新設高校の「校歌」を作曲

四方山話
12 /29 2013

必読!作曲家「吉俣 良」氏、新設高校の「校歌」を作曲!

2009.07.08 Wednesday
-
22:09
comments(0)
trackbacks(0)


[第701回](大吉)・・・7月8日(中吉)

作曲家「吉俣 良」氏(49)をご存じですか?
昨年の大河ドラマ「篤姫」や朝の連続ドラマ「こころ」の作曲で有名です。
来年4月に、鹿児島市の鹿児島西・甲陵高校を統廃合し、
新設校;「明桜館(めいおうかん)高校」になると言う地元のニュース。

 この校歌の作曲を、どなたに依頼するか思案していた「山元康弘」校長(53)は、同市出身の作曲家「吉俣 良」氏を第一候補に挙げ、作曲依頼を打診したところ、快諾を得たとのこと。
 そこで、”歌詞”は、山元校長が行い、秋ごろの完成を目指すのですが、吉俣氏が作った曲の”デモテープ”が既に届いており、歌詞が出来上がった後に最終調整するとのことです。
 吉俣氏は、昨年の大河ドラマ「篤姫」の音楽を担当、地元鹿児島ばかりではなく、全国に幅広い支持を得ています。山元校長は「無理を承知でお願いしたら、引き受けてもらえて大変うれしい。生徒を励ます歌になるだろう」と話しています。

 でも、素晴しいのは、校歌の作詞も、作詞家ではない校長の文才にも感心します。校歌というのは、現在の生徒だけではなく、卒業生も歌い続け、将来、100年以上も”郷土・母校”の「心」を伝承して行くものです。
 さて、この2人の姓名は、
「吉俣 良」天格13・地格9・総格22
「山元康弘」天格14・地格9・総格23
 
どうですか? 2人とも、芸術芸能・作家などに必要な”思考力・創造力”がありますね。何度も投稿済みですが、「天命数霊術」は、総格の吉凶は、天格・地格の組み合わせで、”天”と”地”の違いがあり、総格のみの判断で、その人の人生は決められないのですよ。そこに、日本中の説とは、大きく異なるのです。

 地格9・19を持ち、”思考力・創造力”が必要な「芸術芸能家・作家」を例示して見ますと、
「古賀政男」「棟方志功」「三島由紀夫」「吉行淳之介」「安部公房」「村上春樹」「浅井慎平」「君島一郎」「乙羽信子」「安西愛子」「岸田今日子」「栗原小巻」「渥美 清」「北島三郎」「石坂浩二」「布施 明」「平原綾香」「上原多香子」「藤原紀香」など、ほんの例示に過ぎません。

 さらに、天格も9・19があると、”鬼に金棒!”で、”人生はバラ色”かも知れませんし、少なくとも歴史に名を残す人になりますよ。




占い・鑑定 ブログランキングへ

ブログ作成の励みになります




youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。