赤ちゃん名づけに、なんと「零」の字体

名付けについて
06 /25 2014
新生児名づけ;あっと驚く「零」の字体を使用?

2010.02.20 Saturday
-
22:30
comments(11)
-


[第889回](大吉)・・・2月20日(大凶)

『えっ、赤ちゃん名づけに、なんと「零」の字体を使用している!』
と驚きましたよ。 
 しばらく、名づけの漢字について、投稿していなかったので、何気なく地方新聞の”一歳になりました”という写真入りの記事を見て、驚いたのです。
その氏名(個人名のみ)を、そのまま記載すると、先日のPCメールに苦情があったのです。
『人の子の名など、どんな漢字を使用しようが、イタラヌお世話だ!そんな迷信を、ブログで書くな!』
という内容です。
 個人名だけでも、フルネームで記載すると、検索でヒットし、私の過去のブログを読まれて、先日”苦情があったのです。
 ですから、今まで”苗字”はもちろん伏せていましたが、”個人名”をそのまま記載すると、また、ヒットするかも知れません。
 そこで、今日の満1歳の赤ちゃんの名を『零◇斗』(れいと;3文字)と、記載しますが、皆さんは、「零」と「斗」で、どんな”語意”の名になると思いますか?
 かっての「悪魔」ちゃん事件の時とは、少し意味が違いますが、先ず、「漢和辞典」で調べて見てください。今、流行の「斗」は”子杓一杯の僅かな物”という語意があると、投稿済みですね。
 さて、その上、「零」という語意は、①上から落ちる②草が枯れ、しぼむ③落ちぶれる、など、漢和辞典に書いてあります。
 そして、使用される熟語には、「零落」(れいらく;落ちぶれること)「零細」(れいさい;わずかで細々としていること)などがあります。
 すると、「零◇斗」の名は、”僅かな物しかなく、落ちぶれる”という語意になるのですよ。
 若い夫婦は、近所にない”珍しい名”を命名して、自己満足しているでしょうが、こんな名をいかに愛情を持っていたとしても、この子が中学生でもなれば、自分で漢和辞典を引いて調べたら、ビックリして、親を恨みますよ。
  同じ「れい」を使用するなら、「玲」の字体はとても運気が良いのです。ノーベル物理学賞の「江崎玲於奈」(天格15・地格19・補格8・総格42)は、「玲」を使用していますね。
それに最近の漢字は、「こんな漢字、日本にあったかな?」と思える字体を使用していますが、PCでも携帯でも、容易に変換できない字体があり、生涯、お子さんは苦労し、親を恨むような字体が、最近の流行のようですね。
 命名・改名の場合は、必ず「漢和辞典」の3~4冊、図書館でも行って、語意を確認する努力をしないと、とんでもない漢字を使用することになりますよ。
(最近、流行の「憂」「凛」などの字体も、漢和辞典で確認して下さい。ビックリしますよ。)

コメント
いつもブログを楽しみに拝見しております。
まだ妊娠していませんが、将来の子供の為にいろいろ名前を考えていたところ、先生のブログに出会いました!
昨日やっと図書館に行って、先生お勧めの辞書を借り、一応一般的とされる名付けの本を参考程度に、漢字を調べてみたら、よくぞこんな意味合いの漢字を名前に採用するなぁ、といった例が数多くありました。
ブログでいろいろ不愉快な思いもされるかもしれませんが、私みたいにこのブログに偶然出会って、間違いに気付く人が数多くいらっしゃると思います。
ブログの更新を毎回楽しみに待っています!

追伸、先生は私の両親と同い年で、娘さんと私も同い年ですので、とても親近感が湧きました。

優美
2010/02/21 1:23 AM


なぜ?どうして?という理由をきちんと探ったら答えが出てるのですが。「それだけ」「これだけ」等、ピンポイントでしか物事を見られない人が多いのには驚きます。

追伸:桃太郎温泉には行ってますか?

