阪神大震災;母親の運気が新生児を救う

04 /23 2014

必読!阪神大震災;母親の運気が新生児を救う!

2010.01.05 Tuesday
-
23:22
comments(6)
-


[第847回](小吉)・・・1月5日(大吉)

「あの大震災を伝えて行きたい。」
と、神戸市の中学3年になった「江口愛恵美(あゆみ)」(14歳)さん。
 あの阪神・淡路大震災から、もう15年もなるのですね。私は公務員最後の勤めの年で、その朝、岡山の瀬戸駅で通勤電車が不通になって、急遽、車で出勤した日で良く記憶しています。私は数年前には、神戸に転勤していたのですよ。たまたま岡山に居たのも、”運気”のお蔭だと思います。
 15年前の17日も、間近になりました。
 さて、神戸新聞に今日紹介された話題を紹介しますね。

『 阪神・淡路大震災が起きた1995年1月17日、全壊した神戸市立西市民病院で産声を上げた”女の赤ん坊”、もう中学3年生に成長したのです。
 分娩(ぶんべん)室を襲った揺れに、産後間もない母親は,覆いかぶさり長女を守った。母親の「千尋」さん(37)は、分娩台で安静にしていたが、そこを大地震が襲った。病院の分娩室(5階)は押しつぶされ、停電で病院機能はマヒした。それでも、赤ん坊を抱き、やっと1階まで降りても、そこは運び込まれた負傷者でゴッタ返しだったそうです。母子とも”奇跡的”に助かってから15年。来る17日、コンサートのステージで、奇跡の生存の話題とともに、その中学生は”鎮魂の歌声”を響かせて、「自分も震災を伝えたい」とのことです。』
との趣旨が記載されていました。

 さて、皆さん、阪神・淡路大震災では、約6千人以上の犠牲者がいる中で、潰れた分娩室でも、奇跡的に負傷もせず、生存できたのも、”事故事件”を避ける運気を持っているか、否か?で、生死を分けるのですよ。

 生まれて1時間も経たない赤ちゃん、まだ、「江口愛恵美」(”天格19”)と名付けていなかったのか、それとも既に名付けてあったのか不明ですが、いづれにせよ、母親の「江口千尋」さん、”天格9・地格15”の”事件事故”を避けるパワーを持つ”運気”により、生後間もない長女の生存も守ることが出来たのですよ。

 このような緊急時の場合には、母親の運気は、父親の運気よりも、子に対して”運気”を送ることが出来るのも、不思議な数霊の現象なのです。
 不思議でしょう。天格”9・5”は”事件事故”を避け、天格”2・12・22”は、何歳になっても遭遇する実証例は、先日にも投稿済ですね。
 もう一度、あなたのご家族の姓名を、再検討して見て下さい。




コメント
昨日昼にテレビで天格9の女の人が出ていました。
その人は結婚して二年目に交通事故で障害者になりました。旦那さんの名前が天格13でした。
合体すると22。
本当に不思議です。

宮美
2010/01/06 7:21 AM


宮美さま
 本当に不思議ですね。相性は天格を合体して見る方法も、新しい発見ですね。
 わずか3ヵ所の数の組み合わせから、「なぜ?どうして?」と考えて、工夫をすれば、何事も進歩して行きます。文系も理系に負けないように、新しい開発が必要です。

望月 岳陽
2010/01/06 9:03 PM


こんばんは。いつも先生のブログ楽しみに拝見しております。私も震災時中学生で、朝のニュースで見てとても同じ日本で起こったとは思えませんでした。それを思い出したと同時にやはり天格9の恩恵は素晴らしいと改めて感心しました。あの大惨事のなか母子の二人とも無事だったのは本当に奇跡ですね。質問なのですが、先生のブログで数回「千」について触れてありましたが天格9ですとそのマイナス面を抑える事が出来るのでしょうか?教えて下さい。

慎太郎
2010/01/06 9:45 PM


慎太郎さま
 コメント有難うございます。「9」の運気は、健康運・知徳運・・・などの運気と、事故事件を避ける作用があるのが原則です。この投稿の趣旨は、「9」は奇跡も呼ぶ数であり、”事故事件”を避ける効用を紹介したものです。でも、この「千尋」さんや「千代子・千恵子・・」などの”千・万”の字体は”格”が高い神仏の名に使用するので、自立心が強いため、男性運が遠のくと言いましたね。でも、天格「9・5」系列があれば、”千・万”のマイナス面は中和され、極端な現象は出ません。

望月 岳陽
2010/01/07 12:26 AM


今日たまたまブログを見ました。
江口愛恵美の叔父です。
兄の名前は裕司(39)です。運気はどうで
しょうか?

江口です
2010/01/20 7:55 PM


江口さま
 ご家族にも、ご了解を頂くことなく、ブログにしましたこと、先ず、お詫びいたします。ホットニュースですから、神戸新聞に公開された範囲で、紹介させて頂きました。先ず、私の説は日本で初めての説であり、”占い”ではなく”文系の科学”として、県教育委員会などの講師にもなっています。さて、お父様の「江口裕司」さんの姓名判断ですが、本来は、個人情報ですので、一般公開のコメントでは、容量との関係もあり、詳細に判断ができませんので、PCメールでしていますが、一言のみでは「江口裕司」天格18・地格8・総格26であり、とても”お人柄が温厚円満です”が、「9・5・1」が1ヵ所もなく、すべて”偶数”で、男性の「6」ですので、仕事面で弱運です。でも”8”のダブりで、「司」の字体を使用され、”凝り性”ですが頭の良い方です。なお、熟年になるほど、”血流”が良くありませんので、内蔵系の病になる可能性があります。容量の関係で、簡単に判断しました。

望月 岳陽
2010/01/20 9:17 PM





ブログ作成の励みになります

占い・鑑定 ブログランキングへ
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪

風水インテリア・雑貨 集めてみました♪

風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪





youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。