FC2ブログ

”占い”ではなく、”学問”

四方山話
10 /31 2015
「姓名学」の勉強は、「渡邊三男」博士が最適!

2011.06.18 Saturday - 10:20 comments(2) -

[第1303回](小吉)・・・6月18日(中吉)
 
『 姓名判断の基礎となるのは、”占い”ではなく、”学問”なのです。でも"本物(真実)”の"姓名判断は、”姓名学”の一部であり、「姓名判断≒姓名学の全て」ではないことを、忘れないでください。』 
 しかし、日本中の姓名判断師や関係図書には、姓名判断を”占い”と捉えながら、姓名の歴史も知らず、軽はずみに「姓名判断は、”姓名学”とか”統計学”だ!と、矛盾(論旨が一貫しない)した説ばかりです。ですから、日本中の説では、根拠・判断基準がないので、的中率が低いという以前に、間違いの説”です。
 「姓名判断は”統計学”ではない。」と、私の公式HPでもブログでも、何度も強調してきました。そして、「姓名判断」を”学問”として体系付けたのは、私が日本・中国を通じて”、私が初めてなのです。
 ところが、姓名を”姓名学(姓名判断を除く)”として、長年の研究には”舌を巻く”ほど驚いた学者がおられたのです。
 この経緯は、約40年前、「姓名判断」を”学問”として開発せねばならないと、強烈な刺激を受けたのは、当時、すでに70歳の古希を迎えられる”姓名学”の日本一の大家「渡邊三男」先生(文学博士・駒沢大学名誉教授)だったのです。
 もし、皆さんの中で、”学問”として、本当に「姓名判断」を修得したいのなら、次の本を図書館で探して、読んで見てください。正に”驚き”ですよ。
 『 苗字・名前・家紋の基礎知識(別冊歴史読本)』(監修・編著;渡辺三男、新人物往来社、1992.11.8発行)であり、膨大な資料から、古代から現在までの「姓名の研究」には、驚きますよ。
(この本は、かって毎日新聞社から刊行された三部作「日本の苗字」「日本の人名」「日本の紋章」を、全一冊に再編集されたものです。)
 その中には、”苗字や名前”の由来や変遷があり、あなたの先祖が推定できる基礎知識も修得できます。
 但し、その中の一部で「姓名判断」も記載されていますが、私の説が全く知られていない当時でしたから、熊崎式や根本式を批判され、「姓名判断はいい加減なもの!」と批判されていたのは、やむを得ないことです。
 この渡邊三男先生の研究成果に比べれば、私でもまだまだ未熟ですが、現在の姓名判断の創立者と称している「熊崎健翁」氏、そして根本式・桑野式・野末式・安斎式・浅野式など、現在の日本で有名な人でも、レベルが低過ぎて話しにならないことが、

渡邊三男先生(天格15・地格25・総格40)の著書を読めば判りますよ。

 これら、TVに出演しているような有名人が、いかにレベルが低いのかが理解できますよ。
 姓名の歴史も知らないと、プロとして恥をかくのですよ。

僧侶は神職と異なり、原則として、明治5年まで苗字は使用していなかったのですよ。ただ、士分になった僧侶、例えば「一休宗純」の”一休”は苗字ではなく、僧籍名で、”宗純”は武家の”名乗り”と同様なものだったのです。
 このようなことも知らないレベルが、現在までの”有名人”だったのです。

 でも、真実の有名人として、「渡邊三男」先生のように、”地味な学者”が世に出る時代になって欲しいですね。
 何度も言いますが、同先生の「姓名の研究」は、”驚き!”ですよ。
これを読めば、「苗字の画数」を求めて「先祖代々受け継がれたものです・・・」なんて記載している本など、「あぁ、バカなことを言っている!」と判るはずですよ。
少なくとも、「夫婦同姓」で、養子家系も多かった日本では、中国や朝鮮の「夫婦別姓」と異なり、「苗字が先祖代々受け継がれ・・・」なんて、まるで常識もないのが、日本中の姓名判断師です。

コメント
書籍のご紹介ありがとうございます。さっそく探して拝読させていただきます。先日職場の近くの商業施設に姓名判断無料と書かれたブースがありました。同僚が見てもらいたいというので立ち寄ってみると男性姓名判断師が座っておりました。友人の名前の判断結果に全く私には納得いかないものでした。「なぜ苗字だけで天格とするのか?」や同僚の名前が3文字だったので「霊数はなんの意味なのか?」という質問に対する納得する答えはありませんでした。同僚にはあとできちんと説明をしましたが、彼女も天命数霊術の論に納得しておりました。この出来事も私の勉強となりました。

k919 2011/06/18 2:54 PM

K919さま
 街角やスーパー・温泉センターなどで「無料姓名判断」をしているのは、高価な印鑑を売るのが目的なので、注意してください。「苗字の画数を求めて、何の意味があるのか?霊数とは何か?なぜ、在りもしない”1”をなぜ、加えるのか?」など、全く解明することなくマネしているのです。正に「”知”に依りて、”識”に依らず」の人が多いですよ。

望月岳陽 2011/06/18 4:18 PM

ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

「知に依りて、識に依らず」

四方山話
10 /30 2015
「知に依りて、識に依らず」の知識人が多い。

2011.06.16 Thursday - 12:26 comments(5) -

[第1302回](大凶)・・・6月16日(小凶)

