スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頂いたコメントから・・・

名付けについて
12 /26 2016
2012.09.27 Thursday - 08:15 comments(6) -
[第1702回](大凶)・・・9月27日(小吉)

『 昨日私のブログに、初めてご縁があった方。”赤ちゃんの名付け”の検討のご様子。コメント欄に頂きましたが、夜間の睡眠を犠牲?にされたようで、余りに長文なので本文に掲載させて頂き、皆さんと一緒に名付けに付いて、考えて行きましょう。(本来は、個別内容ですから、コメント欄ではなく、PCメールに頂くものですが・・・)』

 先ず、コメント欄に頂いた「原文」どおり。
『 先生\(^o^)/
返信ありがとうございます。凄く嬉しいです。先生のブログやコメントを少しずつさかのぼってみていますが、納得と驚きの連続です!!
生まれる前に、名付ける前に、出会えてよかったです。
実は私、先生のブログを見るまで、ほぼ名前は決めていたんです。ひびきからですが、「おうすけ」君と。字こそ、まだ確定ではなかったんですが、どうもこの名前にできる漢字が少なくて…
ただ、その中から選ぶ感じでした。
そこで、運気のよくない字と検索をかけたら、先生の記事がヒットしました!
内容はとてもとても、素晴らしく、考えさせられるものばかりでしたし、今までにはないものを感じました。
しかし、私の苗字は「田中」なんですが、どうも、おうすけ君だと、9・5・1に当てはまりそうにないんです(>_<)3・8の総格1に当てはまるものはあるんですが…どうでしょう?悪くはないと思うのですが…9・5・1ではないですし…。
これらを、加味して、名前を考え直そうかなと思っています。ただ、おうちゃんっと呼びかけていたので、なんだかこころなしか寂しいです。
でも、私は先生の持論や考え、そして話を信じています。正しいと思いますし。ですから、今とても悩んでいます。悩みすぎて、先ほどたまたま目覚めてしまったのですが、先生のブログの続きを、夜中の今、読んでいます(笑)
なんだか、今回の記事に対してのコメント、感想ではなくて、すみません。
けれど、先生の記事は、本当に読んでいて尊敬します。世の中の人みんなに、見てもらいたいと心から思います!!
これからも拝見させてください。』
とのコメントでした。
 さて、私のブログを初めから読んで来られた皆さんなら、命名も改名も検討方法は同じことですが、「この名付けの検討の問題点」が解りますでしょう。
 この方法で検討していたら、何日も寝ずに考えても、結局、”運気”がベストの名付けはできませんね。
 いいですか、世の中に「平凡な人」が99.999%、社会貢献し歴史に名を残す「名君・偉人・賢人」は、正に100万人に1人(例えば「福澤諭吉」「野口英世」など)ぐらいですね。
 でも、わが子が平凡で良ければ、何もあれこれ迷う必要はないのですよ。
 しかし、親の願いとして、少なくとも「健康で、賢く、性格が良い子」の三条件は誰しも望むことですが、この三条件も簡単には親の希望どおりの子にはなりませんよ。
 さて、このコメント方法で、初めに”呼び名”を「おうすけ」ありき・・・では、絶対と言っていいほどベストの名は付きません。
 いいですか、例えば苗字が「安井」さんなのに、”ゆきち”が良いと言って、「諭吉」と名付けた場合、「安井諭吉」では天格22・地格10・総格32 となり、万札の肖像になる偉人どころか、1億5千万円の募金を集めて、アメリカに心臓移植に行くか、又は、幼児で交通事故死になる可能性が非常に高いのです。
 ですから、子どもの名付けは、親の”好み”で『決して、”呼び名”を初めに決めてはいけません!』よ。必ず、無理に”当て字”になり、結局、「読めない・書けない・意味不明?」のDQNネームになるだけです。
 それに呼び名を折角、”おうすけ”に決めていながら「”おう”ちゃん」と省略するくらいなら、初めから「おう」だけで良いではないですか。
 ”呼び名”は決して省略読みにしてはいけません。もし”呼び名”の中に「ち・り・ひ・み」があれば、折角の知覚神経を刺激し、頭脳明晰の音感を逃すことにもなります。例えば「諭吉(ゆき”ち”)」も「英世(”ひ”でよ)」なども・・・、そして前千円札「博文(ひろふみ)」も、現在の総理「佳彦(よしひこ)」も。ずっと昔なら邪馬台国の「卑弥呼(ひみこ)」も、「ちりひみ」がありますね。これらの音感を省略しては勿体ない。
 いいですか、結論として、”呼び名”は後回し。
 先ず、「田中」姓から名付けに適合する①画数②語意③語源④音感⑤龍脈(形)の順に検討して行くのですよ。そうすると、候補名が4~5つくらいできますので、その中から気に入った「漢字と呼び名」で選択決定すれば良いのです。
 そうすれば、ノーベル賞の「田中耕一」氏よりも、ずっと優れて”世界平和”に貢献できる人に成長して行くでしょう。
 世の中の親は、ほとんど”呼び名”から検討するので、ベストにならず、結局、99.999%の平凡な子になるのですよ・・・。

コメント
先生、ありがとうございます!
私一生懸命考えてみます( ´ ▽ ` )ノ
m 2012/09/27 9:03 PM
先生のブログをとても興味深く読ませて頂いております。
音に関しては、「ちりひみか」が良いと以前のブログにあったと思うのですが、今回「か」が入っていないのは何か理由があるのでしょうか?
信 2012/09/28 12:10 AM
信さま
 良く覚えていましたね。「か」は「強運で”良い”」という意味だったのですが、”頭脳運”に絞ると、母音(i)であり、母音(a)を外したのです。
望月 岳陽 2012/09/28 2:44 AM
mさま
 どうしても、ベストになるように考え付かない場合は、ブログのトップページにある「★命名・改名の手続き★」から、お申込みください。
望月 岳陽 2012/09/28 6:37 AM
なるほど、意味が違うのですね。ありがとうございます。
もうひとつ、音感に関して疑問に思っていたことがあり、差し支えなければお教え下さい。
「言いにくさ」というのを先生が以前書かれていたと思うのですが、苗字と名前に同じ音が入っていても、連続していなかったり、違和感がなければ問題は無いのでしょうか。

信 2012/09/28 9:22 AM
信さま
 そうです。”音”は「聴こえる」ことと「言語を発する」ことが”脳”の知覚神経に影響があります。これは個人差が多少ありますが、音には「強い・弱い・きれい・きたない・うるさい・おだやか」などの印象があります。これが乳幼児期には1日に何十回も名前を呼ばれていたら、例えば「ゆうこ」と「ゆうか」の差は、「か」が強音なので、性格がキツイ子になります。また、男児であれば「ゆうや」と「ゆうたろう」では、同じ母音「a」でも「や」と「た」では、どちらが男らしく成長するか判りますね。要するに、聴覚に違和感を持たず、好感が持てる音感であるか否か?で、ベターの名になっていきます。
望月 岳陽 2012/09/28 10:27 AM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。