古代人骨発見!日本人の起源は

四方山話
06 /08 2014

必読!古代人骨発見!日本人の起源は2万年前か?

2010.02.05 Friday
-
09:19
comments(0)
-


[第874回](小凶)・・・2月5日(大吉)

『旧石器時代の人骨発見!日本人の起源は2万年前か?』
という昨日のニュース。
 沖縄・石垣島の洞穴から発見された人骨、骨からコラーゲンを抽出して放射性炭素に基づく年代測定をしたところ、旧石器時代の約2万年前と推定される頭骨が含まれていたことが判明したそうです。
 この発見は、同県や琉球大、東京大などの研究チームによる成果で、年代を直接測定できた人骨では、日本最古で約2万年前とのこと。日本人の起源を探る上で、重要な手掛かりになると期待されています。
 古い人骨や化石の年代は、発見された”地層”から間接的に推定されることが多いのですが、今回は”放射線炭素”からの測定です。
 国内でこれまで、直接測定での最古の人骨は、静岡・浜北市(現浜松市)で、1960年代に発見された約1万4000年前のものだそうです。
 さて、このニュースから、皆さんは”一体、何が言えるのか?”を思考できますか?
 皆さん、昨日のブログに紹介した事件・事故などのニュースがあれば、インターネットで検索して見て下さい。その事実関係のみを紹介したブログが、実に多いですよ。そんなニュースのみをブログで投稿しても、すでにマスコミが報道しているので、読者にとって何の価値もないことに、気付きませんか?これは、日本人がいかに”一つの事象から、連想して思考しない平凡な人が多いか?”を表しています。
 さて、この”2万年前の人骨”ということで、すぐ連想できるのは、日本中の『墓相』の本です。これをを読んで見て下さい。実に呆れた”間違い”が書いてあるのですよ。
 例えば、『先祖の祀り方』(細◇数◇子著)などの”墓相”記載の中で、「”骨”は50年も経てば、”土”に帰りますから、先祖供養塔(五輪塔など)を建立しなければなりません。」と書いてある本が多いのですよ。
 皆さん、何も思考しないで、漫然と読書をしていると、”間違い”に気付くことなく、すぐ”騙される”のです。
 「人骨はもちろん、マンモスなど、動物の骨は、決して”土”に帰ることはないのですよ。それも、僅か”50年”で・・・」
 このような記述があれば、「先祖供養塔を普及させれば”一儲けができる”」という石材店など利益関係者の営業トークに気付かねばなりません。
 それは、”恵方巻きすし・バレンタインのチョコ・土用のうなぎ・クリスマスプレゼント・・・”など、すべて”業者の営業トーク”で”仕掛け人”がいるのですよ。”原宿・秋葉原”などの流行の物、”茶髪・金髪・ジーパン”の流行、ブランドのバック・時計など、すべて業者の”仕掛け人”がいるのですよ。
 いや、それだけではなく、寺社だって”厄年・七五三・十三参り・・・”など、なんら根拠のない”社寺の営業トーク”であることは投稿済ですね。
 このブログを読まれている皆さん、ニュースを聴いても、それから”何が教えられるのか?”を思考する習慣を身に付ければ、業者に騙されることなく、「天命数霊術」のセンスを高めることになりますよ。



占い・鑑定 ブログランキングへ





youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。