スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”名づけ”の「重心と安定性」の検討

名付けについて
12 /03 2014
”名づけ”の「重心と安定性」の検討も必要。

2010.07.21 Wednesday
-
23:05
comments(4)
-


[第1021回](大吉)・・・7月21日(大吉)

『 このたび、男児出産の予定です。いろいろ考えて、”はると”で「◇◇」と「△△」のどちらが良いですか?』
という個別具体的な相談が、時々PCメールに送信して来られる方が居られます。
 私のブログは、現在までの1000回分を読まれると、ご自分でもどちらが良いか、判別が付くようになっています。日本中の姓名判断師のHPを読んでも、名付けのノウハウは、どこにも書いておらず、私のように”秘伝”としているものでも、90%は公開しているのですよ。
 一般的なご相談やご質問ならば、熊崎式本部「五聖閣」と異なり、学説に関してでも、どんなことでも送信してください。
 でも、個別具体的な名付けの相談は、軽はずみに「こちらが良いですよ。」とは言えないのです。なぜなら、「苗字」との関係から「天命数霊術」の5大条件を充足しているか、否か、を検討せねば、軽はずみに言って、そのお子さんが、もし病弱とか事件事故に遭遇したら、お子さんが可哀想ですし、私の信用も落とすことになります。
 そのうえ、検討に相当時間を要しますし、正式に命名依頼した方と不公平にもなります。
 ですから、個別具体的なご相談ではなく、正式に依頼されれば、誠心誠意に時間をとって、ベストの候補名を提示させて頂きます。
 さて、ただ一つ、男児の名は、下に重心が来る形が良いと、先日のブログでも言いましたね。一つの参考として言いますが、重心だけではなく、一番下に来る字体には、”安定感”も必要な点も、忘れずに記憶していてください。
 例えば、「源 義経」と「源 義明」とどちらが”安定感”があると思いますか? 「経」と「明」を比較して、そのイメージを描くのです。「経」は安定感があるので、「源 義経」は形が良い名です。でも「源 義明」は安定性に欠けます。また、「憲」を使用する場合なら、「憲明」ではなく「明憲」のように、安定感があり左右別れしない「憲」を下に使用した方が遥かに良いのです。「明」は上に使用する字体ですよ。
 ただし、左右別れする字体でも、安定感がある「誠」「徹」「俊」「隆」「昭」などが例外として下に使用しても良い字体があります。なお、「◇太郎」「◇一郎」の場合、すでに重心が下に来ていますから、「憲太郎」「憲一郎」と上に使用しても良いのですよ。
 なお、苗字の画数との関係もあり、例えば「藤原」と「安藤」のように、「藤」が、1字目なのか、2字目なのか、によって、名の1字目の画数の用い方が変わります。いいですか、「藤原憲太郎」は形がよく安定感がありますが、「安藤憲太郎」では、「藤」と「憲」の画数が多い”中ぶくれ”の形になりますので、お勧めできません。「安藤」「佐藤」のような苗字のときは、名の1字目は必ず、画数が少ない字体の方が安定感をもち、運気が良いのです。まだ、「藤」と「憲」より画数が少ない「宗」や「俊」の方がよく、「安藤宗太郎」「安藤俊太郎」の方がベターな形となります。
ただし、これにも例外があり、画数が優先されますので、天格「9」系列を出す場合は、”中ぶくれ”になっても、止むを得ない場合があります。  例えば、苗字の1字目が3画の場合は、天格19にするため、名の1字目が16画を使用する場合があります。その場合は、”必然性”の場合ですから、形から来る欠点は消去されます。
(例示であって、天格などの画数は、ここでは考慮せず記載しています。)
このように形=安定性などを考えますと、現在流行の「◇斗」「◇叶」「◇平」などは、安定性がなく神経質な性格となり、偶数が多いと”心療内科”にお世話になる可能性が高いのです。
 以上のような名付けのノウハウも、1つの秘伝として、経験を積んで行くことも必要ですよ。
 ですから、冒頭のように、個別具体的なご相談でも、検討することが沢山ありますので、軽はずみに「こちらが良いですよ。」とは言えないのです。




コメント
田中耕一、耕す漢字は田が相性がいい。田はのぎへんが相性がいい。


2010/07/22 9:05 PM


望さま
 今日のブログとどんな関係にあるのか、良くわかりませんが、それは、語意の相性だと思います。それはすでに投稿済です。ノーベル受賞者「田中耕一」氏、戦後の首相「吉田 茂」、推理作家「松本清張」氏の事例を挙げて、説明済です。

望月岳陽
2010/07/22 10:59 PM


いつもご苦労様です。非常に勉強になる内容をいつもありがとうございます。 姓名全体のバランスや安定感など、難しいですが高めていきたいセンスですね。少し分かるようなってきたので楽しいです。言葉が適切でないかもしれないですが、天命数霊術での良い姓名は、素晴らしい作品のように美しいですね。

祖母の桜餅
2010/07/23 1:02 PM


祖母の桜餅さま
 いつもご理解あるコメント有難うございます。千回を超え、時々”高度なセンス”を高める話題も盛り込めたいと思います。でも龍脈(形)へのセンスの基本は、投稿済の「流水環抱」「天円地方」であり、「ピラミット」「前方後円墳」「五重塔」「亀甲墓」「五輪塔」などの”形”から来る姓名のセンスを高めれば、”気”の吉凶を判別する力が付いてくると思います。「表意文字」の日本人姓名は、単に画数だけの説では、個別の運気を精査できないのです。

望月岳陽
2010/07/23 6:08 PM



占い・鑑定 ブログランキングへ



gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。