”読めない”漢字力に呆れる

名付けについて
07 /15 2014
最近の若夫婦;”読めない”漢字力に呆れる!

2010.03.15 Monday
-
08:22
comments(13)
-


[第911回](大吉)・・・3月15日(大吉)

『最近の若夫婦、自分たちだけが読めれば良い。』
と、自分たちで”漢字読み”を新しく創作しているようです。
 まるで、クイズのような”漢字読みで、”わが子の”名づけ”をしている傾向、益々広がっているようです。しかも”男女の区別”が付かない名も多くなっています。
 今までにも、何回となく、この話題は投稿しましたね。
 でも、しばらく投稿していなかったので、つい最近の①”読めない漢字”と、②”最近の流行し始めた漢字”を紹介しましょう。
(地元、山陽新聞から抜粋)
①あなたは、次の名前が読めますか?
 「愛信(あのん)」(女)・「栞大(しいた)」(男)・「主峰(あまね)」(女)・「心桜(こはる)」(女)・「冬華(ふうか)」(女)・「真聖(まさと)」(男)・「煌天(こうま)」(男)・「萌華(ほのか)」(女)・「美温(みはる)」(女)・・・など。
 この中で、「桜」を”はる”と読むのは、確かに”春”のイメージからでしょうが、ご夫婦以外の「一体?誰が”はる”と読んでくれるの?」と思います。
日本語を自分たちで、勝手に創作している例が多いですよ。
②最近、流行し始めた字体(1例)
 100人中6人も?「柊(ひいらぎ)」が急に増えてきました。その理由は不明です。
「柊羽(しゅうと)」・「柊哉(とうや)」・「柊人(しゅうと)」・「介柊(かいしゅう)」「柊真(とうま)」・・・など。
 それに、「澪・凛・稟・耶・那・瑚・胡・湖・・」など、非常に紛らわしい字体が使用され、最近の若夫婦は「”一体?漢字力”があるのか?ないのか?」疑問に感じます。
 先日の「零落」(落ちぶれる)の”零”を、愛情を持って名付けたのが、そんな縁起の悪い字体を、わざわざ使用していますね。
 上記の中で、人名に使用して良いのは、「瑚」(珊瑚サンゴ)の1字のみです。例えば、同じ”こたろう”でも、「胡太郎」(”胡”は、漢民族から見ると、西方民族の”野蛮”という感覚があり。ただし、苗字で中国では「胡」、日本では「多胡」がありますが、苗字に吉凶はありません。)や「湖太郎・虎太郎・小太郎」などより、最も運気の良いのは「瑚太郎」です。
 それから、最近「安藤美姫」さんにあやかったのか、「姫・妃」の字体も多いのですが、この字体は男児の「聖・尊・偉」の字体と同様に、自ら”誇示”していると、運気よりも”性格的”に問題が生じてきますので、これらも避けたい字体です。それに女児の「花」は、花柳界のイメージがありますので、中国では人名に使用せず、同じ”はな”なら「華」を使用すると投稿済みでしたね。現在でも、女児に「花」を使用している例は意外に多いのです。
 皆さん、命名・改名を検討する時は、必ず「漢和辞典」3~4冊で、その語意・語源を調べて見てください。すると、意外な”語意”の発見がありますよ。




コメント
岡山の子供も読めない名前が増えているんですね。岡山で生活していて「ゆ」から始まる名前の子が異常に多いなとは思います。最近テレビで見て驚いたのは「双琉くん(そうる)、ピンクちゃん」です。あと、子育て中の母親が集うサイトは悪の根源のように根拠のよくわからない噂が真実かのように流れていますよ。王のつく字をつけるとお金に困らない、[子]の字には一生と言う意味がある(漢字を分解すると[一]はじめと[了]になるため?)。私が調べた限り[子]にそんな意味は無かったです。[子]にそのような意味はあるのでしょうか?

