NHK「ためしてガッテン」

4・7タイプ
05 /15 2016
NHK「ためしてガッテン」;「パニック障害など撃退法」
2012.01.12 Thursday - 00:01 comments(0) -
[第1493回](小凶)・・・1月12日(大凶)

『 10人に1人が、"不安"が”不安”を連鎖し、日常生活に支障をきたす”うつ”が昂じて、”統合失調症やパニック障害”になる可能性があるということを、NHK番組「ためしてガッテン」で放映していましたね。”不眠症”から始まって、”心臓発作”が起こり、外出できず、そして引きこもりになるパターン。・・・』

 この原因は、脳の「背内側前頭前野」に”血流”が悪くなり、「不安」を”プラス思考”に転換する機能や「不安」を消滅させる機能が低下するそうです。でも、この「不安」から「不眠・ストレス・緊張」を、1日15分の脳の簡単トレで撃退する方法を放映していました。
 「不安」は20~30分で消えるものですから、「一つの不安から、次の不安を考えないことで、座禅の時のように、”無心”になることが”撃退法”の一つだ」と言っていましたよ。
 一般に「不安」の連続から”不眠症”になる人は、女性に多いことから、実例として、主婦「福原一実」さんと独身「石井みゆき」さんを紹介していました。
 私から見ると、何も寝てから「不安」に思うことを考えなくても、起きている時間帯に考えれば良いと思いますが、それができないのが”心配性”の性格なのです。
「福原一実」天格14・地格18・総格32
「石井みゆき」天格8・地格7・補格4・総格19
この二人、どちらも”心配性”には変わりはないのですが、その原因は異なり、福原さんは全て”偶数”で、天格14の”対外的な問題(周囲の人たち)”が気になる”心配性”です。これに対して、石井さんは天格が8の偶数のうえ、地格が7という神経質なことから”対内的な問題(自分の境遇や将来)”が気になる違いがあります。
 どうですか、何も原因を大学教授(人間科学科専門)が分析しなくても、「天命数霊術」では姓名判断で推定が付くのですよ。
 この撃退方法は、別に「座禅」などを組まなくても、私の「改名一つ」で「統合失調症・パニック障害・現代型うつ」などの人、次から次へと改善され、今では「心療内科」に通院したり、副作用の多い薬品も服用することなく、現在では「引きこもりから、正常な登校・家事や勤務に戻った人」は全国に十数人おられます。
 要は「改名」で、簡単に”心配性”の性格が、”楽天家”に変化するのですよ。
実は家内も、新婚時代の姓名は天格が「1」系列で”神経質で心配性”でしたが、天格「5」系列に改名してから、校内や生徒のトラブルにも、大らかな気持ちで接するようになり、教職員としての評価も上がり、生徒・保護者からの人気も高くなり、教育委員会も認め、定年退職後も3年間の常勤講師を依頼され勤務したほどなのです。
わずか、「名前の1字」を改名するだけで、人生は大きく好転するのですよ。
 これらの効果も、不思議なことですが”神亀の図”のパワーを応用した「天命数霊術」だからこそですよ。(それが、前日のブログのように、熊崎式の”人マネ”では、このようなパワーは出ないのです。) 


gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。