スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

災害は、低地・埋立地のほか「平野」にも

四方山話
07 /29 2016
災害は、低地・埋立地のほか「平野」にも注意!
2012.05.07 Monday - 23:52 comments(0) -
[第1594回](小凶)・・・5月6日(小吉)

『 日本、過去最大の”竜巻”で、栃木・茨城地方は甚大な被害に驚き、被災者のお気の毒な様子に、全国のみなさんも心を痛めておられると思います。昨年”卯”年の大地震に続いて、今年”辰年”だから、”竜巻”の被害・・・? みなさん、そんな単純なことを考えないでください。”干支”は「植物」ですから、”干支と災害”とは何の関係もなく、今回の過去最大の”竜巻”は、”地球の異常気象”が原因だと思いますよ。』

 でも、”竜巻”というのは、いくら異常気象だから・・・と言っても、日本列島のどこでも発生する訳ではないのですよ。
 それは、暖気と寒気がブツカリ、”上昇気流”が左回転(台風と同様)で、”力”を貯めやすい「広い”平野”の地形」が必要なのです。
 専門家も、「平野が続く関東地方は、”竜巻”を起こす積乱雲の形が山などによって崩れにくく、反面、地面が平坦な地域が広大であることから、特定の発生地域の想定が難しく、広い範囲で起きやすい。」と指摘します。
 「1つはスーパーセルという特殊な積乱雲の、自分で回転を作り出す竜巻。もう1つは局地前線。片方で南風、片方で北風が吹くと、その境目は風向きが急に変わっているので渦を巻きやすい」とも言っています。
 実に、災害には特徴があり、「地震は全国に分布する活断層」、「津波は沿岸部の海抜30m以下の低地」、「液状化は明治時代以降の埋立地」「竜巻発生の可能性が大の平野部」など、あとは「崖崩れの急傾斜地」「地盤が軟弱な地すべり地区」「豪雨で浸水する低地」「活火山の噴火」など、日本列島は”災害のデパート”のようです。
 さて、みなさん、災害を受ける可能性が最も少ない地域とは,約40年前に「岡田光玉」氏(「世界真光文明教団;教え主(教祖)」)の講演会を拝聴したとき、「地震・津波・竜巻・低地の浸水や液状化などの被害を避けるには、必ず”海抜30m”以上の”高台”に居住しなさい。」という予言と想定話が、私はとても印象に残っています。
 私は宗教家の言葉を信じなく、神仏の存在さえ疑っている私ですが、政府の「地震予知連絡会」も予言できなかった災害の想定話には、いつまでも印象に残っています。
 どうも専門の大学教授の話は、「災害の後講釈?」が多いようで、あんまり国民の安全に寄与していないような気がします。
 昨年の東日本大震災と大津波、浦安の液状化、そして今回の”竜巻”の大被害?・・・何だか、一つも的中した想定がなく、これでは専門学者は宗教家や霊能者にも劣り、私の「天命数霊術」さえ、的中率は約80%の自信があるのですよ。かなりの国家予算を注ぎ込んでいるのですから、専門家はもう少し”災害の的中率”を高めて頂きたいですね。
 そうすれば、できる限り「高台への都市開発」をして、人命も救助できたと思われますよ。予言・予測が困難な竜巻が、もし予測できていたら、「鈴木佳介」くん(14)も災害死することもなかったと思います・・・。  

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。