犯罪に、勝者はいない!敗者ばかり!

0・2タイプ
06 /24 2016
2012.02.21 Tuesday - 01:12 comments(7) -
[第1530回](小吉)・・・2月21日(大吉)

『 「犯罪に、勝者はいない!敗者ばかり!」と、被害者の夫「本村 洋」さん(35)の素晴らしいコメント。実にその通りで、またまた”感動”しましたよ。』

 光母子殺害事件の当時18歳の少年「大月孝行」被告(30)が、昨日の最高裁で「死刑判決」が”確定”しました。この話題に付いては、あふれる位の書き込みがありますので、皆さんは検索してそちらを読んでください。
 この話題に付いては、4年前のブログ[第301回08.4.22][第302回08.4.23]も参考に再読してください。
 「どうしたら、少年犯罪を死刑から避けられるような社会になれるのか?」とも、本村さんは記者会見でコメントしていました。
 前述のブログでも、私が話題にしましたが、本村さんは”人に感動を与えるような雄弁”、将来、この発言は法曹界の”格言”として、歴史に残るくらいの”名言”となるでしょう。そして、少年犯罪に対しても”思いやり”の発言もあり、実に”シッカリ”した”賢い”方だと感動しました。
 もう一度、繰り返します。『 犯罪に、勝者はいない!敗者ばかり!』と『 少年犯罪を死刑から避けられる社会を・・・』
との名言。
 さて、死刑判決確定で、初めて少年(当時)の姓名が公表されました。
「大月 孝行」(30)で、旧姓「福田 孝行」とありましたが、その使用年齢の詳細は不明ですが、この事件発生理由の一つに、視点を代えてみるのが、私のブログの特徴でしたね。
 社会心理学者や犯罪心理学者など専門家は、必ず「生い立ち」(父親からの虐待・母親の自殺)に問題があると言っています。しかし、私はそうは思いません。歴史上の偉人・賢人の中には、貧困・母子家庭の”生い立ち”に恵まれない人でも、世の中に社会貢献して、日本を支えて来た人は沢山います。決して「”恵まれない生い立ち”⇒”犯罪”」にはなりません。
 このような実例は、私のブログで実証していますね。
 『 犯罪を誘発するのは、その人の”運”がないのですよ。』
 この事件の「大月 孝行」も、おそらく旧姓「福田 孝行」と赤ちゃんの名付けで、「”孝行”息子になるように・・・」との”親の願い”から「孝行」となったのでしょうが、生まれながらにして”運”がなかったですね。「福田 孝行」天格20・地格11・総格31
「大月 孝行」天格10・地格10・総格20 
この2つの姓名を観てください。
 いずれも対外的な運気を表す「天格」が”0(ゼロ)”系列で、地格が”9・5”ではないので、何をしても希望や計画どおりにならず、終いには、天格0系列の中に、”切れやすい「孝=7」”を含んでいるので、「陰湿な心理状態から”切れる”」という犯罪行為になる可能性が非常に高くなる訳です。(この「孝」の”語源”は良いのですが、苗字1字目「福」と「大」には不適合です。)
 本村さんの言われる「少年犯罪を無くする社会にするには・・・」の提言は、「”運気”の良い姓名を・・・」と強調したいですね。
 「天命数霊術」が全国に普及すれば、少年犯罪のみではなく、”病気・事故事件”も大幅に減少して行く可能性は十分にあります。
 「犯罪に、勝者はなく、敗者ばかり!」で、加害者・被害者、そしてその家族など関係者が、すべて”悲劇”です。
 この観点から見ますと、「大月 孝行」が”死刑囚”となった運命に、気の毒に思えるのですよ。
折角、この世に誕生して、死刑囚となる運命・・・、同じ人生でも「日野原重明」現役医師のように、100歳でも社会貢献している方との違い・・・? この差は、「姓名からの運気の違い」とは・・・? お釈迦さまでも、まだ気付いておられないのでは・・・?
(皆さんへの課題)
「なぜ?天格”0(ゼロ)”系列は、”希望や計画”が実現し難いのでしょうか?その根拠が解かりますか?」



コメント
事件についての判断は福田孝行の姓名で行ったほうがいいと思います。
事件当時は姓は福田で、事件後に大月という姓なっています。
datum 2012/02/21 2:32 AM
datumさま
 そうです。事件当時は「福田孝行」で、「1」系列のダブりで天格「0」系列ですから、”夢・希望”があっても、”希望どおり”にならず、「4・7」タイプと同様に”理性”が働かないので”切れやすい行動”に出るのです。その後も”「大月孝行」で”精神的に陰湿”になった不幸の連続も気の毒な気がします。「不幸な人はどこまでも不幸!」になる”運”がない人の典型ですね。
望月岳陽 2012/02/21 8:38 AM
10は数霊的な意味としてとらえると偶数で消極数の上に『無』や『空虚』を表す0がついています。それら『無』や『空虚』の状態にトラブルなどが入り込み、それを跳ね返す力が無い為、いつもくよくよしたり、イライラしたりと神経質です。それらのことから夢、希望、計画の実現が難しくなります。どんな家庭環境であっても、強運の名前であればこのような事件を起こさず、苦労を糧とするような前向きな人生を送れていたはずです。占いと天命数霊術との違いはここだとも思います。
k919 2012/02/21 1:35 PM
K919さま
 確かに「0(ゼロ)の概念」は”無”や”空虚”ですが、では「なぜ、そうなのか?」というその前の根拠まで遡及する必要があります。「0(ゼロ)の実用化」がされたのは、7世紀のインドというのが定説ですが、その”無”とか”空虚”という概念の起源は、1世紀の古代エジプトです。しかし、古代中国ではそれどころではなく、ご承知「後天八卦図(神亀の図)」は紀元約20世紀(約4千年前)ですが、亀の甲羅には「1~9」までの数はありますが、「0(ゼロ)」がないのは、何の効用も作用もない”無”や”空虚”を意味するものを後世に伝えていると私は解釈しています。ですから、”数”の概念は、実用化として確立したのはインドですが、古代中国の方が世界で一番古い「0(ゼロ)の概念」を暗示していたと思います。
望月岳陽 2012/02/21 4:25 PM
ありがとうございます!0の数意をより理解できました。もう一歩踏み込まなければなりませんね。
k919 2012/02/21 5:11 PM
 同じ天画0でも、鳥越俊太郎氏のモノとは全く別物です。天9・5以外なら漢字、本体の画数の影響を直接受けてしまうのは怖いです。同じ画数(x+y)で構成数の影響により天画・地画も毛並みが変わってしまうのは非常に興味深いです。
ナルヒサ 2012/02/21 8:09 PM
ナルヒサさま
 そうです。同じ天格「0」系列でも、「福(13)+孝(7)=20」と「鳥(11)+俊(9)=20」とは、運気が異なることが良く理解しましたね。ところが、例えば天格19の場合は、その構成数が「7+12=19」であっても、「12」よりも結果の「19」が優先されるのは、天格「19」になるための”必然性”ですから、その「12」の凶意は消去されるのです。少しややこしいですが、慣れれば、判断基準も理解できてきます。
望月岳陽 2012/02/21 9:20 PM



チャンネル登録よろしくお願いします

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。