”実名”と”雅号・字(あざ)”の違い

歴史人物鑑定
04 /26 2016
2011.12.23 Friday - 11:51 comments(2) -
[第1474回](小凶)・・・12月23日(小吉)

『 1字名には、”実名”と”雅号・字(あざ)”の違いがあることも、記憶していてください。』
 昨日の「橋下 徹」大阪市長の名で思い出したので、ネーミング知識の一つとして、今日の投稿としました。
 同じ1字名でも、俳優「渡辺 謙」の”謙”は実名ですが、俳優「松平 健」の”健”は雅号(芸名)です。
 ところが、現在でも文化人の中には、これ以外に1字名の「字(あざ)」を使用している人もいます。要するに、単に1字名と言っても、この3種類があるわけです。
 水戸黄門のドラマの1コマ;「おお、これは光圀公よりの書状だ!」
と、手紙の裏に「梅」の1字を見て、大名や家老が恐れ入って拝読するシーン。この「梅」は、目下の者に出す手紙として、1字名の「字(あざ)」を記入することもあったのです。
 また、天皇・公家や上流武家、また当時の文化人が読む「和歌・俳句」などにも、1字名の「字(あざ)」が使用されていました。
 例えば、正親町天皇→「松」、三條西實枝→「龍」、豊臣秀吉→「松」、毛利輝元→「本」、一休宗純→「本」、千利休→「易」、大徳寺沢庵→「南」・・・など、1字名ですから同じ字体がダブったのも多かったのですが、それが簡素で風流な名として、珍重がられた時代もありました。
 余談ですが、私の「風水神仙道霊符額」の金文字で記す「字(あざ)」は→「岳」の1字のみです。
 さて、皆さんの関心があるのは、実名の1字名でしょうが、実名は出来る限り2~3文字が”語源”からの運気を多く呼ぶので良いのですが、中には、「先祖から実名も1字名が続いていますので、子の名付けも1字名でお願いします。」という依頼もあります。
 もともと、1字名は中国伝来の風習でしたが、日本では平安末期の源氏の分家:大坂・西成荘園の「渡辺(源)融(とおる)」から、なんと現在まで1字名が続いている家庭もあります。
 でも、皆さんが、「どうしても1字名にしたい」というご希望なら、余ほど”画数・語源・音感・字形”の良い字体を選択されないと、希望どおりの運勢にならない場合がありますよ。雅号・字と異なり、使用頻度の多い”実名”にするのですから、細心の注意を払ってください。
 一応、語源の良い字体は、「徹・憲・誠・俊・優・慶・晃・龍・稔・樹・聡・諭・謙・譲・隆・・・」など、比較的画数が多い字体が”安定感”があります。
 しかし、現在流行の「希・絆・栞・翔・歩・憂・桜・桃・楓・裕・佑・怜・岬・夢・航・舞・響・・・」などの字体は使用しないでください。なぜか?その理由は解りますね。
 どうですか、1字名にも3通りの「実名・雅号・字(あざ)」があることも理解されましたか・・・?

(お礼)
 私の誕生祝いに、お菓子類・食品など、それにご寄付の振込みなども頂戴しまして有難うございました。私の健康が続く限り、間違いが多い説を正すため、ブログを継続して行きますので、皆さんも普及方、よろしく願います。 

コメント
一文字の名前は難しく、よほど運気のよい字体でなければ損してしまうのですね。そこで他説の様な霊数1は非常に不可解です。
k919 2011/12/23 9:36 PM
K919さま
 そうですよ。1字名は、1字体ですから、”潜在的画数”と”語源”からの運気を損する場合がありますし、1字名が増えると同姓同名も増えるのです。そのため、中国では、中世ごろに「1字名の禁止して2字名」をしたことがありましたが、後世また1字名が増えてきました。そのため、苗字1字姓も名も1字名であれば、国民の大半が「霊数1」を加えることになり、熊崎式は「全く”無意味”な説」ということが解りますでしょう。なぜ?こんな道理が解らないのか?全く不可解な説です。
望月岳陽 2011/12/23 11:45 PM



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。