FC2ブログ

”運気のセンス”を高める。

歴史人物鑑定
07 /31 2015
大河ドラマ『江』の歴史からも”運気のセンス”を高める。

2011.03.21 Monday - 08:12 comments(0) -

[第1233回](中吉)・・・3月21日(大吉)

 『 懐かしいなあ~、と思いましたよ。福井「北ノ庄城」跡と足羽山の麓にある柴田勝家・お市の方の菩提寺;「西光寺」、いづれも福井に転勤したときに訪れたことを思い出しました。』
 1昨日のNHK大河ドラマ『”江”(ごう)・・・戦国時代の女たち』
  私にとっては、"歴史"は記憶するものではなく、その裏に秘める史実から”センス”を高める”師匠”なのです。
 私の説は、オリジナルですから、”師匠”はいません。私の師匠は、古代中国史や日本史が、センスを高めた”師匠の一部”なのです。
 このブログでも、歴史から学ぶ記事を沢山投稿して来ましたね。
 「天命数霊術」は、古代中国史から”根拠”を求め、風水概念を採り入れ、そして歴史上の人物にも”判断基準”と”実証例”を求めたのです。
 そのため、08年の大河ドラマ『篤姫』から、登場人物から学ぶことも多く、[第373回][第511回][第524回]の3回投稿しましたね。
 さて、今年の大河ドラマから、登場人物からも、姓名判断のセンスを高めるために学ぶことが多いのですよ。
 でも、逆に「天命数霊術」を理解していれば、史実を間違った判断をすることもないのです。例えば、「織田信長」を焼き討ちにした「明智光秀」は”天下を狙う人”と判断した「野末陳平」氏の説は、大きな間違いだとわかるのです。(彼は、天下を狙った訳ではなく、家族・家臣を守るため、止むを得ない所業だったのです。)
 ところで、羽柴秀吉により落城された「浅井長政」の遺児;「茶々・初・江」の3人姉妹が、戦国時代を生き抜いて行くドラマ。
 3人の姉妹の母「市」(信長の妹で、浅井長政の正室)が、再婚した「柴田勝家」も、羽柴秀吉に攻められ、福井”北ノ庄城”も落城して、市とともに自害して果てる。3人の姉妹は羽柴秀吉に引き取られてから、戦国時代をそれぞれ生き延びて行く”運命の違い”が生じて来るのです。
 字数に制限から、詳細には記載できませんので、登場人物は、ご自分で判断してください。(旧漢字の画数に注意。太字は注目点。)
「織田信長」天格27・地格13・総格40
「明智光秀」天格14・地格19・総格33
「浅井長政」天格19・地格13・総格32
「柴田勝家」天格22・地格15・総格37
「羽柴秀吉」天格13・地格16・総格29
「市の方」”市”5+”の”2+”方”4=11
「茶々」”茶”10+”々”3=13 (秀吉の側室、「淀」11)
「初」7(京極高次の正室、「常高院」31)
「江」6(徳川秀忠の側室、「崇源院」34)
以上から、「茶々」は、”温厚で協調性”のある13画から、「淀」になると、”几帳面で気位が強い”11画となる。
「初」は”自己主張・負けん気”が強い”7画から、「常高院」の”冷静沈着で気位が強い”31画となる。
「江」は”美人で自信に満ちた”6画から、「崇高院」の”自己主張・負けず嫌い”34画となる。
 どうですか、改名すると、”性格”がソックリ変化し、それが歴史を変え、本人の運気を左右させることがあるのですよ。


ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

あなたの運命;明日の日も”未知?”である。

四方山話
07 /30 2015
あなたの運命;明日の日も”未知?”である。 2011.03.19 Saturday - 23:46 comments(2) - [第1232回](大凶)・・・3月19日(最大吉) 『 人の運命・生命は、本当に明日のことも、予想付かないのですよ。 』   今回の大震災・大津波では、死者・行方不明者は2万人を超す!  この被害者は大変お気の毒でしたが、もし事前に災害の発生が予測できていれば避難でき、また”奇跡的にも生還できる姓名”を持つことを準備しておけば、これだけの尊い生命の何分の1でも、救済できたのではないと思います。 「”自然災害”や”交通事故”をも助かる”運気”の良い姓名?」 「そんな”バカ”な! 姓名で”助かる訳がない”!」 と思われるのが、この「天命数霊術」を知っておられない日本人が99.9%でしょうね。(でも、ブログのアクセス数は、4年近くで、延べ約370万件を超えました。)  ところが、先月のNZ大地震の被害者は、天格「0・2」系列が多く、今回の大災害でも、奇跡的に生存できた人は、逆に天格「9・5」系列が多い事例も投稿済ですね。  全く、”事故事件”による生命は、明日の日も不明なのですよ。このほか、”脳溢血・心筋梗塞”などの病気で、”急死”ということも有りうるのです。  くどいようですが、天格「2」系列の人は、”畳の上で、安らかに死ねない運命”にある可能性が高いのですよ。  仮に、80~90歳の長寿でも、明日の日に”交通事故”で死亡した事例も紹介しましたね。  「母の日に、娘が運転する車が池に落ち、95歳の母親が水死」([第959回])、「夫婦とも天格12の80歳と77歳の高齢で、踏み切り事故死」([第850回])のように、95歳の高齢になっても”水死”?だれが予測できたでしょうか?  このような”事故死・病弱死”は、過去のブログ約1200回の中で投稿済ですが、高齢者だけではなく、乳幼児・小中高校生を中心とした実証例も多くあり、また、親がどんな愛情をもって名付けても、天格「0・2・4・7」タイプなら、いくら努力しても成績は伸びず、その子が成長してヤケを起こして”無差別殺人”などで、”死刑囚”にもなる人もいる。また、「0・6」タイプなら、家庭運・職業運がなく、失業してホームレスか、孤独死などで、不幸な生涯を終える人が多いのです。  最近、このブログを読み始めた方のために、少し「天命数霊術」の極く概要をおさらいしたのです。  私だって、天格19ですが、それでも明日の”事故や病気”は、予測付きません。今までは、本当に元気でしたが、やはり70代ともなれば、ガタが来るのか、最近、時々左足脹脛外側に痺れが来ており、その逆に影響がある”脳梗塞”から、右半身の不随でもなれば、毛筆を使う「色紙額」や「風水霊符」を作成できなくなるのを心配しています。 もし、私がそうなれば、姓名判断はできても、本当に”気”を入れて作成できる「命名・改名の後継者・弟子」は、現況報告もありませんから、まだ育っていないと思います。 私が死亡すれば「天命数霊術」による「色紙額」などの作成は、それで終わりです。(もし、命名・改名で作成希望者あれば、お早めに!)  「福澤諭吉」のように、師匠「緒方洪庵」を乗り越えるような弟子は、なかなか育たないのが心残りです。「島田紳助」は、師匠「島田洋七」を乗り越えましたね。 師匠を乗り越えるのは、”教えられたこと”だけではなく、絶えず独自の”改良・改革”の精神と努力がないので、師匠を乗り越えられないのです。  「熊崎健翁」氏を乗り越える弟子は、80年経過しても1人もいませんね。  それよりも、熱心な皆さんの中から、私の意思を未来に受け継いで頂くことを期待しています。  このように私が不測の”事態”になっても、”災害”と同様に、明日の日を覚悟をしておかねばなりませんからね。この精神も”武士道”の一つです。 コメント 菅直人、天格19!すごいなぁ追い詰められたのに地震で難を逃れた。天格19の力は凄い! 富士山 2011/03/21 11:57 AM 富士山さま  政治家、特に総理は、世襲が多い中で、サラリーマンの家庭からは”三種の神器”がなく、なかなか困難なのですが、やはり天格19の効用かと思います。でもトラブルを招くのは、サインをする時、”草冠”を分けて書いて「菅=12画」に使用し、天格20になるからですよ。でも印刷物などは天格19ですから、両方の運気がある訳です。本当に”地震”が野党の攻撃から延期なったのも、”運?”ですね。 望月岳陽 2011/03/21 12:48 PM
ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中