親が子に希望するもの

11 /17 2016
2012.09.14 Friday - 17:49 comments(2) -
[第1689回](大吉)・・・9月14日(小凶)

『 親が子に希望するもの「①健康②知能③性格」の三点。山陽新聞の満1歳を迎えた親の希望の第一は、「元気で、”思いやりある人”になってほしい。」と言う願望が多く、③の性格を”表向き?”重視しているようです。まさか、”金持ち”になって・・・とは、心で思っても、新聞には掲載できませんからね。
 でも、いくら「”思いやり”ある人」を望んでも、「加藤智大」(秋葉原無差別殺人・死刑判決)のような「4・7」タイプで名付けたら、それは無理ですよ。
 ところで、東日本の津波で行方不明者2814人を、国が捜査を引き上げた後でも、現在まで無償で捜索しているダイバー;「門馬 宏明」さん(36)を知っていますか・・・? このような人こそ、不明者・遺族にとって”思いやり”がある人ですよ。』

 昨日の民放TVで、感動の話。
今だに、2814人の行方不明者。親を亡くした孤児、子を亡くした親、それら被災者は手がかりもないまま、1年半年が過ぎた。それに大川小学校の4人もまだ行方不明。
 国の捜査活動は諦めたのか、海上保安庁の捜索規模縮小・・・。
 その捜査でさえ、潜水捜索はたった2日間で正味2時間半にも満たなかったそうです。あまりに杜撰すぎます。長面浦はまさに、〝国から見捨てられた海〟なんですと地元の証言。
 そこで、「なんとか、手がかりを掴み、遺族の気持ちに報いてあげたい。行方不明者もこのままでは・・・」と、地元のダイバーたちが立ち上がった。
 遺体捜索ダイバーは、無報酬のボランテア「国が見捨てた被災の海へ!」「遺体が車の間に挟まっていそうだ。海中に4t級トラックと乗用車、農業用の重機が何台も折り重なっている。他にも遺体が沈んでいる可能性が高い」と・・・。
 そのリーダーは宮城県出身のダイバー門馬宏明氏(36)。
 彼はダイバーら5名とともに300万円の資金で、特定非営利活動法人『DSP災害支援プロジェクト』を立ち上げ、その理事長である。
 そして、宮城県石巻市・大川小学校付近の海中での遺体や遺品の捜索を、昨年5月より週4回は行っている〝遺体捜索ダイバー〟で、今まで100人の遺体を収容したそうです。
 さて、世の中、人を騙してでも欲得に走る犯罪者がいる中で、「被災者のため、行方不明者のためを思い、無報酬で捜査に当たる人こそ”思いやり”がある人」なのです。
 このように”思いやり”があり、ボランテアができる人は、赤ちゃんのとき名付けられた姓名こそ、大人になっても、大きな影響を受けます。
 冒頭のように、いくら親が「大きくなったら、思いやりがある人に・・・」と願っても、「4・7」タイプではその可能性は低いですよ。
 子どもの名付けに、”キレやすい”「4・7」タイプと”事件事故と病気を呼ぶ”「0・2」タイプだけは、ぜひ避けるよう、お願いですよ。

 
「門馬 宏明」天格15・地格18・総格33
どうですか? ”思いやり”がある典型的な「3・8」タイプです。
 しかも、この天格15は”正義感”ですが「宏=7画」の長所”負けず嫌い・根性・やる気”を含み、地格18の中には”優しい思いやり”の「明=8画」で構成されていますので、人一倍の”思いやり”がある人ですよ。
 このような人は「9・5」タイプと異なり、地味ですが「陰徳」という社会貢献をします。このような「陰徳がある人」こそ、ご家族と子孫繁栄になるよう神仏は見守って欲しいですね・・・。

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。