自殺に因果関係?

0・2タイプ
07 /16 2016
原発被害と102歳男性の自殺に因果関係?
2012.04.17 Tuesday - 19:45 comments(0) -
[第1578回](中吉)・・・4月17日(小吉)

『 非常に難しい判断かも? 福島原発事故被害は無限に拡大。”事故”と”自殺”に「相当因果関係」があるのか? どうか? 南相馬市の隣の飯舘村では、村の最高齢の102歳の男性が「計画的避難区域」の決定を”苦”に自殺しました。賠償を求めた遺族に対して東京電力が出した回答は、どんな内容だったのでしょうか・・・? 』
(TBSニュースから)
 飯舘村から南相馬市に避難している大久保美江子さん(59)。美江子さんは今月8日、墓参りのために避難先から飯舘村を訪れました。
美江子さんは去年、夫の「大久保一男」さんと義父の「大久保文雄」さんを亡くしました。この2人は地震や津波で命を落としたわけではありません。夫の一男さんは”末期のすい臟がん”で、南相馬市の病院に入院していました。しかし、原発事故で新潟への転院を余儀なくされ、そのまま6月に息を引き取りました。最期まで「福島に帰りたい」と繰り返していたそうです。
 「原発事故さえなければ、精神的に苦しまなくても良かったのでは・・・?」と、大久保美江子さんは悔やみ切れないでいます。
 義父の文雄さんは、村で最高齢の102歳でした。しかし、去年4月、村から避難しなければいけないという決定を"苦"に自ら命を絶ちました。美江子さんの日記には、こんな文雄さんの言葉が残されています。
「母ちゃん、村(飯館村)出んのか。おれ、出ない。どこにも行かねぇ~」と記され、「長く生き過ぎたなぁ~。こんなに長生きでなければ・・・、避難で家族に迷惑がかかるし、ふるさとを離れたくねぇ~」との心境だったとのことです。
 そんな文雄さんを美江子さんはこう励ましていました。
 「大丈夫だよ。行かない。今年も誕生日やろうね。み~んな集めて。じい、ガンバレ。私もガンバルよ。」
と励ました翌朝、住み慣れた自分の部屋で自殺なのです。
しかし、美江子さんのもとに先月届いた賠償の知らせは、納得できないものでした。文雄さんの自殺に対する賠償はなく、東京電力は「原発事故との関連が認められないと賠償できない。」と説明しました。
さあ、東京電力の言う「・・・関連は認められない・・・」という判断の是否を、あなたが裁判官なら、どのような判決をしますか・・・?
 ところで、このご家族3人の一口姓名判断、
「大久保文雄」天格7・地格15・補格9・総格31
「9・5・1」が全て揃った強運、天格7は長所に転換し、明治生まれの気骨ある精神の持ち主。”自殺”は一種の”武士道精神”が推測されます。
「大久保一男」天格4・地格10・補格9・総格23
やはり天格・地格とも”偶数”で、地格が「0ゼロ」の場合、”内臓系疾患”の可能性が高い。102歳の父親より遥かに若く亡くなり、これを”逆死”と言います。親にとって息子が若くして亡くなるほど、辛いものはないのです。
「大久保美江子」天格12・地格9・補格12・総格33
地格9から、とてもシッカリした方で、しかも総格33で人柄も良いが、天格12から、一家の苦労を背負って立つ苦労人です。
 どうですか? 私はこのご家族を存じませんが、「天命数霊術」を極めると、ご家庭の凡その状況が目に浮かぶようです・・・。
 このような状況判断できることは、法的な「相当因果関係の判断」にも参考になるのですよ・・・。


gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。