FC2ブログ

「ひらかな・カタカナ」でも、画数が良ければ”幸運”

天命数霊術
05 /30 2014
「ひらかな・カタカナ」でも、画数が良ければ”幸運”!

2010.01.28 Thursday
-
21:22
comments(0)
-


[第867回](小吉)・・・1月28日(中吉)

★昨晩から今日夕刻まで、ウエブサイト業者の不具合から、HPとブログが読めない状態が、続いていましたが、復帰しました。皆さんには、ご迷惑をかけました。★
        ☆     ☆     ☆
『流石に、素晴らしい発想力だ!』
と、1昨晩のNHK「ソングライターズ」番組のゲスト「さだ まさし」さんには、感動しましたね。都内の大学生200人くらいの集会で、即興で”作詞”のノウハウを、学生に教えていました。
 「さだ まさし」(57歳;本名・佐田雅志)と言えば、皆さんの方が良くご存じでしょう。
 彼は2人組のフオークソングで「グレープ」という名で、19歳の時にレビューして、「精霊流し」でヒット、当時の日本レコード大賞(作詞部門)を受賞。その後、「関白宣言」などでもヒットし、コンサートは日本最多の3500回の記録を昨年達成した作詞家です。いや、単なる作詞家のみではなく、”バイオリン””ギター”も得意な”歌う作詞家”ですよ。
 でも、生家・出身は、私と同県の島根・浜田市(旧三隅町)で、先祖からの大地主でしたが、父親の代で凋落、長崎市に移住して、大変な生活困窮の中で育ったとのことです。ところが、「さだ まさし」と芸名を”ひらかな”でレビューしてからの運気は、見違えるように好転。
 通常は、「ひらかな・カタカナ」の名は、”画数”が曖昧で”語源”からの運気がなく、一般の人は避けた方が良いのです。
 しかし作詞家・漫画家のような”柔らかさ・優しさ”を出す職業であって、本名の画数が弱運の人には、逆に好転する場合があります。

 もし、本名の「佐田雅志」天格20・地格12・総格32でしたら、現在のような有名なソングライターではなく、平凡な生涯であったと思います。

 しかし、次のように”ひらかな”の芸名になり、”地格9”が、偶然に運気を好転したと解釈できます。

「さだ まさし」天格7・地格9・補格1・総格17

どうですか、地格9系列は、芸術芸能家・作詞作曲家など”思考力・創造力”が必要な職業と、何度も投稿していますね。
 童謡「小さい秋」歌謡「長崎の鐘」などで有名な作詞家「サトー 八チロー」は、”9”系列はないのですが、”5”系列が、実に”3ヵ所”ありますね。
「サトー 八チロー」天格5・地格5・補格A/4・補格B/1・総格15
  このタイプは、珍しいのですよ。なぜなら、"5"系列”3ヵ所”は、「先天八卦図(龍馬の図)」の中心("5"が3つの星)であり、”馬が龍に変化”する時のパワーであり、一般が”亀が神に変化”するパワーの「後天八卦図(神亀の図)」とは、異なったパワーなのです。

 「イチロー」が、カタカナで運気を出していると同じように、漢字の本名が弱運の場合に限り、職業によっては、強いパワーに恵まれることを、記憶していて下さい。



占い・鑑定 ブログランキングへ





ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

童謡・学歌の作詞家「北原白秋」

歴史人物鑑定
05 /29 2014
童謡・学歌の作詞家「北原白秋」の生誕125年祭。

2010.01.26 Tuesday
-
21:54
comments(2)
-


[第866回](小吉)・・・1月26日(小吉)

「”からたちの花”・”この道”・”砂山”・”待ちぼうけ”・”城ヶ島の雨”などの唱歌、小中学生の音楽の教科書には、必ず採用されていましたが、最近の教科書は、どうなんでしょうか?」
 昔の教科書には、作詞家「北原白秋」の唱歌・童謡が多かったのですよ。
 それに、全国の大学・高校の学歌・応援歌と言えば、彼の作詞が多い。
 さて、昨日25日が「北原白秋」の生誕125年の誕生日(1885.1.25)だったのですよ。彼の出身地の福岡・柳川市では、生誕を祝う行事が行われたそうです。投稿済の「正岡子規」や「石川啄木」など、それに先日投稿済の演歌の作詞家「佐藤惣之助」のように、明治~昭和終戦までの詩人や歌人は、教科書にも採用され、歴史に残る貢献をした人は多いですね。
 この「北原白秋」の”白秋”の雅号(本名;隆吉)は、16歳から享年57歳まで、一貫して使用され、本名ではなく、「正岡子規」と同様、”雅号”で有名になり、歴史に残ることを、皆さん、再認識して下さいよ。
 殆どの芸術芸能家・作家・歌人・詩人などは、親が名付けた”本名”ではなく、”雅号・ペンネーム”で、歴史に残るのですよ。
 今だに「”改名”などして、運気が上がる訳がない!」と、理解がないご主人やご両親が多いですね。要するに、現在の日本人、余りにも歴史の知識がない人が多く、現在のタレント・歌手などでも、”芸名”で運気を出しており、親が名付けた”本名”ではない、ことに”気付かない”人、実に多いですね。
 この「北原白秋」は、本名「隆吉」では、天格16・地格16・総格32となり、一生”平凡な人生”で、歴史に残る人にはならなかったと思います。
 ところが、”白秋”としたため、”思考力・創造力”がある「地格19」となり、教科書にも掲載される人になったのですよ。
「北原白秋」天格10・地格19・総格29
(「正岡子規」天格8・地格19・総格27)
このように、歴史に名を残す貢献した人は、”地格9・5”系列か、又は”天格9・5"系列が原則であると言うことを、もうクドイくらいに言っていますね。「”9”こそ、最大吉数!」ですよ。

コメント
「待ちぼうけ」懐かしいです。小学生の時に歌いました。今でも歌詞覚えてました。天格10の人は地格に19があるとこだわる性格が一芸となるのが北原白秋からも良くわかりました。「秋」も9画ですね。 「白秋」のような音感。 数日前のブログの「乃木希典」や「佐藤惣之助」のような音感は優しい感じがします。でも「~すけ」のような抜ける感じは音感だけの判断ならダメな方でしょうか?

ひろみ
2010/01/27 5:03 PM


ひろみ様
 昨夜は、ブログの管理者ページが、”不具合”で操作ができず、失礼しました。現在の若い人でも「北原白秋」の童謡で育ってきたことにホッとしました。「すけ」が息が抜けるか否か?は、前後の文字の音感で判断して下さい。例えば「よしすけ」の名ですと”息が抜け”ますね。

望月 岳陽
2010/01/28 8:23 AM



占い・鑑定 ブログランキングへ




ブログランキング参加中です。応援宜しくお願いします。
にほんブログ村 その他趣味ブログ 運気・運勢へ
にほんブログ村

占い・鑑定(その他・全般)ランキング

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。
大阪府池田市にて面談鑑定実施中