スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の芸術を生み出す”登龍門”で優勝した彼女

06 /11 2016
2012.02.06 Monday - 00:40 comments(7) -
[第1516回](小凶)・・・2月6日(小凶)

『 ”芸術”は”美”の競演です。素晴らしい"表現力"は、やはり地格「9」のパワーで、高校2年生の女子が国際大会で優勝!』
 昨日のTVニュース。
「 日本人が栄冠です。若手バレエダンサーの登龍門;「ローザンヌ国際バレエコンクール」(スイスで開催)において、神奈川県の高校2年生「菅井円加(すがいまどか)」さん(17)が審査員の評価で1位となり、優勝しました。」
バレエなどの評価は、男性の私など素人で良く解かりませんが、TVの映像を見る限り、演技力・表現力は素晴らしいものであり、やはり「芸術は”美”を追求するものだ!」と感動しました。
私は、「バレエ」というものは、大阪でロシアのボリショイバレエを見たのみで、余り観賞する機会はないのですが、大衆演劇では「日本舞踊」を沢山観賞して来ると、それぞれの舞台俳優(女形)の巧拙の差、そして「能楽」の”仕舞”でも数回観賞して見れば、理解できて来るものです。
 これらの芸能演技も、全て”芸術”であり、「”美”を追求する技」です。絵画でも陶芸でも、或いは音楽でもドラマでも、全て”芸術”であり、「”美”で人の心を癒すもの」と、古代から現在まで芸術家は切磋琢磨しています。
 ところが、未だに忘れられないのが、あの世界的に有名な画家「岡本太郎」の”芸術論”です。「芸術とは”爆発だ!””イヤたらしいもの””汚らしいものだ”!」という画家が、なぜ?世界的に有名でフアンが多いのか? 私には生涯”謎?”が解けないのですよ。
 昨日のTV映像のバレエを見ても、「菅井円加」さんの演技力・表現力は”芸術”であり、”美”の追求であり、決して「岡本太郎」画家の言う”イヤたらしいもの””汚らしいもの”ではないことで、国際大会で認められた事実、この矛盾した”芸術論”を、天国の「岡本太郎」画家はどう説明するのだろうか?
私の書斎には、先月の院展で購入した「後藤純男」画伯の複製画「富士と桜」「長谷寺の枝垂れ桜」「渡月橋の紅葉」が、私の心を癒しています。
 さて、このような世界の芸術を生み出す”登龍門”で優勝した彼女は、
「菅井円加」天格15・地格9・総格24
画数判断では、地格9から演技力・表現力はベスト、天格15の対外的な評価も良く、さらに総格24は「9・5」系列で構成されるので、温厚円満・協調性があり、とても人柄が良いですね。
 でも、ただ一つ、”まどか”を「円加」の字体、精神的な”安定感”に欠け、女性としての”優雅さ”がない字体であることが残念です。
 特に「加」は下に使用するのではなく、例えば「加奈子」のように上に使用する字体です。この感覚も、ネーミング・プロとしての「一種の”芸術”」だ、と思いますよ・・・。

(お願い)
 いきなり、メールで命名・改名依頼の相談を頂きますが、その詳細は左欄「★姓名判断・命名・改名依頼の手続き★」を読まれてから、申し込み手続きをしてください。それ以外の一般的な質問は、いつでもご自由にご遠慮なくメール送信してください。


(お知らせ)
 現在、「アマゾン 望月岳陽」で検索してみますと、「赤ちゃんの名付け方」(定価1200円、PHP研究所)が、一時期、1万8千円の相場にあったのが、僅か1400円以下で3冊中古品が売りに出されています。早いもの勝ちです。

コメント
先生こんにちは。覚えておられますでしょうか?また、少し早い頃に、私の以前のコメントがブログに引用されておりまして大変驚きました。でもお役に立てたようで、幸いです。有難う御座いました。
私も今朝一番に、テレビでローザンヌのニュースを拝見し本当に嬉しかったです。自身も社交ダンスのプロですが、【分かりやすい美しさ】→容姿・メイク・衣装・男性を引き立てる優雅な動作…は、ダンスの技術以前に絶対必要条件です。
さて、もうひとつ…鳩○元総理が改名?なさいましたね…こちらで勉強させて頂いておりますので、色んな意味でビックリ致しました(笑) 
にんにん 2012/02/06 12:41 PM
にんにんさま
 お久しぶりです。覚えていますよ。ブログで公開されるものは、ニックネームが多いので、ご了解を頂くのが難しいのですが、悪用しないなら引用しても良いのでは?と思っています。驚きました。社交ダンスのプロなのですね。私はダンスなど全く不器用でサッパリです。人はそれぞれ才能と価値観が異なるものですが、「芸術は”美”を求め、”心”を癒すもの」は、共通した理念だと思っています。鳩山元総理が改名とは・・・?全く存じませんでした。久しぶりのコメント有難うございました。
望月岳陽 2012/02/06 1:03 PM
にんにんさま
 今、検索して「鳩山友紀夫」に改名とは?これでは、逆に運気は下がりますね。私なら「鳩山有紀夫」にします。運気の差は、天と地の違いがありますよ。天格19のうえ、姓名の形にも”美”が出てきますでしょう。これが、素人とプロの違いです。
望月岳陽 2012/02/06 1:20 PM
菅井円加さん、画数に助けられていますね。字体は優雅ではないし、これだけでは性別も不明だし。多分親御さんは”まどか”という名前がつけたかったのでしょうね。鳩山元首相の改名は、多分彼のスローガンでもある「友愛」から取ったと思います(笑)…(現在私は日本の実家に滞在中です。しばらくしたら帰ります。しかし読めない名前の子供が多いですね!)
仁美 2012/02/06 5:17 PM
仁美さま
 最近の名付けは、”呼び名”にこだわり、後で漢字を当てはめるから”当て字”になるのです。女性の名を見ただけでも、「これは美人だなぁ~」と推定できるような”絵に描けるような優雅な名”が運気が長く続きます。”友愛”精神は良いのですが、自分の名には「友」は運気を逃すので、使用すべきではないのですよ。例えば「友美」であれば”友が美しい”とは変でしょう。では、自分の子は「美しくなくても良いのか?」という疑問になる”語意”は運気が下がるのです。 
望月岳陽 2012/02/06 7:10 PM
 9,5の数の力だけでも凄いパワーです。これまで世界は西洋文化主導で進歩してきましたが、天命数霊術が浸透すれば、アジアの漢字で名付けする国が世界をリードしていけるかもしれません。バレーの世界も西洋人の体系には敵わないという固定観念を払しょくしてくれた嬉しいニュースです。
ミント 2012/02/08 4:36 PM
ミントさま
 お久しぶりです。コメントは素晴らしい思考なので、9日の本文に紹介させて頂きました。「9」系列の日本人が増えれば、文化面のみではなく、政治・外交・経済・スポーツ面でも、国際的にリードして行きますよ。
望月岳陽



チャンネル登録よろしくお願いします



gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。