新1年生にランドセル寄付

05 /25 2014
思いやりの「3・8」タイプ;新1年生にランドセル寄付。

2010.01.22 Friday
-
21:03
comments(2)
-


[第862回](大凶)・・・1月22日(大凶)

『生活保護世帯の新1年生に、ランドセル寄贈。なんと半世紀も続く篤志家に感動!』
とのニュース(中日新聞より)
 三重・四日市市のかばん袋物小売業「タケコシ商事」の「竹腰 葵」社長さんのことです。市内の生活保護世帯のうち、今年4月の新1年生は24人で、市から配布してもらうよう、ランドセル24個を寄贈したそうです。
 この寄付は、実に驚くことに、昭和33年から現在まで、半世紀以上も毎年続く寄贈なのですよ。寄贈の累計は、なんと2425個なります。
 クリスマスのブログ「”30年間”も続いた”匿名”のプレゼント」も感動しますが、この業者は50年以上も寄贈を続けるとは、全国でも珍しい篤志家として、子どもたちが大人になっても、”感謝の念”として、記憶に残るでしょう。
 今年は初めて,"赤と黒"の定番色以外に,流行色の"緑やピンク"など多彩な色合いの品も加えたそうです。でも、少子化で、新1年生が減少して行く中で、ランドセルを扱う業者が増えた上に、デフレが重なり、「厳しい時代」中での寄贈とのこと。でも、「当社の商品は、”丈夫”で”長持ち”する商品という評価を頂き、そのお蔭で販売も順調なので、寄贈を続けて来られたのです。」とのことです。
 そして、「新1年生は、諸費用が要る中で、ランドセルも買いずらい家庭のために、子どもには”肩身の狭い思い”をさせたくない。」と、実に社長の”思いやり・優しさ”があるお人柄が現れていますね。
 今までのブログは「9・5・1」タイプを中心に、推奨事例を投稿してきましたが、今日は「3・8」タイプの”思いやり・優しい心”の事例としての投稿です。
「竹腰 葵」天格18・地格13・総格31
典型的な「3・8」タイプの方ですね。これに対して、正反対の性格「4・7」タイプの事例(大地主の道路敷地を巡る市とのトラブル事例)も対比して、篤志家の積善について考えて下さい。”篤志家”の子孫は、「鳩山 幸」夫人のように、現在の幸せがあることも、投稿済ですね。



コメント
3、8と言えば50年間障害者を雇用してきた日本理化学工業の大山泰弘元社長、13、8、21。

弁護士の大平光代(旧姓:西村)を更正させた大平浩三郎13、8、9、30。
3、8は優しいですね。

ポッポ
2010/01/22 11:36 PM


ポッポ様
 貴重な情報有難うございます。本当に「大山泰弘」氏は、 弱者に対する社会貢献し、「大平浩三郎」氏のように、1人でも更正させることにより、その1人がまた社会貢献することになります。ですから「3・8」タイプは、「9・5」タイプより地味ですが、社会貢献の裏方さんになる人です。

望月 岳陽
2010/01/23 1:43 AM



占い・鑑定 ブログランキングへ





youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。