「長崎原爆の日」から”運”を考える!

四方山話
01 /27 2014

必読!「長崎原爆の日」から”運”を考える!

2009.08.09 Sunday
-
22:53
comments(5)
trackbacks(0)


[第728回](中吉)・・・8月9日(大吉)

「あの日、僕らの夢は消えた!」
という長崎原爆の日を追悼した番組。
一瞬にして、7万人の長崎市民が被爆死した中で、爆心地から500mにあった「鎮西旧制中学校」は破壊・焼失され、3年1組の生徒は全滅。夏休み中だったのですが、3年1組だけは校舎の中で「軍用機部品製造」をさせられていたのです。鎮西旧制中学校では849人中、131が原爆の犠牲になっとのことです。
 その後、生徒はバラバラに疎開したりして、戦後64年間、多くは所在不明でした。そこで、現在になって、所在を探し同窓会を開催したとのこと。
 その世話役は、同じ、3年生でも別の軍需工場に勤労奉仕に行って、被爆はしたが生き残った「西 嗣也(78)」氏(当時15歳)と「長内 渉(81)」氏(当時18歳)の2人が報道されていました。(2人とも天格19)
 戦争の犠牲者でも、現在の交通事故死でも”紙一重”の差が、生死を分けるのです。
 戦争体験を語れるのは、現在の70歳(終戦時、小学1年生)以上でしょうね。私の一家は、”運”が良かったのですよ。関門の大空襲で、近所は焼け野原になり、黒こげの死体は山ほどあるのに、自宅は焼け残り、家族4人とも無事でしたから、70歳まで生き残り、こうしてブログも書けるのですよ。実に”紙一重の運”というものを切実に感じます。
 さて、長崎の原爆投下は、9日午前8~9時、小倉市か八幡市(現在;北九州市)に投下の計画で、アメリカ爆撃機(B29)が上空を旋回していましたが、運良く”曇り空”で投下を諦め、”晴天”の長崎市に向かったので、11時2分(広島は8時15分)という時間になったそうです。
 さあ、”運”はここにも見えますね。
 長崎市には大変お気の毒ですが、”晴天”が不運を呼び、北九州市は”曇天”で被爆を避けられたという”運命”を与えた神の贖罪なのか?
 また、投下の時間が遅れたため、長崎市から離れた人、逆に長崎市に到着した人が、”生死”を分けたとも言われています。
 戦争での”運”といえば、”生死”が主ですが、現在の私たちの”運”といえば、もちろん”生死”もありますが、「健康運・知徳運・家族運・愛情運・仕事運・金運など」が、皆さんの関心ごとですが、これらの”運”も紙一重の差で、あなたの運勢を”呼び込み”好転させることができますよ。
 ”幸運・不運”は、待っていても来ることがありますが、現在の”運”は、希望・計画・目標を持ち、行動を起こし、努力することで迎えることができます。
 現在、自分が”不幸な境遇だ”と思われても、なんと言っても、「戦争がなく、平和な日本」です。少なくとも、戦死・戦災死・被爆死だけは心配ないのですから・・・。「人生万事塞翁が馬」のブログ[第720回09.8.1]を再読して、現在の”戦争を知らない世代”に幸せを感じてください。

 





占い・鑑定 ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。ご協力お願いします♪



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。