偶然に良名の名づけ

07 /14 2016
偶然に良名の名づけ
2012.04.15 Sunday - 23:34 comments(0) -
[第1576回](小吉)・・・4月15日(大吉)

『 高年齢出産でも、元気に誕生。しかも偶然に名づけた姓名、画数はベストで音感も良い名づけとは、それも”親子の運”なのです。』

 昨日のブログに引き続き、「赤ちゃん名づけエピソード集」からの一手記。
 この投稿目的は、「高年齢夫婦の出産の喜び」「名づけの思案」「偶然の名づけがベストの名」・・・これらはご夫婦の運が左右する、という紹介です。
(原文どおり)
『 智春(ちはる)へ…私達のかぐや姫
村山 真弓(49) 千葉県船橋市
平成10年4月25日 午前0時5分。娘の智春(ちはる) が生まれた。たった今おななから出てきた児を胸に抱いた。ずっしりと重くてあたたかい。その時、思わずこんな詩が心にうかんだ。
     命名(めいめい)
  あなたは今生まれたばかりなのに
  ずっと前からここにいたようだ
  熱くはずむ肌とずっしり重たい体
  今、腕の中でねむっているあなたに
  名前をつけるなんて……

  命のおおきさに
  言葉などおよばない
  でも
  この世であなたを呼ぶために許して下さい
  あなたを智春と呼ばせて…下さい

 午前3時、うす暗い待合室で夫と対面した智春と私。
 「女の子…智春が生まれたわ」
 「声、聞こえた。すごく大きくて元気だった。ありがとう」
 夫は私を抱いてキスした。

 昨年の秋、妊娠に気付いた私は、42歳。夫は57歳だった。これから生み育てる苦労を思うと、あきらめようか…と私は思った。すると夫は、「どんなに大変でもがんばって育てるから、産んで下さい」と、土下座までして頼んだ。それで決定……。
 それから私は、赤ちゃんの名前を何冊もの本を参考にして3ケ月かけて考えた。予定日は春おそくだ。春という字を使いたくて、さんざん考え、三つほど候補を決め、出産を待っていた。八重桜満開の夜、この世に生まれた娘。智(さと) しく春のように……智春(ちはる)と名付けた。』
との手記。

 この手記から中高年のご夫婦が、新しい家族を迎える喜びの様子が伺えます。 そして望まれて生まれた赤ちゃん、名づけを3ヵ月も思案したのが「村上智春(ちはる)」ちゃん。ところが、偶然に名づけたのが、ベストに近い。
「村上智春」天格19・地格12・総格31
この姓名は、天格19のうえ、「9・5・1」が2ヵ所であり、しかも地格12には「春=9」を含んでいますから、”健康”で賢く、”人柄”も良く、そして苦を楽に転嫁させる”楽天家”で、朗らかな人に成長して行く運勢を持っています。
 そのうえ、「ちはる」という音感から、”ち”の賢さ、”はる”という上品なイメージを描く。音感でもクリアーしている姓名です。
 しかし、少し難点は「智春」を”ともはる”とも読まれ、男女の区別ができにくいところがあるのは残念です。
 なかなか、完全なベストの名づけをするのは、難しいことがお解りになったと思います。



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。