性格”

4・7タイプ
01 /30 2016

2011.09.18 Sunday
-
09:47
comments(2)
-


[第1390回](中凶)・・・9月18日(中吉)

『 "気高く、光輝く"ように・・・と、親の思いから「高光」と名付けても、あるいは「善行」「勇貴」「道徳」・・・など名付けても、子は”逆”の人生を歩むことになる実例は沢山あります。”語意・語源・音感”だけでは、ベストにならないのです。やはり、苗字に適合した”画数”から、”語意・語源・音感”を選んで名付けをすべきですよ。・・・世の中の名付けは、順序が”逆”になっています。』

 さて、昨日のニュース。明日19日は”敬老の日”ですよ。
『 さいたま市で「父親に刺された」と、同居している娘から110番通報がありました。その後、娘の自宅も含めた5軒の家が類焼した火災事故も起きており、事件の関連を調べています。

 銃刀法違反及び傷害の疑いで現行犯逮捕されたのは、無職「坂本高光」容疑者(75)ですが、自宅に同居している娘(50)の顔を、果物ナイフで切りつけ逃げましたが、自宅から80m離れた畑で果物ナイフを持った坂本容疑者が隠れているのを見つけ逮捕されました。娘は顔にけがをしましたが、命に別状ないということです。
 ところが、ほぼ同じ時刻に坂本容疑者の自宅から火が出て、隣の家など5軒が燃える火事があり、このうち4軒が全焼しました。警察は、坂本容疑者が娘を切りつけた後に、自宅に火をつけた疑いもあるとみて調べています。』とのことです。
 さて、皆さん、このようなニュースから、何が思考できるか?と思いますか?
 通常、父娘のケンカとしても、”口ケンカ”ぐらいは珍しくはないのですが、娘の顔をナイフで切りつけ、自宅に放火するなど、通常の高齢者ではしませんよ。やはり、異常なほど”切れ易い性格”ですね。
「坂本高光」天格17・地格11・総格28
さあ、皆さんは、この姓名から何を判断できるか?もうお判りですよね。この容疑者のご両親が75年前(昭和10年頃?)に名付けた当時は、「信・義・正・勝・忠・・・」などの字体が多い中で、「高光」と名付けられたのは、流行名を追わず、愛情をもって「気高く、光輝く子になって欲しい。」と名付けられたと思います。
 しかし、少なくとも75歳のこの事件から見ても、この姓名では生涯”切れ易く・自己主張が強く、頑固な性格”であったと推測され、とても親の願いの”気高く、光輝く”人生ではなかったのでは・・・?
 この姓名は、「4・7」タイプの次のランク「1・7」タイプになり、「1」と言う数も、相手次第では”薬草”にも”毒草”にも変化する数でしたね。 そのうえ、「光」という”語源”は、”太陽の光”ではなく、”燃える光”なのですよ。(”太陽の光”は「晃」なのです。)
 ですから、一般に男性が「光」を使用すると、”燃える火”に関係してくる人もいますから、名付けには「光」は絶対に避けるべき字体です。(女性の「光」は、男性の役をしますから、男性運がない女性が多い。)
 マンガ家の「横山光輝」氏は自宅で焼死した実例もあり、今回の「坂本高光」容疑者も”火”に関係した”放火”の疑いがかけられています。
 本当に、姓名の吉凶は、高齢になっても、生涯の運気・性格に影響があることは、過去の実例にも沢山投稿してきましたね。
 例えば、天格「2」系列の人は、90歳になっても、人生の最後は「交通事故死」の事例も思い出してください。  



コメント
老後は楽しく、死ぬのはコロッと迷惑をかけずに。これが理想的な終焉ですと祖母はいつも言っております。様々な事件事故によりこれだけ当事者たちの姓名タイプの違いが分かれるのは本当に不思議な事です。ニュースを見ていても、繋がることが多すぎて鳥肌が立ちます。k919
2011/09/18 11:58 PM

K919さま
 高齢者は、誰にも世話にならず、ポックリ逝くことを望んでいますが、実態は逆であり、介護が必要な高齢者は年々増加しています。どちらになるか?これも”運”です。奈良に「ポックリ寺」があります。望月岳陽
2011/09/21 7:18 AM

ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中