スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親が愛情持って名付けたものがベストなら

0・2タイプ
02 /29 2016
2011.10.25 Tuesday
-
17:33
comments(0)
-


[第1422回](大凶)・・・10月25日(大吉)

『 親が愛情持って名付けたものがベストなら、この世に”死刑囚”もいなければ、事故事件で”死亡者”も存在しない。この道理を理解していない人が実に多いですよ。』

 さて、今日のニュース。熊本地裁判決(裁判員裁判)で、”死刑”判決。
「熊本市と熊本県宇土(うと)市の民家に押し入って計3人を殺傷、現金を奪ったなどとして強盗殺人罪などに問われた熊本市城南町、無職「田尻賢一」被告(40;当時33)の裁判員裁判で、熊本地裁は25日、求刑通り死刑を言い渡した。
判決によると、田尻被告は04年3月13日、宇土市の医院長宅に侵入、妻の「中津千鶴子」さん(当時49歳)の頭や顔をスパナで殴るなどして殺害し、現金18万円余りを奪った。また今年2月23日、熊本市の会社役員「右田孝治」さん(72)方で、妻「右田美子」さん(当時65歳)を刺殺し現金約10万円など強奪。更に帰宅した右田さんの胸などを刺し大けがをさせた。

田尻被告は、熊本市の事件後に出頭し、逮捕後、宇土市の事件を供述。弁護側は両事件とも自首の成立を主張したが、検察側は宇土市の事件について、被告が取り調べで供述しており、自首には当たらないと指摘していた。」とのニュース。

 さあ、この事件の関係者4人を観てみましょう。

★加害者「田尻賢一」天格20・地格6・総格26
「罪を憎んで、人を憎まず。」の法哲学の理念が”死刑囚”にもあるのですよ。この「賢一」被告が生まれたとき、両親は「”賢い人”になって欲しい。」と、愛情を持ち、将来の成長を楽しみに、名付けられたと思います。
 しかし、現実は親の希望どうりに行かず、なんと男性には”弱運”の「6」のダブりしかなく、対外的な運気は「0(ゼロ)」なんです。
 同じダブりでも「9」と「5」ならば、天格「0」系列でも、このような重犯罪を犯す運命にはなっていないのですよ。
 このタイプは、「4・7」の”切れ易い”衝動的な犯罪ではなく、「0・6」の”内向性思考”のストレス障害からの犯罪なのです。
 本当に、気の毒な名付けであり、姓名の効用も知らず、死刑判決となったのですよ。
★被害者「中津千鶴子」天格7・地格30・補格3・総格40
この姓名は、天格7の奇数があっても、「9・5・1」が1つもなく、「0」が2ヵ所あり、”凶気”を避ける天格7が生かされない姓名です。
★被害者「右田孝治」天格12・地格13・総格25
この姓名、”事故事件”を呼ぶ「天格12」であり、次の地格が「9」系列ではないため、外部からの”凶気”を避けられない運命にあるのです。
  でも、総格25があり、重症でしたが殺害死を逃れました。
★被害者「右田美子」天格14・地格8・総格22
この姓名は、全て”偶数”であり、「9・5・1」が一つもなく、外的な”凶気”を避けることが出来ず、その結果、総格22から、”事件事故”の殺害死となったのですよ。しかし、天格14(7×2)の中に「美=9」を含んでおり、地格8でしたから、「とてもシッカリした思いやりがある賢い方だった」と判断できます。でも、”凶気”に負けてしまったのは、お気の毒でした。
      
   ☆     ☆     ☆

 このように、何度も投稿していますが、「親が名付けた姓名は、必ずしもベストではなく、何歳になっても、”事件事故”や”病気”を避けることができない事例もある。」ということ、もうイヤと言うほど解りましたでしょう。  


gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。