スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の願い届かず「照」の字体で知的障害児

キラキラネーム
10 /15 2016
大正時代;親の願い届かず「照」の字体で知的障害児!?
2012.08.05 Sunday - 08:55 comments(3) -
[第1658回](中吉)・・・8月5日(大吉)

『 親の願い届かない事例は、現在の実例を沢山紹介しましたが、大正3年発行の本にも「照」の字体で知的障害児になった実例があります。私が以前に投稿済のように、”火”を表す「照・光・輝」の字体は、本来”神仏”の字体であり、俗界を捨てた僧侶以外の”凡人”(火⇒日に変換するパワーなし)の名には、使用すべきではない・・・との実例を紹介しましょう。』

 昨日、「・・・私は先生のブログを読んでいますので、私は反対なのですが、1日に生まれた孫の名を息子夫婦は、どうしても「照貴(てるき)」と名付けると、私の言うことを聴かないのです。・・・(後略)」とのPCメールを頂きました。そのため、今日のブログだけでも、若夫婦に読んで頂くため、急遽「照」の話題にしました。
 私の蔵書で、約100年前(大正3年発行)の『姓名と運命』(太乙道人著)の41ページに「照太郎と名付けた男児、成長して”白痴(はくち)”(差別用語;現在では”知的障害”)になる。」という話題が掲載されています。
(原文どおり・・・ただし、新漢字に変更して掲載)
『 ・・・某処に其の長男に佳名を命けようと思って、千思萬考の末、偶然神棚に目を着け、「天照皇大神」の”照”の字を思い出し、「これこそ無上の佳き字なり」と、やがて「照太郎」としたが、其の子成長の後に殆ど白痴であって、時々「天照皇大神云々・・・」といふことを口走り、父なる人も命名当時を回想しては、「あヽ、悪かった、偶然のことではあるが、神を穢した罪は免れ難い。」と云って、常に懺悔した事実がある。・・・(後略)』
との記載があります。
 私は、無神仏論者ですから、”神罰・仏罰”は信じられませんが、字体の”語源”(火焔)からくる「”気”脈」(風水の”理気”パワー)が、循環器系に悪影響(脳への血流不全)を及ぼすという理念から、私が「照」など”火”にかかわる字体は、人名の字体に使用すべきではないという説なのです。
 ですから、結論が私と一致した考えが、たまたま約100年前から文献にあったのですよ。この文献には、総論的に面白い話題がありますので、時折、ブログで皆さんに紹介してみたいと思います。
 大正時代当時でも、ドキュンネームもあり、流行名を嘆いた記述もあります。 いつの時代でも、流行を追う平凡な若者が多く、「近頃の若い者は・・・」と年寄りが言うセリフは、江戸時代の「遠山の金さん」当時からありますよ。あなた方もあと数十年すれば、「近頃の若い者は・・・サッパリ言うことを聴かない。あれほど「照」など”火”を表す字体を、孫の名前に付けるな!と言ったでしょう。」というセリフが聞こえそうですねぇ~。 

コメント
横槍を入れて申し訳ないです。ダメ出しだけでなく、その名前を上回る良い名前を提案してあげなければいけないと思います。提案したものを断わるのは息子さん夫婦の自由ですが、そこまでしてやっとお爺ちゃんお婆ちゃんの愛情や思い入れが伝わると思います。
柴 2012/08/06 11:00 AM
柴さま
 確かにそれが道理なのですが、私が経験した例では、若夫婦が祖父母が提示した名前など、眼中になく、あくまで「桃花」(女児;ももか)でないといけないと、キャンセルになった例があります。流行名かオンリーワンの名前にこだわっている若夫婦が実に多いですよ。
望月岳陽 2012/08/06 7:03 PM
若夫婦は、自分の子供がお爺ちゃんお婆ちゃんなしでは生まれていない、という所から目をそらしていると思います。赤ちゃんは4分の1ずつお爺ちゃんお婆ちゃんにも関わりがある気がするので、親夫婦はもうちょっと謙虚に意見を聞くなりなさったらいいのに…と思います。お爺ちゃんお婆ちゃんをないがしろにしていると、将来ないがしろにされる爺さん婆さんにしかなれない気がします。理想はワイワイみんなで楽しく名付けできたらいいのにね、と思います。気楽に名付けを相談される婆さんになりたいと思うけど、現実、難しいんでしょうね。
柴 2012/08/13 9:29 PM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。