スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

”交通事故”の原因分析に「運・不運」が抜けている。

四方山話
08 /10 2016
”交通事故”の原因分析に「運・不運」が抜けている。
2012.05.16 Wednesday - 13:00 comments(0) -
[第1601回](大吉)・・・5月16日(小吉)

『 毎日のように全国で死亡事故が発生している”交通事故”。その原因を警察庁では分析していますが、これらの原因の裏には、すべて「運・不運」があるのです。まさか、警察行政で”占い的”な原因を採用する訳にも行かないでしょうからね。・・・でも、加害者・被害者の双方が、その「運・不運」に操られているのは確かなのです・・・』

 警察庁は、交通事故の要因を、大きく分けて3つに分けています。
①.物(自動車、バイク、自転車、歩行者など)
②.人間(認知、決定、判断、操作など)
③.環境(道路構造、環境構造物、視界・景観・天候など)
この中でも特に重要なのは、やはり人間、つまり人的要因でしょう。
更に、人間による交通事故の直接の原因として考えられるのは、「人体変化による要因」「認知の遅れ」「意思判断・決定誤り」「運転操作(行為)誤り」などです。
事故の主要原因となっている「安全運転義務違反」は「運転操作(行為)誤り」に該当しますし、飲酒運転なら「人体変化による要因」ですね。
 ところが、交通事故の現状は、そんな統計分析をしても、事故件数を減少させることは難しいのですよ。

先日の「関越道のバス事故」や「方々で通学路の列に車が突っ込んだ事故」など、凡そ交通事故というもの、特定な人への”殺意”がある事故ではなく、重過失事故でも”過失”という限り、加害者も被害者も”不運”に見舞われたのですよ。
 いいですか? 高速バス事業者が、仮に法令違反していても、違反したバス事業者のバスが全て事故を起こす訳ではなく、偶然乗り合わせたバスの乗客でも、死亡者もあり軽症者もおられるのですよ。
 仮に眠くなっても、「運気が良い運転手」なら、最悪でも初期の蛇行運転に気付いて、シッカリ目を覚ますはずです。
 私事ですが、私も若き頃、大阪から信州の上高地・乗鞍などの日帰旅行や、夜間に軽井沢まで一気に運転したことは何度かありますが、不思議なことにハンドルを握ると、それまでどんなに眠くても、”シッカリ”と目が覚めるのですよ。
 それに運転中は、助手席の者とは話をしても、絶対に顔を見ず、まっすぐ前のみを見て話し、1秒だに脇見運転をしません。
 事故を起こす人、景色・助手席の顔・カーナビ・ラジオ・エアコンなど操作の脇見運転が多く、1秒の差が大事故になる場合があるからです。
 このように細心の注意を払っていますから、約45年間、”対人対物事故”など”ゼロ”なのですよ。しかも、私は高齢者に似ず未だに”機敏な運転”で、現役のころ、職場の人から「中年暴走族?」と冗談を言われながらも、無事故で今日まで来れたのは、すべて「運」が良かったと思っています。
 「運」が良くない人は、こちらがどんなに安全運転でも、対向車が正面衝突してきます。そして、ある運気がない事例、毎年のように、大小の接触事故を起こす男性(天格2系列で、全て”偶数”の姓名)がおられましたが、数年前の改名以後、一度の事故もないそうです。
 警察庁の”交通事故原因分析”も良いでしょうが、「天格2系列の偶数が多い人」や「3文字以上の左右別れの姓名」を改名すれば、全国の交通事故件数は半減しますよ・・・。
交通事故の加害者も、被害者も、その原因の大半が「運・不運」の結果なのですよ。

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。