”肉食系”ほど”老化防止”と”免疫力”が高い

四方山話
09 /22 2014
驚き、”肉食系”ほど”老化防止”と”免疫力”が高い!

2010.04.29 Thursday
-
11:59
comments(14)
-


[第951回](大吉)・・・4月29日(大吉)

『 なぜ?現在の日本人、世界一の長寿国であり、青少年の体格も良くなったのか?』
と考えたことがありますか?それに、「戦後の日本人には、伝染病・結核・肺炎・小児マヒなどの病気が多くあったのが、なぜ、現在では殆ど無くなったのか?」も、考えたことがありますか?
 昨日のNHK番組『ためしてガッテン』を見ましたか?
 実は、この番組を見て、従来からの私の考えと一致していたのです。
 この逆の説について、投稿済[第928回10.3.31]の世界的に有名な「新谷弘実」博士の説(草食系)には、私が”疑問?”と言いましたね。
 『 肉食系の高齢者ほど、元気なのです!』
 昨日の番組では、「新谷博士」とは全く逆の『老化防止と免疫力を高めるには、”肉食系”ほど良く、健康で長寿になる。』という「熊谷 修」教授の説が紹介されていました。(熊谷教授;人間総合科学大学人間科学部教授。東京老人総合研究所プロジェクト研究客員研究員。)
 なぜ?全く、反対な説が生まれたのでしょうか?
 それは、「新谷博士」は、主に”病人ばかり”の内視鏡検査から判断。
 それに対して「熊谷教授」は、主に”健康な高齢者”からの分析。
 この違いがあるのです。
 私は、熊谷説が正しいと思います。正に”逆説”も真なり。ちょうど日本中が「”9”は大凶!」という中で、全く逆の「”9”こそ最大吉数!」と言う相反する理論と、酷似しています。
     ☆     ☆     ☆
熊谷説の概要は、次のとおりです。
「コレステロールを取り過ぎると『動脈硬化』を起こす」といった話を雑誌やテレビでよく目にしますね。
 たしかに、コレステロールが血管に溜まると、動脈硬化を引き起こすことになりますが、では、その危険性のある人が、いま日本にどれだけいるか?と思いますか。
 マスコミの報道を見ていると、「誰にもその危険がある」「だれもが予備軍」といった印象が強く、危機感をあおられます。
 しかし、動脈硬化や、動脈硬化が主因で起こる心臓病(心筋梗塞など)の危険性をいうなら、コレステロールだけでなく高血圧や血糖値の影響も見逃してはならないはずです。コレステロール値が高いというだけで、心臓病の危険性が高まるとはいえません。
 もし、あなたが日本人の500人に1人の割合で存在する「家族性高コレステロール血症」という、遺伝的にコレステロール値の極めて高い病気ならば、当然治療が必要となります。つまり、自分自身が持ち合せているリスクの程度を冷静に見極めなくてはなりません。
 いま、日本は世界一の長寿国です。
 しかし、50年前の日本人の平均寿命は、男女とも60歳にも届きませんでした。日本が世界有数の長寿国として、スウェーデンやアイスランドと肩を並べるようになったのは、1980年代後半に入ってからです。
 では、いったい日本人を長寿に導いたのは、何だったんでしょうか?
 その答えは、毎年、国が調査している「主要疾患の死亡率」や「国民栄養調査成績」を、年を追って見てみるとよくわかります。
 1950年代、日本人の死因の一位は結核に代わって、脳卒中(脳出血・脳梗塞)が躍り出ました。脳卒中による死亡率は1965年頃まで上昇を続けています。
 この間、日本人の食生活は欧米のスタイルを少しずつとり入れ、変化し始めました。それまでは「米類、野菜類、魚介類」が中心の食事でしたので、日本人の体格は貧弱でしたが、1960年代から「肉類と卵・牛乳・乳製品、そして油脂類」の摂取量が大幅に伸びて、青少年の体格も伸びて来ました。
 こうした食生活の変化のあとを追いかけるようにして、1965年頃をピークに、脳卒中の死亡率は急速に減少していきます。そして、日本人の寿命年齢はみるみる延びていきました。
 では、肉類や卵・牛乳・乳製品の摂取が増えたことと、脳卒中の減少にはどのような関係があるのでしょうか。
 肉類や卵・牛乳・乳製品には、コレステロールが含まれています。こうした食品を沢山食べることで、コレステロールの不足が解消されていくことになります。
 「コレステロールには、血管を丈夫にする働きがある」ため、弾力のある、破れにくい血管が造られるようになり、多くの日本人の脳卒中が予防できるようになりました。
 死亡率の高かった脳卒中の発症を減らして、「日本人を世界一の長寿にしたのは、コレステロールのおかげ」といっても過言ではありません。
 そのコレステロールが、なぜ、いまこんなに嫌われるようになってしまったのでしょうか。
 現在、「コレステロールが動脈硬化の原因になる」ということが強調されすぎるあまり、本来の大切な働きが過小評価されてしまっているのが現実です。コレステロールは、細胞を包んでいる細胞膜や、体の調節機能を担うホルモンを造る原料です。私たちの体に、なくてはならない成分であり、これが不足すると、生命にもかかわる深刻な事態にも陥りかねないのです。
 にもかかわらず、健康への関心が高い人ほど、体のなかにコレステロールを増やさないように、一生懸命になっています。そして、コレステロール値は低いほど良いといった考え方が、医学の常識?となっています。
      ☆     ☆     ☆
 しかし、この常識こそ”誤解”であること、熊谷教授は証明しています。
  さて、福井市住民の健診受診者約2万6千人(60歳以上)を対象に、受診してから5年間の追跡調査を行った結果では、男性では「コレステロール値が”低い人”ほど、死亡率が”高く”なる。」ことが判明したのです。
 また、大阪府八尾市の約1万人を9年間、追跡調査した研究(1994年発表)では、総コレステロール値が160(mg/dl)未満の男性は、220以上の人に比べて、「ガンによる死亡率が1.5倍であった」ことが報告されています。
 このほか、コレステロール値と死亡率の関係を調べた研究はいくつかありますが、多くの調査結果では、「コレステロール値は高すぎても、低すぎてもよくない」ということが明らかにされています。
 また、詳細に目をやると、「高すぎる危険よりも低すぎる危険のほうが大きい」ということも判明しています。
 それなのに、「低すぎることの危険」がメディアを通じて報じられることはほとんどありません。「健康のため」とコレステロール値を下げる努力をしている人は考え直す必要があります。
「健康で長生きするためには、コレステロールをある程度高い値に保つほうがよい」のです。なかでも高齢期の人は、積極的にコレステロールをとる必要があります。
 近年の疫学調査や最新の栄養学から明らかになった科学情報にもとづいて、コレステロールの値や軽い程度の肥満など気にせず、もっとおおらかな気持ちで、健康長寿を実現しようではありませんか!
     ☆     ☆      ☆
 また、一方、「肉・卵・牛乳など」は、”たんぱく質”が多く含まれていますが、この”たんぱく質”に含まれる「アルブミン」は、”細胞”を活性化し、細胞分裂を促進する作用があります。そのため筋肉や皮膚を造り、”若返り”ますし、カルシュームとの相乗作用から、骨も強固になりますので、高齢者の骨折を防ぐとともに、中年女性でも多い「骨粗相症」を防ぎます。
 さらに、「アルブミン」の機能は、細胞の”免疫力”を高めますので、”風邪・流感”に罹りにくくなりますし、引いては”ガン細胞に対する抗体”ができるので、ガンなど悪性腫瘍”にも、抵抗力があります。
     ☆     ☆      ☆
 以上から、総合して判断しますと、
私のような”肉食系”では、70年間1度も入院したことがなく、風邪でさえ、何十年も記憶がないほど健康であり、保険証も歯科以外、30年以上も使用したことがない原因が分かりましたよ。(もっとも、免疫力が最高の「チャーガ茶(白樺のきのこ)」を、常用している効果もあでしょうが・・・)
 ですから、血液検査でも20年くらい”若い”と言われています。
 これも、皮肉にも「野菜嫌いの”肉食系”」だからでしょうね。
 結論として『世の中の”常識や通説”が、必ずしも正しいとは限らない。』というのが、今日のブログの趣旨でしたよ。  



