FC2ブログ

アイデアに感心

四方山話
08 /31 2014
応募してみませんか?「”運”がつくトイレ名」を募集!

2010.04.14 Wednesday
-
14:01
comments(0)
-


[第939回](大吉)・・・4月14日(小凶)

『なんと、JRの駅トイレ名を募集するとは?
しかも”運(ウン)がつく名”とは!』
と、そのアイデアに感心しましたよ。
JRも、国鉄から民営化になって以来、職員のマナーも良くなり、地域の住民に親しまれる駅にする傾向。
 高知・須崎駅では、市民の協力を得て、このたび「開運トイレ」が完成し、広く”愛称?”を募集しています。締め切りは、4月28日ですから、皆さん”知恵”を絞って、賞金の「ウン万円」を、獲得してください。(応募要領は末尾記載。)
 JR須崎駅のトイレは、〝運のつくトイレ”に改修されたのですよ。その内装は、運勢向上に役立つという石「パワーストーン」のレリーフで内部を装飾。「清潔になって、運勢もアップするとは」と、利用者に喜ばれているそうです。28日には、市民らでつくる実行委員会が「落成イベント」も開く予定。
 旧トイレは水洗化ではなく、老朽化も進んでいたので、整備が長年の課題でした。ところが昨年、国の交付金1500万円を活用し、市が改修を決断。市民も「地域活性化」と活動を始め、市内の宝石店などの協力を得てパワーストーンのレリーフで装飾することになったとのこと。
 新しいトイレは35平方mで、男性用、女性用、身体障害者らが利用する多目的用の3室を確保し水洗化になった。
 レリーフは、須崎工業高ユニバーサルデザイン科の生徒が、「合格」の文字や金運向上を願うキャラクターなどをデザイン。3室にA4サイズとA3サイズの計7枚を飾ったとのこと。
 このような”開運トイレ”であれば、市民の皆さんはもちろん、全国から”開運トイレ”の「用足し観光」で、”行列ができるトイレ”になるかも・・?
 落成イベントは、28日午前10時に”トイレットペーパー”でテープカット!駅前の約50mを歩行者天国にし、飲食店やパワーストーン販売▽「めでタイ汁」や「開運もち」の無料配布▽占い師運勢鑑定コーナー―などを行うそうです。


ご参考に、
私の地元;「市立老人福祉センター」のトイレ名は、『香和屋(かわや)』(昔は、トイレを”かわや”と称していた。)と言い、そのセンスに感心しましたよ。皆さんも、このような”センス”、或は”ユーモア”がある命名を考えるのも、知徳を高めることになります。
 トイレばかりではなく、業種によっては会社名、レストラン・喫茶店の名など、ユニークなネーミングであれば、それだけでもTV取材で、宣伝費ゼロのうえ、口コミで広がります。皆さん、”運がつくトイレ”のアイデア一つで、「JR須崎駅」が全国に発信され、地域活性化になるのですよ。




占い・鑑定 ブログランキングへ




ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

肝臓ガンを克服した4歳

0・2タイプ
08 /30 2014
肝臓ガンを克服した4歳の「川口祐典」くんの奇跡。

2010.04.13 Tuesday
-
10:43
comments(2)
-


[第938回](中吉)・・・4月13日(小吉)

『乳幼児からの難病・奇病、でも”母親の運気”が子を救うことがある。』
と思いましたよ。
 これは、投稿済みの「阪神淡路大震災で助かった産後1時間の母子」も同様な事例です。(参照;[第847回]10.1.5)
 肝臓がんの一種;「肝芽腫」という難病は、100万人に1人の発症率だそうです。この病気になったのは、兵庫・相生市の小5年「川口祐典」君(10)が、4歳の時に罹病し、「余命1年もない」と診断されていたのです。
 ところが、母親の「川口吉代」さん(当時;29)から、祐典君に肝臓の移植をしたが、医師からは「肝臓移植後、再発したら生存率はゼロ」と宣告されていたそうです。しかし、翌年、左肺にがん細胞が発生。でも、わずか4歳の祐典君は、大量の抗がん剤投与に伴う激しい倦怠感や痛みにくじけず、生存率ゼロから、奇跡的に4カ月後に回復し退院したのこと。
 現在では、地元のサッカークラブや太鼓サークルで活躍。病院には年に1度検査入院するだけで、医師は「正に、奇跡的な回復だ。」と驚いているそうです。そして、このたび「ユニセフカップ2010芦屋国際ファンラン」(ファミリー・マラソン3km)に出場するとのこと。祐典君は小児がんと闘う子らへのメッセージとして、「僕も病気を治した。いつか一緒に走ろう」と元気に言っているそうです。
 さて、皆さん、わずか4歳の肝臓ガンが転移したが、奇跡的に回復した”運気”は、次のとおり、2人の姓名を比較してみると、分かりますでしょう。
子「川口祐典」天格12・地格11・総格23
母「川口吉代」天格 9・地格 8・総格17
どうですか、祐典くんはトラブルを呼ぶ”天格12”ですが、”12”の中に「祐=9」が含まれ、「典」という”安定感”がある字体を下に使用していますね。
この「典」を下に使用した名将「乃木希典」と同様、運気が良い字体です。さらに、母親の天格9の運気を、子に与えることが出来るという相互関係から、奇跡的な回復ができたのだと思います。
 これを、冒頭の「阪神淡路大地震」の時、奇跡的に生存できた母子の姓名を参考に、比較して見てください。
子「江口愛恵美」天格19・地格13・補格9・総格41
母「江口 千尋」天格 9・地格15・総格24
この事例の場合、子自身の運気も良いので、負傷もしないで、しかも母親の運気も受け、奇跡的に生存できた事例です。
 このように、特に”乳幼児の運気”は”母親の運気”にも左右されることがありますので、母子とも、ベストの姓名を持つことが大事ですよ。
言うまでもないことですが、「9」系列の数、”人の命”さえ救う”最大吉数”ということ、実証できますでしょう。



コメント
う~~~ん
興味深く読ませていただきました。
運気ですか~~
そういうのがあるんですね。
参考になりました。

あや
2010/04/15 4:55 PM


あや様
 このブログ全体が、「運」の実証例を書いているのですよ。健康運・知徳運・性格・家庭運・仕事運・金運など、全て「運」なのですよ。遺伝は容姿・容貌の形だけであり、後は親子・兄弟全て異なる「運」です。神仏は人を全て”不公平・不平等”に創造していますので、自分が「運」を切り開かないといけませんよ。

望月岳陽
2010/04/15 9:48 PM



占い・鑑定 ブログランキングへ





ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中