もこもこ9
2010/02/21 6:29 AM


優美さま
 とてもご理解あるコメント有難うございます。このブログを理解される方は、とても”賢い方”であり、通常”占い”など信じない男性でも、私のブログを読まれて、熱心な読者;”賢い男性”も全国・海外問わず、メールを頂いています。中傷する人は、一部分のみ読み、揚げ足を取る人が多いですよ。ブログ全体を読まれると、大きく言えば、日本の繁栄のため、優秀な人材を送りたいという精神で書いていますのにね。

望月 岳陽
2010/02/21 9:02 AM


もこもこ9さま
 結局、この世は、何も深く考えず、すぐ流行やブランド志向に流される”平凡な人”が多いのですよ。私のブログの検索元は、なんと「下ヨシ子」のサイトからのアクセス数が、最も多いのです。それだけ彼女のフアンが多いことを示していますね。
 「内容」より「ブランド」の信者が多いのに呆れますよ。(毎日、桃太郎温泉と足王温泉に交互に行っています。)

望月 岳陽
2010/02/21 9:20 AM


樹門幸宰を知ってますか?
この人は漢字の意味を考えてないんですかね?
なんか昔威張ってテレビ出てましたが…今は消えてますね。この人の本見ましたが松平健を不幸だとか苦労するとか書いてましたが…バカバカしいですね。

9の力
2010/02/21 6:35 PM


9の力さま
 もちろん知っていますよ。剣術の極意の一つ「他流を知らず、語るべからず。」ですよ。そのため、日本中の他流(他説)を知るのも修行です。一度、電話して質問したことがありますが、実に”横柄な応対”でした。私の命名料は日本一高いとのウソの中傷サイトがありますが、彼は27万円(消費税別)で、しかも候補名は1つですよ。彼の説も「根拠と判断基準」がなく、”魂ゆら”という霊能者のような説で判断しているようですが、私は全く理解できない説です。彼は、どうして威張るのでしょうかね。人の運勢を好転させる仕事は、自ら謙虚でなくてはなりません。本物;キリスト・釈迦・空海などは、皆”謙虚で、人に優しい人”ですね。偽者ほど威張るのですよ。

望月 岳陽
2010/02/21 9:13 PM


テレビに出てる手相のオバチャンから細木数子。
大抵みんな威張ってます。
樹門幸宰の本名:外崎信一、14・12・26ですね偶数ばかりで切れやすい14!!
樹門幸宰さんは、教師だったみたいですが何を教えてたんだか…怖いですね。
魂ゆらなんて全然当たってませんでしたよ。

9の力
2010/02/21 10:01 PM


9の力さま
 私への改名”再”依頼には、安斎氏・樹門氏により改名され、全く効果がなかったという方がおられます。命名・改名などの料金は、安い・高いの問題ではなく、いかに効果があるかが、一番問題なのです。「魂ゆら」の本は、さっぱり理解できないというメールも、数件頂いたことがあります。とにかく”威張る・横柄な占い師”は自分の説に自信がないので、”虎の衣を借りる”故事を表しています。

望月 岳陽
2010/02/22 8:28 AM


もし家族がみんな天格7なら5に改名したら大変だよ(;_;)
改名は気をつけなければ(^-^)/

宮美
2010/02/22 11:07 AM


いつも楽しく学びながら、拝見させて頂いております。先日先生お勧めの漢和辞典を購入したのですが、先生が運気の良し悪しを判断されている理由が、辞典を見ていてもいまいちよく分かりません。根拠とされているのは語源と考えてよいのでしょうか。といいますのも、語意だけ見ると、良い意味に思えるものもあります。『光』『輝』が悪い字というのはなんとなく分かりますが、そうなると語源に「火」を持つ漢字はすべて姓名に使用すべきではないのでしょうか。熙という字は元細川首相のお名前の二文字目ですし、単純に解釈するととても良い意味に思えました。

kz
2010/02/22 12:45 PM


Kzさま
 以前に投稿しましたように、語源の解釈は、学者により多少の異なる字体がありますので、図書館で3~4冊比較して、最大公約数的な判断を採用します。そのうえ、風水の”理気パワー”の有無から吉凶の判断します。「火」に関する字体は「火へん」でも”照”のような「れっか」でも、神仏名や神官・僧侶の名と異なり、俗人は”火”→”日”に変換するパワーがないので、運気が下降することが多いのです。「細川家」のその字体は、”通し名”ですので、”陰陽の吸引作用”から、代々そろって名君にはなりません。でも、他の条件(画数など)が良ければ、総理にもなることがありますが、同氏が総理になったのは、政治家に必要な”地盤・看板・かばん”という先祖の威光からであり、必ずしも本人の実力ばかりではないのです。それらを持たない庶民の運気は、やはり「照」などの”烈火(れっか)”の字体を使用しない方が良いのです。

望月 岳陽
2010/02/22 8:03 PM



ブログ作成の励みになります

占い・鑑定 ブログランキングへ
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪

風水インテリア・雑貨 集めてみました♪

風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。