コメント
おっしゃる通りだと思いました。兄は血液中のコレステロールが高いからと、控えめ食事制限していましたが、癌を発病し他界しました。健康を気にし過ぎ、食べる事を我慢し、結果 食べる事が出来なくなり、最後は手遅れ状態で…本当に 先生の おっしゃるとおりですね

まつえ
2010/04/29 5:02 PM


まつえ様
 「コルステロール」がどの程度高かったのか分かりませんが、基準値より少し高めの方が、健康体で免疫力もあるので、ガンにならずに済んだかも・・?同じ一生なら”好きな物”を食べて,悔いを残さない人生の方が良いではありませんか。医者の常識を鵜呑みしても、正しいことばかりではありません。そのためには、医学・薬学の基礎知識も必要であり、自己防衛が必要です。お兄さんは本当にお気の毒でしたね。ガン予防には、「肉食やチャーガ茶」でかなりの免疫力が付き、風邪一つ引きませんよ。

望月岳陽
2010/04/29 11:51 PM


 人生は‘運‘が全てです。努力が大事なんて嘘です。

五十嵐理愛子
2010/04/30 12:30 AM


煙草も体に悪い悪いと言うとりますが、やはり悪いですよね。値上げするぐらいだもんね。

ミニ
2010/04/30 2:33 AM


五十嵐理愛子さま
 そうですよ。人生すべて「運」です。その中で、「運の良い人」は、努力しなくても、「運」は向こうからやってきます。「運」の悪い人は、一生努力しても”苦労症”で終わります。そのために「運」が良いように「改名」するのも、一つの手段です。

