強すぎるので、結婚が遅れている

根拠のない話
08 /21 2016
2012.06.05 Tuesday - 23:01 comments(6) -
[第1613回](小吉)・・・6月5日(大吉)

『 ある姓名判断師から、「貴女の”名前が強すぎる”ので、結婚が遅れているのです。改名した方がいいですよ。」と言われました。でも、”何が強すぎる”のか質問しても、ただ「総画34が強すぎる」と繰り返すばかりで、サッパリ要領が得ない返答でした。一体、何が強いのでしょうか・・・?』
という類似の質問が、先月から4件もありました。

 この”強すぎる”という質問については、私が公務員を退官した17年前のことを思い出します。
 東京のある中年の女性からご質問;「最近、夫との離婚話が出て、たまたま街頭の占い師に観て頂いたら、貴女の姓名が”強すぎる”から離婚するようになる、と言われ、私が原因なのかとショックを受けています。その原因は、私の姓名の総画が33画だから・・・とのことでした。」
とのこと。「33」という数が”強過ぎる”という判断は、意外!?でしたから、良く記憶しているのです。

 さあ、皆さん、この”強すぎる”という表現を”占い師”は良くしますが、「一体?”強すぎる”とは・・・何か???」を考えたことありますか?
 いいですか、日本語として「強すぎる」と「キツ過ぎる」とは異なるのですよ。”強い”にも、いろいろな意味があります。
 関取やプロレスラーのように”力が強い”のか、あるいはパソコンでも”ハードに強い”のか、”ソフトに強い”のか? いやいや「酒と女に”強く”て、騙されないぞ!」とも使いますね。
 ところが、最近の亭主、一杯飲み屋でのグチ、だらしなく「うちの女房には弱くてねぇ~。」と弱音を吐く亭主もいます。
 ”強い・弱い”という表現、日本語として、固定した”判断基準”がなく、個人の”価値観”も異なる「強過ぎる」という”占い師”は、実に曖昧な表現で「婚期の遅れ・離婚の原因など」を判断結果のように誤魔化しているだけです。
  ただ、前述の「強すぎる」と「キツ過ぎる」とは異なり、”運気”が良い「強過ぎる」は、上限がないほど歓迎すべきであり、「強過ぎる」姓名は大歓迎です。これに対して「キツ過ぎる」と誰でも判断ができる程度の「4・7」タイプなら、姓名判断師が表現してもよいでしょう。しかし、総画33や34の女性に対して、単純に「強過ぎる」と鑑定すると、先ず的中しないことがほとんどです。
 なぜなら、投稿済ですが、姓名には次のように”構成数”があるので、その構成する数の吉凶を判断して、総画33や34の鑑定をすべきなのです。
(同じ33でも)
例示①「33=(天)19+(地)14」 ②「33=(天)17+(地)16」
(同じ34でも)
例示①「34=(天)19+(地)15」 ②「34=(天)17+(地)17」
どうですか?”構成数”の組み合わせにより、「強過ぎる数」(①)なのか?「キツ過ぎる数」(②)なのか? の区別をシッカリ判断できる”占い師”は先ずいませんね。殆どは推定で判断しているのですよ・・・。
”強過ぎる”という日本語に対して、以上のような解釈を持っているのは、日本で私の「天命数霊術」のみです。

(関連ブログ)
再読;必読!手に負えない「反抗期・引き篭りの長男」!([第320回]2008.05.21)
”キツ過ぎる”数・・・秘伝!「4・7」タイプの”性格と人相”は?([第142回]2007.10.30 )    

コメント
 私も熊崎式について多少勉強しました。熊崎式では29・33・39は女性には強い数とされております。例えば以前、頻繁にTVに出演されていた「美輪 明宏」さんも熊崎式で改名されております。ちなみに画数は(人23・地15・外16・総39)、先生の説だと(天16・地23・総39)で松下幸之助さんに似たタイプになります、TVに出て人生の指針を説く様な方でも間違いはあるのですね。
ナルヒサ 2012/06/06 11:38 AM
ナルヒサさま
 毎月のご寄附感激しています。「美輪明宏」は、もともと幼名は「丸山臣吾」(9のダブり)で、とても賢い方でしたが、「丸山明宏」(1のダブり)に改名され、さらに36歳のとき「美輪明宏」の芸名となってからも、天16・地22・総38であり、大病など大変な苦労されて、現在の地位を築かれた方です。苦労人でいろいろな人生経験からの助言は、「細木数子」や「江原宏之」の助言より、「美輪明宏」の助言が優れていたと私は思いました。もし、「美輪晃宏」(天19)だったら、病気も苦労もせず、大成されていたと思います。
望月岳陽 2012/06/07 1:54 AM
あれ?美輪明宏さんて 天・17 地・22 総・39 じゃないですか? 以前の丸山臣吾さんだと、天・10 地・10 総・20 になりませんか? 間違いでしたら御免なさい。
ミヤネ 2012/06/08 2:26 PM
ミネヤさま
 これはとんだ足し算の間違いで、ごめんなさい。「美輪明宏」の天格は17でしたね。でも、「臣」は6画(漢和辞典で要確認)なので、天格は9になります。
望月岳陽 2012/06/08 8:29 PM
細木数子、強すぎる名前として熊崎式で取り上げられる事が多いです(総格33画)。望月式では4、7、1となり、キツイ名前の典型となります。 強すぎることと、きつすぎること、この弁別は必要ですね。細木数子の例からしても、天命数霊術は的確に分析してくれます。
悠仙 2012/06/09 5:31 PM
悠仙さま
 要するに、判断は誰でもできますが、その判断を導いた「根拠と判断基準」が大事なのです。おそらく「33・34」が強過ぎるという根拠は熊崎式ではできないはずで、殆ど的中していませんよ。ただ、構成数がない「車のナンバー・電話番号・マンション部屋番」と構成数がある「姓名」とは、ハッキリ区分して判断する必要があります。それでも「33」のみの判断は”温厚で平和主義の数”です。「3」系列では「平和=13」「愛=13」「鳩=13」などを思い出してください。「33」は決して”強過ぎる数”ではありません。
望月岳陽 2012/06/09 8:23 PM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。