”木材”と”家族”に思いやり

四方山話
04 /03 2014

必読!”木材”と”家族”に思いやり「平林定男・恵美子」さんご夫婦。

2009.12.22 Tuesday
-
19:40
comments(0)
-


[第833回](中吉)・・・12月21日(大吉)

「木材への愛着と家族への思いやり、それが生き甲斐ある人生になる!」
と、民放TVで「チェーンソーで彫刻を施したログハウス作り日本一」を放映していたのを、今日、TVスイッチを入れ偶然見ました。
 長野・安曇野市の山奥にこもり、チェーンソーを巧みに操り、ログハウス・家具などに彫刻をした芸術作品作りの平林定男さん、そして松本市内で2人の娘さんと自宅を守る恵美子さんご夫婦の話。
  もともと、松本市内のガラス屋経営でしたが、木の木目と年輪に魅せられ、山に篭れば収入が無くなる話にも、奥さんは「お父さんの好きなことなら・・・」と理解を示し、奥さんが働きに出て、家計を支えました。
 「平林定男」さんは、とても子煩悩であり、奥さんと2人の娘さんとに対する思いやりがあり、また、幼いお子さんの方も、久しぶりに玄関前まで帰宅すると、走って行き抱きついたほど、お父さんを慕っていました。
ところが、ある日のこと、自宅の新築の壁に”落書き”をしていたのです。
 でも、「この落書きは、娘たちが成人した時には、良い思い出になるだろう。」と言って、怒るどころか、その落書きが”絵”に見えるように、木枠を付けて、ちょうど”壁に取り付けた額縁”のようにして、”落書き”を永久保存されています。
 一般の父親なら、新築の壁に落書きをすれば、子どもを怒りながら消してしまいますよね。成人まで保存しようと言う即決の判断、なかなか出来ないものですよ。この理性と創造力、そして木材に対する愛着と同様、家族への思いやりと愛情。
 このような人柄の魅力とチェーンソー技術が、過去にもTV放映されたことがあり、全国から延べ千人が教えを請い、1人暮らしであった山小屋が今では、活気に満ちているとのことです。
 さて、 このブログ、今まで「9・5・1」の強運と「0・2・6」の弱運の事例を中心に投稿してきましたが、今回は”思いやり”の「3・8」タイプと”良妻賢母”の「5」のダブりタイプの事例として、投稿しました。
「平林定男」天格13・地格15・総格28
「平林恵美子」天格15・地格17・補格3・総格35
ご主人は、「3・8」タイプのほか、地格15は地格19に次ぐ”思考力”と、丸太から芸術品を生み出す”創造力”があり、「天命数霊術」の画数判断どおりの才能がありますし、奥さんの"良妻賢母"型「5」のダブりがあるため、地格17は長所に働き、”負けず嫌いな根性・辛抱する心”を持った方と判断できる訳です。



占い・鑑定 ブログランキングへ

ブログ作成の励みになります








youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。