望月岳陽
2010/04/30 8:46 AM


ミニ様
 タバコは、タールの含有量と体質との関係で、有害の程度が違います。ニコチンはウイルスを死滅させる免疫力を付けますから、むしろ人体に有益です。個人差がありますので、例えば1日5箱喫煙しても「市川崑」映画監督は92歳までの長寿でした。
「値上げ」するから”有害”と考えてはいけません。値上げは国の財収のためにするものです。「値上げ」=有害ではないのです。「酒」だって、個人差で有害になります。

望月岳陽
2010/04/30 8:59 AM


はい 望月先生の、おっしゃるとおりです。こんな事になるならば、好きなだけ 食べさせてあげれば、良かったのにと、兄に対して遺族の私も深い後悔や謝罪の念を 今も まだ引きずっております。本当に望月先生の おっしゃいますとおりです ありがとうございます

まつえ
2010/04/30 3:06 PM


確かに、肉好きな人はバイタリティーがあって元気な人が多いように思います。僕も嫌いではないですが、いいお肉を食べ過ぎると、胃がもたれて、しばらく野菜と米だけで、いいような感じになります。丈夫な胃腸を持った望月先生が羨ましいですね。肉とタバコで長生きを証明して下さい。いつも応援しています。

枚方太郎
2010/04/30 5:58 PM


まつえ様
 お兄さんがガンで亡くなられたのも「天命」であり、本当に「運」が良い人は、何を食べても、どんな粗食でも、例外として90歳以上の長寿の人もいるのです。このブログは一般論ですので、貴女の責任ではありませんから、ご自分を責めないで下さい。そのような境遇となったのは、お兄さんの「運」がなかったのです。ですから「運」は遺伝せず、親子兄弟すべて運気は異なるのです。そのためベストの名を持つことが必要ですよ。

望月岳陽
2010/04/30 7:05 PM


枚方太郎さま
 ペンネームでも、天格12は避けた方がいいですよ。個人差ですが、年齢的に胃腸が弱い時期があり、その時期を過ぎると健康になるタイプの人もいます。「霜降りの上肉」は脂肪を多く含んで、胸焼けしますので、私は「黒酢のもずく」(市販のもの)を「卵」で溶いて、さらに「練乳」で甘くしてから、「ステーキ・焼肉」を漬けながら食べますと、胸焼けしません。「酢もの」を一緒に食べるのがコツです。

望月岳陽
2010/04/30 7:21 PM


慈愛に満ちた お言葉ありがとうございます。ずっと自分を責め続けてきました。先生の言葉で緩和 救われたような気がして 涙が出ました。本当に ありがとうございます。

まつえ
2010/05/01 10:45 AM


突然申し訳ありません。今回のお話は、素直に納得できませんでした。アメリカが、7年の歳月をかけて大金を投入し調査した、1977年に発表したレポートには、癌、心臓病、糖尿病の慢性病は肉中心の偏った食生活が原因とされています。またチーズは乳癌をひきおこす(牛乳自体、よくない。ひじき、小松菜にカルシウムは倍以上ある)と言われてます。
また、こんなに食べ物に恵まれてるのは日本だけだと思います。たしかに野菜だけでは長生きできないかもしれません。でも世界の飢餓の原因にもなる肉食、乳製品を、自分の健康のために多いに食すことはできません…
全否定をしてるわけではないのです。ただ、岳陽さんは影響力が強いと思ったので、コメントいたしました。飲まれてる、お茶の力が強いのではないでしょうか?


2010/05/02 2:28 AM


玲さま
 お久しぶりですね。世の中には、180度異なる説として、「新谷説」に対し「熊谷説」があることを紹介しましたね。NHKでさえ、今まで両者を報道していますが、いかに説得力があるか?です。通説が必ずしも正しくないのは時代の変遷・科学の進歩で変化するのです。天動説が通説の時、地動説を称え、天文学が進歩。1977年の40年前のアメリカの発表は、余りに古すぎ、その後の時代の流れと医学・薬学も日進月歩で、「熊谷教授」もそれを十分承知のうえで、逆説を発表したのです。日本人の青少年の体格が良くなったのは、1977年以降の話です。でも、もちろん野菜を含めたバランスが良い食事に越したことはないのです。

望月岳陽
2010/05/02 7:04 AM


丁寧に答えて下さってありがとうございます。ドキドキしておりました。一番、親切に答えて頂いたと思います。
私は、基本的にテレビの情報は疑っております。全てではないのですが…
肉、魚、乳製品は病気、飢餓、温暖化をひきおこします。人の動機はそれぞれだと思いますが、温暖化に一役かってますので…
あまり詳しいことは、こちらで申す事はいたしません。9画、「玲」という良い語源…名をもつ者として…今回はお伝えしようと思いました。
お返事ありがとうございました。


2010/05/02 10:55 PM



ブログ作成の励みになります

占い・鑑定 ブログランキングへ
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪

風水インテリア・雑貨 集めてみました♪

風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。