最近の流行名;子どもの”不幸な死”を招く

キラキラネーム
12 /31 2016
最近の流行名;子どもの”不幸な死”を招く!
2012.10.02 Tuesday - 06:51 comments(0) -
「第1707回」(小吉)・・・10月2日(大凶)

『 現在の”流行”、将来は”平凡”! そのうえ”不幸を招く”ことが多い。またまた流行名の子どもの死、二件。』

 実在する名をあげてブログを記載すると、ときどき批判するコメントが入りますが、私のブログは「2ちゃんねる」のように、なんの理念もなく、さらし者にしている訳ではないのです。ニュースで公表された範囲内で、世の中の不幸を”人文科学的な根拠”を持って、”公益性”が目的で、再び不幸を招かない方法を紹介しているのです。これが、架空の姓名ですと、一体誰が信じますでしょうか?
 さて、昨日も”流行名”の「子どもの不幸な事故や事件」が発生しています。
 最近は、「◇◇と」のように、3字音で”と”が付く男児名が実に多いですね。いいですか、特に男児の場合は、昔から「庶民の3字音」より「公家・上流武家の4字音」が運気が良いのです。例えば「直人(なおと)」より「佳彦(よしひこ)」の方が、上品で運気が良いのですよ。それに「流行⇒平凡⇒不運」の流れを理解していない人多いですね。
[事 故]
『 1日夕方、東京・板橋区で小学2年生の男児「神山理久斗(りくと)」くん(8)が、横断歩道がない片道3車線の大通りを横断していて、軽ワゴン車の会社員「芝田裕一」容疑者(33)にはねられ、病院に搬送されましたが、まもなく死亡しました。
 芝田容疑者は、取り調べに対し「ぶつかるまで分からなかった」などと供述しているということです。』
 もう小学2年生なら、「横断歩道を渡ること」は、家庭でも学校でもウルサイくらい教えられているはずです。それを守らず車に撥ねられ、「自分は”死”、”加害者”を作り、警察・病院など事故処理で”公的な損害”もある。」ということも、合わせて子どもには、判りやすく教育しておくべきです。
 飛び出し事故なら、運転する者は実にいい迷惑です。善良な市民でも、一瞬で「容疑者扱いで逮捕!」という汚名が全国ニュースで流れるのです。
「神山理久斗」天格20・地格6・補格4・総格30
どうですか、「りくと」という流行名で、神経質になる”1本立ち”の「斗」を下に使用した全て”偶数”の姓名では、”事故事件”に遭遇し、それに「0・6」の配列から”大病”にもなる可能性が大です。
 お気の毒に、名付け名付けられた親子とも、また、運転していた「芝田裕一」さんも、天格18・地格6・総格24で、天格18の中の「裕=12」を含んでおり「天命数霊術」のご縁がなかったとは、誠に運気がなかったですね。

[事 件]
『 昨日の広島・府中町で、11歳の長女「堀内唯真(ゆま)」さんに、頭や腹を殴るなどの暴行を加え死亡させたとして、28歳の母親「堀内亜里(あさと)」容疑者が逮捕されました。
 堀内容疑者は唯真さんと2人暮らしで、「殴ったのは間違いない」と容疑を認めていますが、動機は取り調べ中です。』
 この28歳の母親に、11歳の子とは・・・。
母親「堀内亜里」天格18・地格11・総格29
画数配列から見ると、決して弱運ではありませんが、どうして「亜」という”縁起が悪い字体”を使用するのでしょうか?それに「あさと」という”音感”で女性らしい優雅さがなく、「ほりうちあさと」と三回、早く言ってみると、”息が詰まる・息が抜ける音感”になりますね。「天命数霊術」の③「語源」④「音感」に不備があり、清浄な音感でないと”キレやすい”性格になります。
長女「堀内唯真」天格22・地格14・総格36
これも”流行名”です。全て”偶数”配列で、天格「2」系列の典型的な事故事件を呼ぶ姓名ですね。そのうえ、意味がない「唯」を使用し「真」を下に使用すると、男女の区別が付かず、女性として「絵に描けるような優雅な名」ではなくなります。
 可哀想ですね。11歳の短い人生なんて・・・。姓名さえ運気が良ければ、これからの世の中、100歳以上の長寿も期待できるのですよ。 

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。