後世に残る”善政”を期待したい

四方山話
06 /26 2016
2012.02.23 Thursday - 01:27 comments(0) -
[第1532回](中凶)・・・2月23日(小吉)

『 行政改革への橋下大阪市長のアイデア;「目安箱」(市長へ直接メール)の設置は、一面では画期的なもので、大いに賛同する面もあります。しかし、余程、公平中立の処置をしないと、職員間の妬みから中傷・誹謗の「ニセ・密告情報」で、職場を混乱させる恐れがあります。』

 なぜなら、人の評価は立場が逆になれば、全く逆の評価になる場合があるからです。行政改革の提案でも、市民への影響・市一般職員の立場、中間管理者の立場、部局長上層部の立場など、それぞれ自己の利害相反する改革もあり、その中で「何が正当なのか?」を見極める能力が、橋下市長に要求されるからです。
 しかも、その情報自体が部下・同僚・上司の職員間に”妬み”で事実を誇張や歪曲されて、「目安箱」に投函されることがあるからです。
 「立場が代われば、評価も変わる」のは、皆さん、このブログの評価でも異なると思いますよ。
 いいですか、「天命数霊術は素晴らしい。」と評価される方も居られれば、逆の立場の「熊崎式」のフアンや業者の方は、死活問題?として、「中傷サイトや2ちゃんねる」で、私の説をボロカスに言われる心境にも理解できますね。「目安箱」というのは、この道理と同じなのです。
 
 私が30年勤めた「(旧)総務庁行政監察局」というのは、”国の行政改革”勧告をするための「監察・調査」であり、しかも国民一般から「行政相談」も業務として経験して来たので、「目安箱」の利点と弊害も良く解かるのですよ。
 例えば、当時の国鉄・電電公社・郵政の民営化でも、これらの組織に働いている人と国民からの視点とは、当時は全く逆の意見でしたが、公平中立に判断した国の行政改革で、かなりの民営化をしてきましたね。
 それ以外の「行政相談」(「目安箱的な機能も含む」)では、国民や行政機関の内部告発もあり、かなりの”不正・不当”な問題も解決して来た事例も沢山あります。
 私が解決した主な不正・不当な事案では、「県会議員が共謀した造林補助金の横領事件」「国立病院医師の公費横領と製薬会社・患者からの礼金受領」「強制賠償保険金の示談屋の横領」「郵便局の除雪費横領事件」「電々公社退職者への不当給与支払い事件」「行政機関のカラ出張・カラ会議」など、当時新聞記者の取材を受け、新聞やTVのニュースになったことも、今では懐かしい思い出です。
しかし、これらの情報は「行政相談」という一種の「目安箱」であり、内部告発などからの情報だったのです。
 でも、中には、ゴルフ場経営会社から「同業他社の許可申請にかかる贈賄情報」などは、”妬み”からのニセ情報もありましたよ。
 このように、「目安箱」は利点もありますが、橋下市長は余程心して、公平中立に判断して処理しないと、「密告奨励」の雰囲気にならないようすることです。現に「職場がギスギスし始めた」との声が出ているほか、専門家も「職員同士の連帯を損なう」と指摘する意見もあります。
 しかし、橋下市長の改革精神は、従来のマンネリ化の市行政にカツを入れる非常に貴いものであると思います。なるほど「平成”維新”」と後世に残る”善政”を期待したいですね・・・。




チャンネル登録よろしくお願いします

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。