童謡歌唱コンクール

03 /27 2016
2011.11.20 Sunday - 00:17 comments(0) -
[第1446回](小吉)・・・11月20日(大凶)

『 文部省唱歌「故郷(ふるさと)」を聞けば、何歳になっても、どこに住んでいても、”郷愁”を感じる名曲ですね。』
「兎追ひし かの山
 小鮒(こぶな)釣りし かの川
 夢は今も めぐりて
 忘れがたき 故郷(ふるさと)」
     ・・・・・・・・・・・・・
 山形・寒河江市の「高橋 慶」さん(16)=山形北高2年=と「高橋 麗」さん(15)=陵南中3年=姉妹が、東京で今月開かれた「全国童謡歌唱コンクールグランプリ大会」の大人部門で最高賞の”金賞”に輝きました。 東日本の被災地への思いも込めて、「故郷(ふるさと)」を歌い上げ、聴衆も郷愁に涙し、会場と一体化したようだったそうです。
 (皆さんも、「童謡 ふるさと」を検索して、動画で聴いて見てください。)
 2人のご両親は、いずれも東京芸大卒で声楽家として活躍する夫妻。「家族でいると自然に歌う」という音楽一家で育ち、姉妹で地域の合唱団に所属したり、声楽コンサートに出演したこともある。テレビでこのコンクールの存在を知り、挑戦を決めたとのこと。
 約100作品が寄せられたテープの事前審査に通り、仙台市で8月に開かれた東北ブロック大会に出場。最優秀賞を受賞し、グランプリ大会代表となった経緯です。
 「楽しく歌えればいい」と今月3日の本番に臨んだ。透き通るようなハーモニーで聴衆を魅了し、審査委員長を務めた作曲家湯山昭さんは「東日本大震災の被災地と同じ東北から『頑張ろう』というメッセージを伝えているようだ」と講評したという。
 「日本の故郷の美しさを思い浮かべ、被災地の復興への願いも込めて歌った」と振り返る2人。
 さて、この姉妹の名付けは、現在の女性には珍しい「1文字名」ですが、ご両親が相当に熟慮されて名付けられたと推測されます。
「高橋 慶(けい)」天格25・地格16・総格41
「高橋 麗(れい)」天格29・地格16・総格45
姉妹二人とも、”偶然”か”必然”か?「9・5・1」が2ヵ所ある良い名付けですが、ただ「慶」の字体が1文字のみですから、男性と区別が付きにくいのが難点だと思います。大リーグの「井川 慶」選手は男性ですが、”子”がつく「慶子」さんは昔は沢山おられ、現在でも女優「斎藤慶子」さんもいますので、”慶”自体は女性が使用しても良いと思います。
 ご両親が声楽家ですから、遺伝もあるでしょうが、それでも全日本でトップになるのは、やはり姉妹二人とも「”運気”が良い姓名のお蔭」と「故郷(ふるさと)」の選局が、特に今年は良かったのでは・・・?
 この童謡「故郷(ふるさと)」は、「横田めぐみ」さんなど”拉致被害者”も、北朝鮮の空を見上げ、新潟や鳥取の故郷を想いながら、口すさんでいるのでは・・・? 歌詞2番の「いかにいます父母・・・」と、老いたる両親を想いながら・・・。


youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。