FC2ブログ

「売れる店」と「売れない店」の違い

四方山話
06 /24 2015
「売れる店」と「売れない店」の違いは?

2011.02.05 Saturday - 02:24 comments(0) -

[第1193回](小吉)・・・2月5日(大吉)

『 商売が上手な店は、必ず”売る立場”より、”買う立場”で経営しています。不調な店は、”売る立場”しか考えない店です。』
 これは、極く常識なことですが、意外に実行されていないのですよ。
 今までに、経営の神様;「松下幸之助」氏の”経営の三原則”(独創性・意外性・大衆性)の実例について、何度も投稿しましたが、案外、これを守っていない店も多いのです。この三原則の判断基準は、”買う立場”(消費者)の観点から考えるのですよ。
★    ★    ★
 最近、近所(住宅街)に「リサイクルショップ」がオープンしました。最近と言っても、もう半年になりますが、評判では”中古品を持ってくる客(買取客)”はいても、”中古品を買う客”は殆どおらず、「あれでは利益どころか、仕入れ資本ばかりが入要で、店舗維持費・人件費など店を維持する支出ばかりで、店の維持は難しいのでは・・・」と、もっぱら評判です。
 そこで、私はその店を訪れて見ました。
 店内に入ると瞬間、「これでは、売れない訳だ!」と理由が判りましたよ。リサイクルショップですから、骨董品・電気器具・家庭用品・衣類・陶磁器・時計・指輪・バッグなど、”なんでもござれ”は良いのですが、殆ど整理が付いておらず、まるで”どこかの整理が悪い蔵”に入ったように”雑多”に置いてあるのです。
 これでは、店のレイアウトは”素人”です。品物のジャンル別に”陳列”していないので、高価なものも安価なものも入り乱れている。この状態では、高価なものでも安物に見えるのですよ。
 それに、”一番大事なこと?”が抜けているのですよ。
 いいですか、このような店の商品は、スーパーなどの商品と異なり、値段がピンから切りまであり、”買う立場の客”は「値段と品質」が勝負なのですが、肝心の”値段”が「小さなシールで貼付しているもの、値段がどこに付いているのか不明なもの、全く値段表示がないもの」など、混合して置いてあるのです。
 これでは、お客は”買うか否か?”の判断ができないのですよ。イチイチお客は、店員に聞くことはしない。
 例えば、世間には「備前焼の茶碗・徳利・茶入・皿」などは、ピンからキリまで、100円均一から人間国宝の500万円くらいの物もあるのです。
 それが、小さなシールで探さないと判らない値段表示・・・!?
 一体、その「備前焼の茶碗」の”作家”は誰のものか?不明なのです。例え、箱書きがあっても、人間国宝・文化勲章受賞者なら判断付きますが、県指定文化財保持者以下となれば、備前焼フアンでも判りにくいのですよ。
 これでは、本気で「”売る気”がない店」に見えます。
 このような店では、高級品は、”1品”ごとに、例えば「人間国宝;”備前焼中興の祖”金重陶陽作 250万円(時価500万円)」と、大きな字体で”プレート表示”すべきなのですよ。それが、100円均一の表示みたいなシールで、値段表示していただけでは、お客は買いませんよ。
 これは、ブランドの時計・バックでも同じこと、大きな表示で「オメガ・ビトン・エルメス・・」と、”値段”及び”市場の相場”もキッチリ表示しないと、お客は偽物のように思い、買いませんよ。
特に中古品の場合、”新品の値段”又は”市場の相場”を参考に併記しないと、お客は「一体、どれだけ安いのか?」を判断できないのです。
 以上のように、店のレイアウト・品物と値段の表示がキッチリできていない店は、”お客の立場”を考えていない店であり、売れないのは当たり前ですよ。
 私は美術工芸品の会社に、7年間の修行をした経験から、店の経営・レイアウト・商品の表示など、”お客の立場”から見た試行錯誤で努力し、近隣府県では業績を上げている店舗経営になっています。
 いいですか、この道理は命名・改名でも同じなのです。”依頼される方”の立場から判断して、「候補名・色紙額」などを作成しないと、風水に言う”理気”が入らないと同様です。
 このことは、色紙に金文字で書き添える「和気吉祥」の”和”と”気”なのですよ・・



占い・鑑定 ブログランキングへ


ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

”親から貰った名前”

根拠のない話
06 /23 2015
『 ”親から貰った名前”そんなに簡単に改名できないよ。』
と、未だに理解がない人がおられますよ。
 現在では、”姓名は1つ”と誤解している方、案外多いのですが、タレント・歌手・芸術家・作家・関取などの”通称名”で運気を出していることに気が付いていないですね。
 仏教では、釈尊の教えにより、修行して得度すれば、信者に”出家名”を与え、僧籍に入れば”僧侶名”として、家庭裁判所はすぐ許可して、戸籍も変更できます。
 また、”通称名”の一つとして、日本のミッションスクールを卒業した人は、殆ど、在学中に洗礼を受け、「クリスチャン・ネーム」を持っていますよ。
 実は、キリスト教が、現世の名より、「クリスチャン・ネーム」を勧めているのは、旧約聖書により”イスラエル民族”の始祖「アブラム」から、神の教示があり、「アブラハム」に改名させられた由来からですよ。
★[アブラハムの物語]
 アブラム(9画)が、”99歳”になったときのことでした。
 神様はアブラムに語りかけました。
 神様;「わたしは”全能の神”である。わたしは、あなたとの間に契約を立てる。」とのことで、アブラムは驚いてひれ伏した。
 神様:「あなたは、アブラムではなく、”アブラハム(11画)”と名乗りなさい。あなたを”多くの国民の父”とするからである。わたしは、あなたをますます繁栄させ、王となる者たちが、あなたから出るであろう。」
とのこと。 
 この教示のとおり、99歳で「アブラハム」と改名して、イスラエルの建国の父となったのです。
 そして、新約聖書には、「キリスト(9画)」が、病気やライ病などで苦しんでいる人には、”新しい名”を授け、手の平で”9”を描き、患部に当てると、見る見るうちに病気やライ病が治癒したと記載があります。(仏教・真言密教では、”9字”を切り悪病退散祈願、神道では”9枚の御幣”でお祓い・・・「9」の神聖数を暗示する。)
 このようなことは、一体、何を意味するのでしょうか?
 親が愛情を持って名付けた姓名を、神やキリスト・釈尊は、意とも簡単に”改名”させているのですよ。
 裏を返せば、「親が愛情を持って名付けても、病気やライ病になることもある。」ということを暗示しているのです。
 親が名付けた姓名がベストのものなら、この世に病人は存在せず、知的障害・身体障害もなく、すべて善人の人格者ばかりですね。それに交通事故死・無差別殺人なども無い、正に「この世は天国」です。
昨日の「宮崎 涼」くんも、ご両親が愛情を持って名付けたのに、可哀想に「ぼくは幸せ」という詩を遺して、僅か12歳で天国に召されているのです。
 「親が名付けたので、改名できない。」という人は、以上の神話や史実、そして世の中の常識がない人のように思います・・・。
神様だって、運気向上のために、”改名”を勧めているのですよ。



占い・鑑定 ブログランキングへ


ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中