スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

ダメ元で”改名”を

0・2タイプ
11 /11 2016
2012.09.06 Thursday - 00:24 comments(0) -
[第1683回](小吉)・・・9月6日(小吉)

『 今から20年も前のこと、同じ福島県の60代の男性、ガンで余命3ヵ月と診断され、その妹さんからの依頼で、”ダメ元”で改名したら、なんと”7年間も延命”できた「”奇跡”の改名体験」があります。
 信じられないかも知れませんが、「三本杉祐輝」先生、ダメ元で改名して見てください。』

 昨日の北海道・苫小牧新聞ニュース、
『 東日本大震災の原発事故で、福島県から避難されている元中学教師「三本杉祐輝」先生(53)の話題です。ガンで余命半年と宣告され、病魔と闘っている最中に震災と原発事故に遭い、故郷を追われました。
「命ある限り、子どもたちにメッセージを伝えたい」と、三本杉さんは、今も痛みと闘いながら「命の授業」を続けています。そして、彼が作詞した歌を子どもたちが歌って、被災者を勇気づけています。
全校児童わずか17人。福島県棚倉町にある小さな小学校の子どもたちが歌う合唱曲「空を見上げて」。震災発生から1年半、今でも思う存分、青空の下で遊ぶことができません。福島の子どもたちの、ともすれば折れそうな心を支えてきたのがこの曲でした。
血液ガン、悪性リンパ腫で入院していた病床の窓から空を眺めていたとき、「病と共存している今も真っ最中でして、“生かされている”という“命の大切さ”を詞に残したかった」とのこと。
 悪性リンパ腫を発症したのは9年前。これまでに3度再発し、1度は余命半年と宣告されました。それを機に、天職だとしてきた教師もやむなく辞職。生まれ育った福島県双葉町を離れ、闘病に専念する道を選んだのです。しかし、教師は辞めても教壇に立つことはやめませんでした。
放射線と抗ガン剤治療の日々。入院先の病院からビデオレターで子どもたちにメッセージを発信し続けました。
その後、抗ガン剤治療の効果もあり、三本杉さんは双葉町での自宅療養が許されました。しかし、それから1年後、3.11東日本大震災・・・。自宅は福島第一原発からわずか4キロの場所。三本杉さんは会津若松市への避難を余儀なくされました。帰れない故郷。こんな状況だからこそ、教壇にこだわり続けたのです。
 「福島の復興には、”命の大切さ”と”優しさ”というのが、次の世代につながっていくことが大事。いま、私たちにできるひとつのことではないかと思います」と言われるのが、ガンで闘病の「三本杉祐輝」先生の信念です。』

 さて、三本杉先生の姓名は、
「三本杉 祐輝」天格12・地格20・補格7・総格39
どうですか、総格は39の大吉数でも、対外的な運気が「12で大凶」、その大凶は地格の「20」(「0」は”病”=10画を暗示)と合わせ、病気という現象になります。この事例からも、総格より天格・地格の構成数が、運気に大きく左右するのが解りますでしょう。
 この配置と類似であり、しかも同じ福島県の60代の男性、20年前にガンで余命3ヵ月で診断され、その妹さんから”ダメ元”で改名の依頼があり、天格19にしたら、なんと奇跡を呼び、7年間も延命できたケースを、今日のニュースから思い出したのですよ。三本杉先生、”ダメ元”で改名(通称名)して見られたら、如何かと思ったのです・・・。


youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。