貧困の家庭から、日本を代表する文化人

03 /10 2016
2011.11.03 Thursday
-
01:08
comments(0)
-


[第1430回](小吉)・・・11月3日(小吉)

『 "文化の日"で、一番先に思い出すのは、貧困・無学歴でも偉大な小説家「(故)松本清張」氏ですよ。世の中の「広い知識と深遠なる人間の心理」を、これほど的確に表現した人は、将来の日本に再び誕生しないでしょう。この人こそ、ノーベル文学賞に相応しかったと思っています。』
 昨晩の民放番組「松本清張・特別企画番組」で、代表作の一つ「張り込み」を観て、改めて感動しましたよ。
 私は若い時から、松本清張のフアンですから、短編も含めて約200冊は読んでいますから、次の代表作品の原作は、もちろん読んでいます。
 (この「松本清張」に関するブログは、[第547回08.1.8]に投稿済。)
  代表作は、『或る「小倉日記」伝』『点と線』『眼の壁』『ゼロの焦点』『砂の器』『Dの複合』『張り込み』などのほか、歴史時代小説・社会小説など沢山あり、どれもが代表作になるほど素晴らしい作品ばかりです。
 さて、「松本清張」は広島生まれの下関育ち。そして小倉で給仕の仕事から人生が始まっていますが、父親が行商で転々と転居していましたから、小学校・高等小学校(現在の中学校)もマトモに勉強できなかったにもかかわらず、その知識は多方面にわたり、専門教授以上の能力がある作品もみられます。 不思議な能力ですよ。もちろん親の遺伝でもなく、一流大学や留学した訳でもなく、いつの間に”神がかり”と思える能力がついたのか? これも”謎?”です。

「松本清張」天格19・地格16・総格35

この数の配列も、天格19であり、「9・5・1」が2ヵ所あるベストのパターンです。それに"松の根本が、清く張る"という語意も素晴らしいですね。
 前述の謎の能力も、やはり「神亀の図」のパワーが授けたのであり、ここにも”9こそ最大吉数!”だとも、証明できますね。
 これについて、3年前のコメントを頂きましたが、最近、このブログを読み始めた方のために、改めて紹介しましょう。
(原文どおり)
『 私が 先生ブログを拝見するきっかけになったのは、…もう20年程前に勝手に私の姓名判断をしてくれた自称「占い師オバサン」がおりまして…(熊○式?) その際、お節介にも「9・19画数は最大凶数」とか、「16画は仏様に守られている数」、「17画は美人数」など…少し教えて下さいました…。
 しかし だんだんと疑問に思い始めました…。ちなみに自身も あまり良くない姓名判断でしたが…(笑) イチローは9画なのに何で大活躍か?と余りに矛盾が多いからです! また、名前が17画でも美人と限らない確率も多過ぎました(笑)
 今日の先生のブログを拝読し…改めて奥が深く(語源も)そして 勉強するのが大変楽しい学問だと思いました!』([第548回08.1.9])
とのコメントを頂いたのです。
 本当に、このコメントのとおりですよ。
 もし、「9・19が、”最大凶数”なら、「松本清張」も「福澤諭吉」も貧困の家庭から、日本を代表する文化人は誕生していませんよ。もちろん、現在の「イチロー」も「浅田真央」も存在していなかったはずです。
このような実証例に対して、「果実の”皮”を啄ばむ」ような批判はありますが、「果肉に至る”真髄”をついた」批判は、どうにか無くなったようです。   

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。