「”運気”の違い」が余りにも極端な差

秘伝
10 /10 2016
2012.07.30 Monday - 08:37 comments(0) -
[第1653回](小吉)・・・7月30日(小凶)

『 選挙など、相手がある”ここ一発勝負”の時は、なんと言っても”運”であると思います。今回の山口県知事選挙;どちらの候補も甲乙付けがたいご立派な経歴でした。
 当選した山本氏は東大法卒の高級官僚、一方の飯田氏は京大大学院修士・東大大学院博士課程単位取得などのエネルギー問題の専門家ですから、正に文系と理系の争い。』

 始めにお断りしておきますが、私は政治・宗教など一切中立で、このブログを投稿しています。
 「一芸に秀る者、全て良し」という格言がありますが、やはり国・自治体の首長は、法律・行政・財政・経済・産業・医療福祉・教育など、知事として行政全般の認識と応用できる程度の経験があるに超したことはないと思います。
 しかし、かっての青島幸男東京都知事や横山ノック大阪府知事でも、何とか知事を務めてきたことを考えると、文系の知識や経験がなくても、一芸に秀でたタレントでも理系でも十分に知事の職務は果たせると思いますが、まだ山口県民は、長州藩の伝統を受けた明治以降、一番多くの総理大臣を誕生させた県の気風があり、官僚出身の評価が高いようなのです。
 そのような理由から、高級官僚出身の「山本繁太郎」氏(63)が当選したのですが、私はこれ以外の「”運気”の違い!」が大きく左右していると思います。
 それは丁度、オバマとクリントンの大統領選挙のとき、私は「”運気”の違い」で、オバマが当選!と予言しましたね。
 これと、同様なことが、今回の山口県知事選挙でも「”運気”の違い」が余りにも極端に差を付けられました。

「山本繁太郎」天格19・地格9・補格9・総格37
「飯田 哲也」天格22・地格8・総格30

この二人の運気の差、もう説明を要しないくらい「天と地」の差があります。 山本氏の頭脳明晰さは、姓名に現れていますが、飯田氏のエネルギー専門家の特技に付いては、姓名からとても判断できませんね。この傾向は臨床医師に多い例外のケースで、この飯田氏は現在53歳ですが、何歳になられても、交通事故などの事件事故に遭遇される可能性を暗示している姓名ではないか?と思いますので、ご本人は十分気を付けて頂きたいと思います。

これまでも、天格「2」系列の交通事故は、ニュースで報道されなくても、全国のどこかで毎日のように発生していると推定できます。
 例えば、昨日の事故も、天格「2」系列でしたよ。(それに、先日の高速松山道の死亡事故の事故車両「・・12」のナンバーでした。)
『 ★側道逆走の車、バイクの男性転倒死させ逃走★
 29日午後1時50分頃、大阪府摂津市三島の府道大阪中央環状線で、本線を走行中の会社員「玉屋芳博」さん(52)のオートバイが、側道を逆走して本線に進入してきた車を避けようとして転倒し、病院に救急搬送されましたが死亡でした。』
 このニュースの被害者は52歳、前述の知事選出馬の「飯田哲也」氏も同年配の53歳、「昨日まではお元気だったのに・・・」と言うのが、事件事故死なのです。この被害者も、
「玉屋芳博」天格12・地格21・総格33
 正に、「2」系列の出現こそ、”真夏の夜の怪談話?”ですよ。

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。