「平 清盛」の人柄

歴史人物鑑定
05 /11 2016
読!「平 清盛」の人柄;人の評価は政変により塗り替えられる。
2012.01.07 Saturday - 16:46 comments(2) -
[第1489回](大吉)・・・1月6日(小吉)

『 明日から、大河ドラマ「平 清盛」が始まりますね。昔から立場が変われば、事実を曲げてまで人の”評価”が変わります。特に歴史上の有名な人物ほど、その傾向があります。いや、現在でも”職場の人の評価”は、立場により異なると思いますよ。』
 現在までのブログで、「足利尊氏・明智光秀・徳川綱吉」なども、事実と異なる評価がされていると、投稿済ですね。(参考;[第304回]08.4.25)
古今東西を問わず、政変があれば、必ず反対派が実権を握ります。すると、新政権は必ず旧政権の評価を、誇張してまで下げるのは道理です。
 現在の日本、「消費税を上げる話題、マニフエストを実行できない話題」などは、約1000兆円の国債(借金)を背負い、そのうえ東日本の復興のためになった原因なのですが、その責任の大半は、旧政権にあった自民党などにあるのです。もし、借金がなければ、かなりの復興ができ、消費税も上げずに済むのです。
 しかし、その割には新政権の民主党は、旧政権の自民党などに、責めの発言をしないところは、とても紳士的だと私は評価しています。
 さて、平安後期に”栄誉栄華”を極めた「平氏一門」は、源氏によって滅亡され、新政権の鎌倉幕府に政変しました。ここに、旧政権の中心であった「平 清盛」の評価を、源氏の治世;鎌倉・室町時代の文献などで、評価を落として行くのは、自然の成り行きだと思います。
 『平家物語』では、「平 清盛」は”悪虐、非道、非情”の描写から、清盛は古来”成り上がり者”の暴君、という評価が定着していました。これは、新政権の源氏方からみれば、当然の評価でしょう。
 しかし、一方『十訓抄』では、実際の清盛の人物像として、「温厚で、情け深い人だった。」ともいわれています。『十訓抄』には、若い頃の清盛についてのエピソードがあります。
「家臣がとんでもない不都合な振る舞いをしても、”冗談”と思うことにした。」そうです。
「少しもおかしくなくても、相手への”労わり”として、にこやかに笑い、家臣が誤りをしても、役立たずと声を荒らげることはない。」
「冬の寒い時に、身辺に奉仕する幼い従者を、自分の衣の裾の方に寝かせ、彼らが朝寝坊をしていたら、そっと床から抜け出して存分に寝かせてやった。」なども記述されています。
 それに、「最下層の召使いでも、彼の家族や知り合いの見ている前では、一人前の人物として扱ったので、その者は大変な面目と感じて心から喜んだ。」
という逸話が記されています。
 特に、この終りの例は、現在の職場でも上に立つ管理者は、部下に対する扱いには留意する必要があります。(「しかる時はコッソリと、褒める時は皆んなの前で・・・」という精神を忘れた上司が会社には多いのでは? しかし、緊急事態に遭遇した警察・消防・自衛隊などは例外の職場です。)
 しかも、「平家物語」で”極悪・非道”の人と評価された「平 清盛」でも、若い頃に世話になった藤原顕時の息子である「藤原行隆」が苦境に陥っていることを知り、援助を申し出るなど、”義理堅い”一面も描かれています。
 また、立場が異なり、平氏に反目した摂関家では、「平 清盛」の”非道”を示す「殿下乗合事件」では、『平家物語』のフィクションであって、実際には非道な報復を行ったのは「重盛」であり、「清盛」はむしろ「基房」に”謝罪的な行為”を示したのが事実であったのが、後世の定説になっています。
 さらに、『愚管抄』では、「如才なく諸方に気を配る人物であった。」とも記述されていますが、政権の末期には権力を維持するため、院・摂関家・寺社勢力と対立していく過程で、強引な手段に出るようになり、評判も悪くなったのが事実です。
 それに、迷信は信じないタイプであったのか、厳島神社建築のための「音戸の瀬戸」の航路工事や貿易港の基礎工事「経が島」でも、清盛は「”人柱を廃止し、経文を彫った石を人柱の代わりにした。」という伝承があるなど、”極悪・非道”どころか、”人道的な優しい心”もあったと伝えられ、現在でも広島・音戸町の住民は、「平 清盛」を尊敬し、必ず呼び捨てにせず「清盛さん」と言い、小学校校歌の歌詞にも採り入れています。それに「清盛ラーメン」のネーミングもあるそうです。
 まあ、以上の「平 清盛」に対する評価を認識したうえで、大河ドラマをこの1年間、観賞してください。 

コメント
大河ドラマはいつも見ています。
「平清盛」は平家物語の冒頭部分の影響を受けたせいか「悪者」という認識がありましたが、「すごく出来た人」だったのですね。私も「平清盛」の様に子供や人に接しなくては…と思いました。
華愛 2012/01/08 7:01 AM
華愛さま
 世の中の人の評価は、一方だけの評価を信じては間違いの元なのです。例えば、近所の評判でも、嫉妬深い女性は自分より美人であれば、誇張したウワサを流します。それを真実だと思い、さらに他人にウワサを流す軽率な女性が多いのです。これは週刊誌に書かれたタレントなどの評判もそうです。必ず、自分で確認できないことは、額面どおり信じてはいけません。
望月岳陽 2012/01/08 11:04 AM


youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。