スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和の時代劇大スター

名付けについて
06 /04 2016
2012.01.28 Saturday - 21:00 comments(5) -
[第1509回](大吉)・・・1月28日(中吉)

『 昭和の時代劇大スターと言えば、「長谷川一夫」か「中村錦之助」が”男前(今のイケメン)”の代表的な存在でした。ところが、ある姓名判断師により「萬屋錦之介」に改名してから、本人の病気や家族に”不幸”続き、ついに人気が落ち、64歳の生涯でした。いいですか、根拠のない”思い付き”で、改名を勧める姓名判断師に十分気を付けてください。』

 この類似の話は、最近、歌手「西川峰子」を「仁支川峰子」に改名して、すぐに「咽頭ガン」になりましたね。また、細木数子の助言で、タレント「おさる」を「モンキッキ」に改名しても、サッパリですね。
 要するに、改名(通称名を含む)する場合は、必ず「根拠・判断基準・実証例」の三条件を満たした説でないと、逆に運気がダウンすることがあります。決して、”有名な姓名判断師だ!”ということだけで、信じてはいけませんよ。
 何度も言っていますが、「占い・姓名判断」を受けるときは、必ず”質問”をして見てください。質問をして「昔から、そう言われています。」とか、質問を一切”シャットアウト”して、”怒り出す”占い師・姓名判断師は、まず”偽者”です。(私は、どんな質問でも受けています。)
 さて、昭和の時代劇を代表する大スター「中村錦之助」。抜群の演技力を誇り、イケメン・スターとして、映画界に君臨していました。(現在の「中村獅童」は、彼の甥になります。)
 ところが、1972年40歳のときに、京都在住の姓名判断師に「長男の小川一郎君は、名前が良くない。一郎君を改名するなら、家族全員を改名しないと効果がない。」といわれ、彼は「萬屋錦之介」に、再婚の夫人・女優「淡路恵子」→「小川阿紀子」、長男「小川一郎」→「小川晃一郎」、次男「小川昭一」→「小川照吏(しょういち)」というように一家を改名しました。
 ところが、その後、「淡路恵子」と離婚し、「甲にしき」と三度目の再婚。実子は、淡路との間に三男の小川晃廣がバイク事故死で、四男の萬屋吉之亮が、窃盗罪・家宅侵入罪で実刑判決で、若くして死去など、一家が不幸続きでした。
 その後、中村プロダクションが倒産し、莫大な借金を抱え、さらに、歌舞伎公演の最中に倒れて入院し、「重症筋無力症」と診断され、さらに「胸腺腫摘出手術」をしたりなど、改名後に病魔が次々に襲ったのです。
 そのころから、人気が衰退し「萬屋錦之介」の名など、往年の面影は無くなっていきました。 
 それでも、昭和の二枚目俳優としては、大成功を収めましたたが、私生活では、三度の結婚と二度の離婚など、さまざまな災難に巻き込まれ、改名の効果など見られず、40歳以降の運勢は散々でした。
 そして肺炎ため、華やかな二枚目スターは、64歳の生涯でした。

 いいですか、「姓名判断師」とは非常に”社会的責任”が重いのですよ。 一人の人生はもちろん、家族はもとより、有名人の改名であれば、社会的な影響が大きいのです。
 ですから、私は現在の”有名人の改名”はお断りして、2~3流人を1流人に昇運させるのが、天から与えられた私の使命なのです。ですから、現在の貧困・母子家庭からでも、将来、歴史に残る偉人・賢人を生み出すため、「命名・改名」をしているのですよ・・・。この精神は、人名ばかりではなく、会社も2~3流から1流へ(例えば、ユニクロなど)と昇運にするのが、私の残り少ない人生の使命だと思っています。

コメント
いつも興味深く拝見しております。この家族の改名前と改名後は、先生の占術でどのようにご判断されたのでしょうか?
山田 2012/01/29 11:01 AM
山田さま
 私の判断は、「中村錦之助」で大スターになっているのですから、何も改名の必要がないのです。それは「西川峰子」や「にしきのあきら」も同様で、改名により、逆に人気が衰退していくのです。「五木ひろし」のように、4度も改名して人気が出ない場合には改名して、5度目に大スターになりました。「錦之助」を改名した姓名判断師は、”一家改名”という”儲け主義”であり、決して「一流人を改名してはならない!」という道理が解からない人だったと思います。頂点にある人は、何かの事情で急に衰退することがあるからです。例えば、仮に「島田紳助」を改名していたら、姓名判断師の信用は丸つぶれでしたでしょう。「萬屋錦之介」など知名度がなく、「中村錦之助」を改名する必要はなかったのですよ。
望月岳陽 2012/01/29 11:27 AM
山田さま
 家族の改名は、おそらく熊崎式だと思います。このようなセンスが無い改名では、運気が好転するはずがありません。私なら「阿」→「安」、「晃」→「憲」、「照吏」→呼び名を変更する必要・次男に「昭一」の「一」は不適です。これを改名した人はプロの資質がないですね。
望月岳陽 2012/01/29 11:39 AM
改名前と改名後の天格・地格など画数の変化を具体的に知りたいです。
山田 2012/01/29 3:45 PM
山田さま
 詳しく説明すると、約1000文字になり、簡単にしか、記載できません。なぜ、このブログで前後を判断しなかったのか?その理由は、ちょうど”世襲の政治家”と同様、「中村錦之助」は歌舞伎名門である父親「中村時蔵」の”七光り”で、芸能界にコネがあり、有名になったという理由があり、必ずしも姓名判断どおりにならないからです。政治家の名門、麻生・鳩山家と同様、本人の姓名に関係なく総理になるのと同様です。でも「中村錦之助」天20・地10・補7・総37から「萬屋錦之介」天28・地12・補4・総44となり、”奇数7”の2ヵ所から”偶数”ばかりの改名になり、運気はダウン。子どもたちは、長くなりますので、ご自分で判断して見るのも勉強になるのですよ。
望月岳陽 2012/01/29 7:23 PM


チャンネル登録よろしくお願いします

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。