スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「集中豪雨・土砂災害」

四方山話
12 /02 2014
「集中豪雨・土砂災害」を多角的に問題点を思考。

2010.07.20 Tuesday
-
01:34
comments(10)
-


[第1020回](大凶)・・・7月20日(大凶)

『 今年の集中豪雨、全国的に大変な被害で、被災者には大変お気の毒に思います。皆さんのお宅の被害はいかがでしたか?』
 毎年のように、梅雨明け前の”集中豪雨”、数年前から”ゲリラ豪雨”という流行語まで出る始末。
 土砂災害や河川氾濫で、人命の犠牲のほか、家屋への土石・濁流の被害は大変な状態でしたね。この土石の後始末や山林の砂防工事・河川堤防の復旧など、これからが大変ですね。
 皆さん、このような「集中豪雨による土砂災害・河川の濁流被害への家屋の流出や浸水・倒壊などの被害」をTVなどで見て、一体、何を感じ、何を思考しましたか?
 世の中の一面のみを思考するのではなく、これをあらゆる分野から問題点を考える習慣を身に付けることです。
 その思考訓練が、やがて”物の見方・価値観・センス”などが養われて、「運気向上への助言」や「理気パワーが入る改名」などができるようになるのですよ。
 さあ、皆さんは、この「集中豪雨・土砂・浸水被害」などを考えたとき、果たして、いくつの問題点が考えられましたか?
 物事の一面だけではなく、多角的に思考することです。
 少し、横道に逸れますが、私が役所の新任研修を受けた遥か昔のこと、研修指導官は、レンガ1つ机の上に置いて、「さあ、皆さん、このレンガの用途を考えるだけ、言って見てください。」という設問を、私たち新規採用の者に設問を投げかけたことを、いつも思い出すのです。
 1つのレンガからも、タテ・ヨコ・高さを変えることにより、その用途はいくつも思考できるのです。
 この見方が、私が殆ど毎日、ブログの題材ができる原点になっています。
 ですから、71歳になっても「ボケ爺さん」にならずに済んでいる訳ですよ。
 私のブログは、事件事故の話題でも、一面的な見方をしていないはずで、興味本位のニュース解説とは異なることに、もう気付かれていると思います。
 さて、前記の「集中豪雨・土砂・浸水被害」からの問題点は、
①地球温暖化影響か? ②なぜ、局地的な集中豪雨となるのか? ③政府・自治体の対策と防災工事の現状はどうか? ④この復旧工事の費用は「激甚災害」の指定ができるのか? ⑤個人的な家屋などの被害補償と復旧はどうなるのか? ⑥復旧までの被災者の住居・生活はどうなるのか? ⑦人命・家屋の被害、紙一重の”運気”の違いはどうか? ⑧年頭の神仏祈願は、災害防止には効果がないのか? ⑨風水の「家相より地相が大事!」という理念が実証できるか?
など、少し思考しただけでも「問題点」は9つ考えられましたね。
 被害状況をTVで見て、「わあ、気の毒だなあ~」と終わっていただけでは、世の中、何の進歩もないのですよ。
 一つの事件事故・災害などでも、国民の皆さんが、あらゆゆ問題点を考えて、専門家に任せるだけではなく、政治・行政に参画する信念を持たねば、日本も世界も発展しませんよ。



コメント
いつもご苦労様です。天命数霊術のブログを見るようになってから、物事を多角的に思考するクセがだいぶ付いてきたと思います。ありがとうございます。 先生の新任研修の時の指導官はイイ方ですね。自らの学生時代を思い返しても、そういった教え方をする人は記憶にありません(覚えていないだけかもしれませんが)。そこも運気の違いがありそうですね。

祖母の桜餅
2010/07/20 11:53 AM


祖母の桜餅さま
 物事を多角的や相手の立場に立って思考する習慣は、特に国と国民との間で、中立公平な思考が要求される「行政改革」や「行政相談」を担当する役所でしたから、他の役所より必要とされたのです。でも、国民の誰しも必要とされることですよ。

望月岳陽
2010/07/20 8:58 PM


私の故郷の広島は被害が大きく心が痛みます。
水難事故も多発しておりますが、犠牲者のお子さんが語源の悪い漢字を使用されているかたが多く、驚きます。

奈々
2010/07/20 9:08 PM


奈々さま
 この度の土砂災害は、広島・庄原市は大変な被害ですね。私の従姉も庄原に嫁いでいますし、何度か訪れていますが、普段は落ち着いた小都市です。しかし、本当に災難は、地球の温暖化で全国のどこに災難があるかも予測できませんね。災難に遭遇しやすい姓名の人は、TVニュースでも確認できましたでしょう。

望月岳陽
2010/07/20 9:34 PM


先生も庄原にいらしたことがあるのですね。従姉さんはご無事でしょうか。おっしゃる通り普段は平和な市なのです。(豪雪地帯ではありますが)ですので今回このようなことになり驚きです。確かに温暖化の進む今は人事とは思えませんね。明日は我が身ですね。先生のおっしゃる通りついついニュースで名前を確認してしまいまうのが癖になりました。良い勉強になります。

奈々
2010/07/20 11:19 PM


日々天命数霊術で思考してます・・・正直 自然災害って自分の力ではどうしようもないですよ限界があります。交通事故と同じです。自分が法律を守っていても相手次第で事故に巻き込まれてしまいますしね。追伸 免許更新で事故車両の写真を見せられたのですが案の定ナンバー12でした。やxはりすごいですね・・・

koma
2010/07/21 12:45 AM


kamaさま
 そうですよ。自然災害でも交通事故でも病気でも、遭遇するのは、全て運気の良否で決まるのですよ。私は他に自慢はないのですが、71年間、病気をしたことがなく、免許取得以来、43年間、対人対物事故はゼロなのですよ。これも運だと思っています。下1桁「2」系列のナンバーは、事故率が高く、福岡市内の飲酒運転で追突され、川に落ち、3人のお子さんが水死した車は、下2桁「22」でしたね。「天格と車・携帯・マンションの部屋番など、「2」系列は避けるべきですよ。

望月岳陽
2010/07/21 10:09 PM


先生、教えて下さい。この度引っ越しをしようと思うのですが、住所に番地ではなく、漢字の『二』が入っていても避けるべきでしょうか。例えば、『〇〇市ニ川』等…。どうしても気になるのでよろしくお願いします。

奈々
2010/07/21 11:56 PM


奈々さま
 それは番地ではなく、地名でしょう。地名に「二」があっても運気に何の関係もありません。運気というのが、1人ずつ皆異なるのです。地名はその地域に住んでいる人は沢山いますでしょう。番地で良くないのは、一番最後の数です。例えば「2丁目2番9号」であれば、最後の「9」のみが個人的な運気となり、2丁目2番でも関係はありませんよ。

望月岳陽
2010/07/22 1:42 AM


なるほど。そうなのですね。そもそも引っ越しを考えている理由は上階の202号室の騒音に悩まされているからなのです。もちろん自分も最後が2であり、2の恐さを思い知らされたため、2にはかなり敏感になっています。ありがとうございました。安心しました。

奈々
2010/07/22 7:58 PM



占い・鑑定 ブログランキングへ



gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。