『 この”心理学”の講義は、話が抽象的でサッパリ面白くない。もうエスケープして、親友と駄弁った方が面白い!』
と、大学での一般教養科目の「心理学」を、年間殆どサボった思い出があります。当時、200人ぐらい収容の教室に、聴いている学生は4~5人程度。
 教授が、自分の知識と専門用語を、「どうだ、こんな難しいことを知っているのだぞ!」と言わないばかりに、新1年生に講義をするものですから、まるでお経を聴いているように眠くなる。
 昔から『知に依りて、識に依らず』の格言があります。この解釈も深い意味があるのですが、「深く物事の是非を考えず、自分の知識・経験を押し付ける人」が、知識人には多いのです。
 ”難しいことを、易しく表現できる人”こそ、本当の知識人と思いますよ。”専門学会の発表”ではあるまいし、常に、相手のことを基準にして、相手が理解できる程度にレベルを下げ、易しい表現で説明することが大事なのですよ。
 このような人、会社の職場にもいると思いますよ。新社員にいきなり技術的な専門用語や業界用語を、教えも説明もせず、「どうだ、自分は偉いだぞ!」という人は、先ず「知あっても、識のない人」です。
 このような人は、一般的に”哲学的な思考”を持つ教授・小説家や宗教人に多く、非常に”頭が切れる人”、言い換えれば「天格又は地格」に”9”系列の人が多く、”思いやり”の”3・8”の要素がない人に、その傾向があります。
 また、そのような人は、自分で”造語”を考え、それを押し付けるところがあります。先日に投稿した「村上春樹」(地格19)氏の「歪んだ構造・非現実的な夢想家・厄災の犬」などは、一般人へのメッセージとしては、難解であり、”識”に欠けるところがあります。
 また、一般に頭脳明晰の宗教人に、このようなタイプに人が居られます。 例えば、「小池龍之介」氏は東大教養学部卒で僧侶、天格19・地格9・補格4・総格32であり、非常に”頭が良い”知識人ですが、「家出空間」などの用語も、私のような凡人にはピンと来ませんね。
その点、学歴はなくても、経営の神様「松下幸之助」氏の講演は、”難しいことを易しく表現”し、例えば「まんじゅう屋さんの話」から、経営のノウハウを説いたのです。
また、思い出したのですが、ドイツ語の教授で、「ドイツの”トイレ”の話」から、ドイツの風俗習慣に及び、 ドイツ語会話を自然に修得できるよう学生に教え、”笑い”の連続の中で自然に授業が進み、私も非常に良く頭に入った思い出があります。 このような人こそ、真の”知識人”なのですよ。
 このように、頭脳明晰の人に多い「9・5」系列の欠点でもある、ことも承知して頂きたく、今日のブログとしたのです。この点のみを注意して頂ければ、「9・5」系列の””運気の素晴らしさは、もう皆さん、十分に理解されたのでは・・・? 



コメント
今まで賢い方の難しい言い回しについていけなかった自分を恥じていました。でも本当に賢い方は先生のブログのように伝えたり教えるのを相手の目線によってレベルを調節できる方なのですね。人に教える、伝えることで自分のレベルアップに繋がるかもしれません。ヒントを頂きありがとうございます!

k919 2011/06/16 3:55 PM

K919さま
 逆に、易しいことを、ワザと難しい表現をして、自分の知識と賢さを自慢するような人も、キャリア組には多いのですよ。特に、高級官僚に多く見られます。一般国民になじまない「官庁用語」を使用し、自尊心を誇示することが多いです。でも、司法関係では、裁判員制度から平易な用語を使用し始めたことは、良い傾向です。

望月岳陽 2011/06/16 11:50 PM

お久しぶりでございます。毎日大変ご苦労様です。ブログが継続されている事に、改めて感謝しながら久々に読ませて頂いてます。今回の内容、9 5系列の欠点など『なーるほど納得』でした。僕がブログを読み始めてから、先生の事を『すごい!!プロだ!本物だ!』と思ったのは、難しい事を素人に分かりやすく教える事ができると思ったからです。どんな分野のプロでも、それが出来なければ本物のプロではないと僕は思います。

祖母の桜餅 2011/09/02 7:50 PM

祖母の桜餅さま
 お久しぶりです。事業は順調ですか?私はジョークなどの「造語」は好きですが、哲学者や小説家が本人しか理解できない「造語」を言う人には、むしろ軽蔑します。誰でも解かりやすい文章・語句の方が、相手に良く伝わるのです。このブログでは「法律・行政用語」もできる限り、専門用語を避け、格言などの引用でも、分かりやすく、説明をするよう心掛けています。その点、優しく講演された「松下幸之助」氏を尊敬していますし、「松下政経塾」出身の政治家には優れた人が多いのです。

望月岳陽 2011/09/02 11:18 PM

いつも有り難うございます。返信遅くなりまして申し訳ありません。仕事の方は、相変わらずといった感じで忙しいです。ただ、仕事に追われてというわけではなく、追っかけているつもりなので苦ではないです(笑)。

祖母の桜餅 2011/09/06 9:22 AM

ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中