全国のどこかで”事件事件”

0・2タイプ
03 /01 2016
2011.10.26 Wednesday
-
00:17
comments(0)
-


[第1423回](小吉)・・・10月26日(小吉)

『 毎日、全国のどこかで”事件事件”が連続して発生。それも、殆どが「天命数霊術」の「4・7」タイプの加害者、「0・2」タイプの被害者が多いのに、ウンザリするほどですね。』

  それに”事故車”、「車のナンバー」は、下2桁が「02・12・22」が多いですよ。
 さて、1昨日の「品川区のタクシー線路に転落事故」のニュース。
「 東京・品川区西大井の道路から線路上に転落したタクシーとJR横須賀線の車両が接触した事故で、転落した個人タクシーの運転手「栗原 勝司」さん(74)が、昨日未明、病院で死亡されました。  栗原さんは、肋骨などを折っており、内臓が傷ついた可能性があるという。タクシー乗客の男性(56)は、左腕の骨を折るなど重傷だが、命に別条はないそうです。  現場の路上にブレーキ痕はなく、栗原さんが運転を誤ったとみて詳しい事故原因を調べているとのこと。  事故は24日夜に発生。線路上方の区道を走っていたタクシーが、カーブを曲がりきれずフェンスをなぎ倒し、約7.5m下の線路に転落。千葉発横須賀行き普通電車(15両編成)と接触したが、電車の乗客約1500人にけがはなかった。」
とのことです。

 この栗原さんは、特に個人タクシーですから、営業許可条件は厳しく、運転歴は数十年無事故のベテランで、74歳の年齢から見て、それほどスピードを出してはいないと推測されます。それなのにカーブを曲がり切れず、しかも減速のブレーキ痕もないとは・・・? おそらく”脳梗塞・くも膜化・心臓発作”など、いずれかの急病で意識を失ったしか考えられません。  先だっても、観光バスや通勤バスの運転手が運転中、”急病”で意識を失い、死傷事故が2~3件ありましたね。

 さて、栗原さんの姓名は、
「栗原 勝司」天格22・地格15・総格37
この配列では、通常の場合「天格22」であっても、「奇数:偶数=2:1」であり、しかも地格に「5」系列があるのですから、事故事件の災難を避ける人もいます。しかし、この天格22は、余りにも条件が良くないですね。

 それは、2つの理由;①天格22の中に、「勝=12」が含まれている。②「勝」の”語源”から観て”弱運”です。
 そのうえ、このタクシーのナンバーは、下2桁が「12」だったのですよ。 すると、どうでしょう。”姓名”の二つの理由と”車”の「12」から、事故が発生する可能性は、非常に高くなります。

 これが、今回の「タクシー線路に転落した事故」の原因だとは・・・?  司法関係者の誰も気付かないでしょうね。
 
「天命数霊術」を勉強して、このブログを読んでいる皆さんだけでしょう。私の説は、”姓名”一つで世の中の”事件事故”も減少させることができるのですよ。これが、日本中の説(対外的運気は、外格「栗+司=15=大吉」)では、サッパリ説明が付かない事故でしたね。



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。