教育政策の現状

四方山話
03 /19 2014

必読!フインランドと日本の比較、教育政策の現状!

2009.10.04 Sunday
-
23:05
comments(2)
-


[第770回](小凶)・・・10月4日(小凶)

「全く羨ましい限りの教育福祉国家だなぁ~」
と、北欧のフインランドと日本との比較からの感想です。
 先ほどのNHKスペシャル「セーフティネット」を見て、日本は余りにも”教育福祉”が貧弱であるか思い知らされました。

 『子供は社会の”宝”、国民みんなで育てるのです!』
との精神を、フインランドの国民は持っています。
そのため、企業の法人税・所得税・消費税が高くても、その税金は子供の教育・お年寄りの福祉に還元されるので、国民誰しも不満に思っている人はいないのですよ。
 例えば、教育では「小学校から大学まで、授業料・教材費・通学費など、すべて無償化や支援支給で、親の負担はゼロに近いのです。
 いや、驚いたのは、子供が生まれると、出産費用の無償化どころではなく、ベビーベッド・産着・育児用品をすべて、一括して国から現物支給!
 小学校の例では、20人学級に2人の担任、1人の担任は隣接の教室で、勉強が遅れた子に”個人指導”をしていますので、フインランドでは、日本のように”学習塾”など、全く無いそうです。
 5年勤務の看護師と小学生1人の母子家庭でも、収入月34万円、支出月21万円で、教育費が不要なので、税金が高くても、貯金ができる”ゆとりの生活”とか。

 さあ、日本の教育現場の現状は、どうですか?
小学生では「晩ご飯・朝飯も食べていない。」といい、数週間、満足に食事を取らず、給食だけで命をつないでいる子供がクラスに数人もいるとか。
 また、高校生の場合、投稿済ですが、授業料納入できず、中退者が急増していますし、中退予備軍もかなりおり、授業料や生活費まで、下校の午後5~10時まで、コンビニなどでのバイト。このような状態で勉強せよとは無理な話ですね。まして、親の経済力が無い子は、どんな優秀な子でも進学を諦める現状なのです。
 これでは、憲法に保障する「教育の機会均等」などないのが、日本の教育現状です。
 長年の保守政権で、”教育・福祉より、ハコ物・コンクリート物が大事”と、大手ゼネコンを儲けさせ、役所の無駄遣い・高級官僚のための天下りで税金の無駄遣いなど、税金を”私利私欲”の政策が行われて来たのです。
 あの小泉元首相の「”米百俵”の精神」(越後長岡藩士;小林虎三郎の故事)は、自民党政権では、生かされて来なかったのですよ。
 武田信玄の故事「人は石垣、人は城!」の精神のように、人を育てることが”国を作る”ことから、「教育こそが、将来の国の発展」なんです。

 日本もフインランドのように、”教育を最優先の政策”にすれば、「①経済成長=付加価値の高い産業に構造転換、②雇用の確保・高度の人材確保、③貧困・自殺・犯罪などのマイナス面が減少」という3つの”将来の教育効果”があるとか。
そのために、「国民が皆んなで、子供を育て、教育する精神」を持たねばなりません。この精神を、民主党政権が”やっと気付いて実行の第一歩”ですね。
 (投稿済;[第374回08.7.14江戸初期の3大名君]と[第598回09.3.11高校中退者の急増]を再読してください。)

 

コメント
私もテレビで何度か見て北欧の制度は素晴らしいなと感動して、日本もこうだったらいいのにと羨ましく思っていました。日本も税金がきちんと国民生活に還元され、国民からは感謝の言葉しか聞こえてこない様な国に変わってくれることを願っています。

美智
2009/10/06 12:15 AM


美智さま
  日本の教育・福祉の現状をみますと、これで世界の先進国で経済大国だとは?呆れたものです。長年の保守政権は、”上に厚く、下に薄い”という理念がどうしても抜けきれないのです。この現状をもたらして置きながら、「自民党は”責任政党”!民主党には”政権担当能力がない”」と国民にマインドコントロールされて来たのですよ。日本人は”人が良い”から、すぐ騙されるのです。これは「有名人の姓名判断は正しい!」という感覚と同様です。

望月 岳陽
2009/10/06 9:03 AM



占い・鑑定 ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ご協力お願いします♪





youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。