スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恨みを買い殺害される

0・2タイプ
10 /22 2014
「前野義広」弁護士、恨みを買い殺害される。

2010.06.03 Thursday
-
15:10
comments(0)
-


[第981回](大吉)・・・6月3日(小吉)

『弁護士というのは、過剰のため収入不安定のうえ、相手方から”恨み”を買う職業です。』
と、私はこのブログで投稿済みですね。
 最近では、昔にはなかったTVやラジオで、盛んに法律事務所の宣伝しています。昔は、「法律事務所が宣伝するなんて、”恥さらしだ!”」というのが弁護士間の常識だったのです。ところが、現在では弁護士過剰のため、若い弁護士は就職難であり、法律事務所の経営が苦しいところが多いそうです。
 そのためもあり、僅かな報酬を騙し取った詐欺容疑の弁護士もいましたね。
 さて、そのうえ、弁護士という職業は、相手方から”恨み”を買い、敗訴すれば依頼者からもトラブルがあるなどで、”嫌がらせ”や”殺傷事件”も後を絶ちません。
 かって、横浜の坂本弁護士一家が、オーム真理教信者から殺害された事件も記憶にありますね。
 昨日、2日の白昼、横浜市中区の法律事務所で、弁護士の「前野義広」氏(42)が殺害された事件が発生。同氏は、消費者問題や離婚調停などの家事事件に興味を持ち、消費者問題対策委員会に所属。司法修習生時代の同期生は「まじめでおとなしい人だった」とショックを受けているとのこと。
 横浜弁護士会では、嫌がらせに対し警告書を送付するなどして解決に努めているとしているが、東京都内で証券会社の顧問弁護士だった岡村勲弁護士の妻が殺害されるなど、全国的には凶悪犯罪に発展するケースも少なくないそうです。同弁護士会の弁護士は「家庭内暴力をめぐる案件で、加害男性が『殺してやる』と事務所に怒鳴り込んできたこともある。」とのことです。
 医師の医療ミスでも、患者側とのトラブルや訴訟も絶えませんが、弁護士というのは、依頼者からも、相手側の双方から”恨まれる”ことがあるのですよ。
 学生時代、寸暇を惜しんで勉強し、浪人してでも司法試験に合格し、2年間の司法修習を終えないと、弁護士登録ができないのです。
 これほど努力した結果、依頼者との”トラブル”、相手方からの”恨み”を買い、しかも収入が不安定な職業です。
 このたびの前野弁護士のように、”殺害”されるとは、全く”報われない生涯”でしたね。まだ42歳と言えば、お子さんも教育費がいる年代、ご一家のご不幸を考えますと、大変残念な気持ちになります。
 このように「弁護士法」の理念、”社会正義に徹する弁護士という職業”に対して、神仏は果たして”神光”を与えているのでしょうか?
 それより、「天命数霊術」という観点から判断して見てください。
「前野義広」天格22・地格16・総格38
全て”偶数”のうえ、"天格22"とは、大変お気の毒ですが、神仏の加護も受けることができず、”事件事故”遭遇するという運勢にあったのです。
 不思議でしょう。「2」系列の”凶気”は、神仏の加護も受付ない現象が起きるのですよ。
ですから、「努力」も必要ですが、「運気」はそれ以上に大事なことなのです。



ブログ作成の励みになります

占い・鑑定 ブログランキングへ
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪

風水インテリア・雑貨 集めてみました♪

風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪




gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。