「”去る(サル)者は追わず」という訳にも

02 /10 2017
「”去る(サル)者は追わず」という訳にも?逃げ出した猿「ムコドノ」。
2012.10.17 Wednesday - 06:08 comments(0) -
[第1721回](大吉)・・・10月17日(小吉)

『 メス11匹の中に、オスは養子の「ムコドノ」1匹のみだって! 男性にとっては羨ましい気がするが、ご当人?いや”猿ドノ”の立場は、やはり片身が狭いのか、あるいはメスの要求?に参ったのか、名古屋の東山動物園から、とうとう逃げ出した。・・・でも、待たれたい。やはり「ムコドノ」は、養子の権利を放棄したのは「9画の賢さ?」からなのか・・・? それにしても「去る(サル)者は追わず!」という訳にも行くまい。野生で生き延びられるだけのエサは、今年は猛暑だったせいか、木の実は少ない。そのぐらいなら、片身が狭いだろうが「ムコドノ」で辛抱して欲しい・・・。』

 昨日のニュース。
『 その名前は「ムコドノ」。名古屋市の動物園で、15日に飼育中のサルが逃げ出し、16日も捕獲作業が行われました。
15日午後、名古屋市の東山動物園でサルにホルモン注射をするため獣医が施設に入ったところ、驚いた1匹のオスザルが逃げ出しました。
「園内で目撃されたという情報も入っているので、だいたい、この辺りにいるという想定のもとに追い込み作業をしている」(東山総合公園管理課・山田昌弘主査)
逃げたのは、オスザルの「ムコドノ」。メスばかりの施設で唯一のオスでした。「ムコドノ」は、1昨年メスばかり11匹がいた施設に迷い込み、そのまま飼育されていました。当初はなじめず、イジメられたりしましたが、その後はメス”7匹”との間に、子どもを”8匹”もうけて、少子化対策に貢献しました。
 16日も職員60人が、朝から「ムコドノ」の捕獲作業を行ったところ、隣接する植物園付近で数回目撃されたということですが、「ムコドノ」は逃走中です。』
との報道です。

 さあ、この「ムコドノ」は偶然でしょうが、”9画”で名付けられたとは・・・? その9画により、健康で賢く生まれ付き、成長してメスの”美サル?11匹”にも恵まれ、子も8匹誕生とは・・・家庭運にも恵まれたようですね。
 やはり、ペットの名前でも、昔の「忠犬;ハチ公=9画」「名犬;ラッシー=9画」のように、サルでも「ムコドノ=9画」で、運気は万々歳。
 「ムコドノよ。片身は狭いだろうが、エサに不自由しない動物園に帰っておいで・・・。メスのパワーには無視して、余生は安楽に暮らしたら良いのだよ。」

 早いもので、我が家にポメラニアン5歳オスが、動物愛護団体から里子に来てから、半年経過。虐待されていたのか、体重2.7㌔しかなかったのが、今では3.8㌔になり、緑多い公園を散歩し、幸せ一杯だろう! 毎晩、私の手枕で寝ています。「コタロー」と9画で名付けてから、虐待生活から一転、幸せな生活が続いています。 

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。