母親に捧げた作品

03 /03 2016

2011.10.28 Friday
-
00:59
comments(5)
-


[第1425回](大吉)・・・10月28日(中吉)

『 芸術芸能は、人の好みや価値観が異なれば、その評価も異なる。しかし、若い頃、事故で頚椎を損傷し、両手足が動かず、”口”で描く詩画作家「星野富弘」氏の作品は、感動するほど素晴らしい。全国での個展には、400万人も訪れたそうです。』
 昨夕のNHK「ゆうどきネットワーク」で紹介されました。
 なんと、”口”で描いたとは、とても思えないほど、”上品で優雅な筆つかい”で、淡い水彩画に”詩”を添えてある。この絵から見れば、「岡本太郎」の絵画など、「芸術は爆発だ!」という”気品がない”作品よりも、遥かに心を癒される。(絵は「星野富弘」を検索して観てください。)
 人には、いろいろな才能があるものですね。五体満足でも私など、書はできるが、絵はからっきしダメなんです。
 さて、紹介されていたのは3~4点ですが、個展で鑑賞客が立ちすくして、感動の涙を誘うのは代表作「ペンペン草の詩と絵」です。
 この絵は、同氏が9年間の闘病生活の中で、ベッドの中でいつも介護して肩を凝らしていた母親に捧げた作品なのです。(現在も車イスの生活です)
 この絵に書き添えてある”詩”が感動ものです。
『 神様がたった一度だけ
この腕を動かしてくださるとしたら
 母の肩をたたかせてもらおう
 風に揺れる
 ペンペン草の実をみていたら
 そんな日が
 本当にくるような気がした 』

 また、もう一つ感動した詩は、
『 冬があり夏があり 昼と夜があり
晴れた日と雨の日があって
ひとつの花が咲くように
悲しみも 苦しみもあって
私が私になってゆく 』

 同氏は、若きころ、新任の体育科教諭であり、放課後クラブ活動指導中,器械体操をしていて首の骨を折り、手足の自由を失ったのです。
 それからというもの、65歳の現在まで、車イスの生活であり、しかも両手足が動かない生涯だとは、誠にお気の毒です。
 これに比べれば、五体満足で”うつ”や”ストレス障害”などの病は、まだ健康運は恵まれていると思います。
 ですから、「人の健康」とは・・・? どこから健康で、どこから不健康なのか・・・? また、どこから絵や詩の「創造力・表現力」があるのか? ないのか?  この判断は、人により、好みや価値観で異なるので、あの有名な「ピカソ・マチス・ゴッホ・岡本太郎・・・」などの抽象画や印象派が素晴らしいという人もいれば、私などこれらの有名人より、「星野富弘・片岡鶴太郎・・・」などや「中世の宗教画・狩野派土佐派の日本画及び圓山応挙・岡倉天心・後藤純男など」の写実派が、余ほど感動する絵であり、創造力・表現力が優れていると、いつも思っています。
 このように人により価値観が異なり、「判断基準・分類基準」ができないので、「姓名判断は、絶対に”統計”ではない!」のですよ。(「姓名判断は、”統計学”に基づいています」という本やサイトがありますが、不可能なことを言っており、「真っ赤なウソ」と、覚えていてください。)

「星野富弘」天格21・地格16・総格37

一見、この姓名で”事故”に遇い、”詩画”に才能があるとの判断は難しいのですが、”潜在的効用”で判断して見てください。
 天格21では「9・5」系列ではないので、天格の中には、「富」の”事故”を呼ぶ「12画」が含まれており、また、地格16の中には、「弘」の5画と”ひ”の音感が含まれ、”創造力・表現力”が潜在的にあると判断してください。

 この「星野富弘」氏など、生涯「車イス」で、しかも両手足が動かない人から考えると、五体満足に感謝せねばなりませんね。   



コメント
天格に‘12画の漢字’が含まれると、事件事故に繋がるのですか。例え天格に‘12画の漢字’が含まれていても、例外となるのはどのような場合でしょうか。
R29
2011/10/28 6:54 PM

R29さま
 天格が「9・5」系列なら、例え「12」画の字体が含まれても、顕在的効用で「9・5」が優先しますが、この場合、天格21ですから、特に「12」画の漢字を使用する必然性はない訳です。そこで「12」画の漢字のうち ”語源”が良い人名漢字をすれば、”事件事故”を中和しますが、「富」は”苦労性”の字体であり、「12」画でも使用して良い例外の字体は「晴・敬・敦・陽・惣・達・絵・登・賀・・・」 であり、「勝・富・貴・善・喜・博・智・葉・順・・・」などは、人名には使用しない方が良いのです。この事例の「富」でも、天格「9・5」系列の場合は使用しても良く、例えば「村山富市」氏(天格19;元・首相)のような場合は中和するので良いのです。望月岳陽
2011/10/28 7:36 PM

有難うございました。私は天格24ですが‘結’の12画が含まれています。‘結’は人名に使用して良い字体ですか。天24地9総33で誕生日は9日です。多少は12画の凶数も中和されるでしょうか。知識不足ですみません。
R29
2011/10/28 8:11 PM

R29さま
 使用して良い字体に「結」が抜けていました。原則として「糸へん」の字体は”糸”のように長く続く、という語源なのです。貴女の天格は「24」(小吉)で、「4・14・34」(小凶~中凶)と異なり、しかも地格「9」と「9」日生まれですから、”事件事故”の可能性は低いので、心配はありません。 望月岳陽
2011/10/28 8:37 PM

星野富弘さんの絵本は、たまたま中学校の週1回のクラブ活動の際に、担当の先生が紹介してくださいました。クラブでは、星野さんの詩を点訳して視覚障害者の方に送っていました。星野さんの絵は、素朴で温かみがあると思います。
太宰ファン
2011/11/04 9:39 AM


youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。