固定観念は、理由さえ立てば拘らなくても良い

四方山話
06 /08 2016
2012.02.03 Friday - 10:21 comments(0) -
[第1513回](小吉)・・・2月3日(小吉)

『 世の中の全てのもの、昔からの「固定観念」を承継して良いものと、あまり感心しないものがありますね。節分の”恵方巻”の巻き寿司はまだ良いが、洋風のロールケーキなど、実に馬鹿げたものですよ。』
 節分の”固定観念”と言えば、「福は内!鬼は外!」の節分。
 ところが、この固定観念は、理由さえ立てば拘らなくても良いものです。
 全国の神社の中には「福も鬼も内!」もあり、「鬼頭家・鬼塚家」でも同様の仕来たりがあります。
 ところが、京都・綾部藩九鬼(くき)家では、江戸時代から「鬼は内!福は外!」と、全国の仕来たりとは、全く逆ですね。
 「福も鬼も内!」というのは、「悪人も改心すれば善人!」という趣旨から”寛容の精神”を説いたものであり、どうしても改心できない人を”悪魔”と言い、「悪魔は外!」と付け加える神社もあります。
 さて、京都の綾部藩九鬼(くき)家の先祖は、有名な熊野水軍でしたが、江戸時代に内陸部に2万石の大名となった由緒ある名家です。しかし、当時の度重なる”飢饉”などで、庶民の生活は窮乏に喘ぎ、それは貧しい藩でした。
 そこで、九鬼家では節分には、”九鬼家”では質素節約の精神で「鬼(九鬼家)は内!」と言い、庶民には暮らしが良くなるように「福は外!」と豆をまいて、九鬼家の菩提社寺とも願ったそうです。
 その名残で、現在でも、全国に例はない「福は外!」との綾部や福知山地方では、”固定観念”にはとらわれない慣習があるのですよ。
 何でも、従来からの固定観念を遵守するなら、世の中の理系科学はもちろん、文系でも進歩はありません。
 そこで、日本中の説;「”九”は大凶!」という固定観念を踏襲しているのは、全く進歩がない説ですね。「なぜ?”九”が大凶なのか?」も考えもせず、「昔から伝わっていますから・・・」と他人のせいにして、プロとして研究心がないのが、全国の熊崎式を踏襲する説です。
 それならば、前掲の「九鬼家」の”九”も大凶でしょうか?
 ”九”が付いた上流公家「九条家」の”九”も”大凶”でしょうか?
 苗字に付けた由来も考えず、「”九”は大凶!」という固定観念に捉われているから、80年以上も進歩がない説が続いているのですよ。
 「固定観念」を打ち破る精神こそ、世の中が進歩するのです。
でも、進歩せず、単に商魂逞しい「節分の恵方巻き」、これで開運になるのなら、世の中に”病人”は存在せず、”事故事件”もない「この世の天国」ですよ。初詣や節分の恵方巻きで”開運”なら、震災で2万人近く死亡者が出ませんよ。大阪海苔協同組合から始まった「恵方巻き」、そんなもので”開運”などできるはずがありません。
 もう固定観念の「節分の恵方巻き」、海苔・寿司業者だけが”開運”であり、消費者の皆さんは、うまく乗せられているだけです。この固定観念は、バレンタインのチョコも同じ、男性がチョコを貰って、少しも嬉しくありませんよ。相手が本当に喜ぶものプレゼントするこそ”愛”を感じるのです。
 このように、固定観念は捨てましょう。
 例えば”たこ焼き”だって同じこと、”小麦粉”という固定観念にとらわれず、”米粉”を使用すれば、もっとモッチリして美味しくなりますよ。  



チャンネル登録よろしくお願いします



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。