美智
2010/03/15 12:25 PM


子供に変な名前をつける親もおかしいですが、それを止める事ができない祖父母の世代もおかしいですね。同じ職場のおばさんが、自分の孫に変な名前(外人風)を付けられた~、と愚痴を言っていました。私は、なんで阻止しなかったのかと聞きましたが、そのおばさんは、「孫は自分が生んだ子ではないから口を出せない」と言っていました。意外と同じ様に気を使っている祖父母世代が多いのかもしれませんね。

エン
2010/03/15 12:56 PM


美智さま
 そうですよ。「琉」の字体も良く使用され、「ピンク」とは、学校でイジメの対象になり、お婆さんになった時、本人は親を恨みますよ。「子」の語源は、2つあり、一つは「子どもが両手を広げている姿」、もう一つは「植物の芽が出て、若葉が出ている姿」があります。ですから、「横一」は”子どもの両手””双葉”の意味です。その意味が分かって、「人生の始まり」と理解しているのであれば良いのですが・・・。

望月岳陽
2010/03/15 8:33 PM


エンさま
 最近の若夫婦は、祖父母の助言など、全く聴きませんよ。内孫でも、舅は嫁に気兼ねをし、外孫は嫁の実家から口出しできないと、両方の祖父母が遠慮する時代ですよ。とにかく近所でもない珍しく自慢できるような奇妙な名(「海」をマリン、「光」をライトなど)、又は、逆に”ありふれた流行名(海斗など)””有名人にあやかる名(大輔)”がありますね。

望月岳陽
2010/03/15 8:46 PM


先生の説に従えば、男子も女子もかなり使用漢字に制限がありますよね。今はちょっと種類が多すぎるうえに読み方がめちゃくちゃですね。でも慣れてくると意外と読めてしまうのは、みんな似たような本を参考にしてるかでしょうか?思考のプロセスが同じだと、各人、珍しい漢字を使用してもどことなく、似たような雰囲気を醸しだしますし、ちっとも個性的と感じませんね。

成陽
2010/03/15 11:00 PM


今回挙げられていたどのお名前も読めませんでした。
漢和辞典を開くと漢字の使われる意味がよくても、成り立ちを見ていると、名前にふさわしい字は少ないことに気づかされます。
今の親世代もそうですが、祖父母世代でも漢和辞典を開く人は少なくなっているのではないでしょうか?
根拠を持てば血の繋がりのある孫の名付けくらいには口を挟めるように思うのです。

ユリ
2010/03/15 11:01 PM


成陽さま、ユリさま
 2人まとめてすみません。世の中に平凡な人が多く、偉人・名人・名君などが少ない原因は、苗字にマッチしない流行名などを使用するので、将来平凡な人になるのです。その道理が分かっていない若夫婦や祖父母も多いのです。「名前で、そんなことがあるか!」という方が多いので、平凡な人で日本国民が構成されているのです。

望月岳陽
2010/03/18 12:03 AM


 私の知人のお子さんでも「沙」の文字使用で原因不明の難病を患っているお子さんがおります。

民の釜戸
2010/03/19 9:07 AM


女の子なら「柚」の文字が多いです。なぜ?

oi
2010/03/19 9:34 AM


Oiさま
 「柚」(ゆず)ばかりではなく、特定の果実「梨・桃・・」なども多いのですが、その理由は不明です。要するに、世の中には、流行の字体を使用する習性があるご両親が多いようです。

望月岳陽
2010/03/19 6:53 PM


simpleな答えですが。育児本に載ってるからです。oiさま

loop
2010/03/19 9:57 PM


 先生のお勧め漢字見ませんね 最近 語源の悪い漢字で通し名になってしまったりしたらどうなるのでしょうか?

風姿花伝
2010/03/19 10:35 PM


風姿花伝さま
 世阿弥の書名が、雅号とは風流ですね。語源の良い字体でも”通し名”を使用すれば、代々の名君はいないのですから、”語源”が悪い字体では、承継による”陰陽の吸引作用”のほか、その個人名、本来の”理気作用”がマイナスに作用しますので、益々代々揃っての名君になる確率が大幅にダウンします。

望月岳陽
2010/03/20 9:29 AM



占い・鑑定 ブログランキングへ




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。