”発想の転換”で発明・発見

四方山話
02 /26 2016
2011.10.21 Friday
-
23:00
comments(0)
-


[第1419回](大吉)・・・10月21日(大吉)

『 ”発想の転換”で発明・発見があり、世の中は進歩します。これは成功者の格言であり、従来から私の持論です。これは、姓名判断でも同様、常に発想の転換で進歩がなくてならないのですよ。 』
 さて、TVのスイッチを入れると、今日から始まった民放番組『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!』という長~いテーマで、所ジョージ司会でしている途中でした。

 例えば、市販の「串団子」を春巻きの皮に包み、180度の油で揚げる。すると、”2つの違った食感”が味会える、との実演、試食していました。  食文化の進歩で、1つの味(食感)で満足せず、2つの相異なる味(食感)を組み合わせを求める日本人が多くなりつつあることです。  例えば、私が好きな市販の「雪見だいふく」などそうですね。外側は”餅”中味は”バニラ・アイス”などは、正に”新発想の商品”!

 私は一日も料理は習っていませんが、工夫すれば、3つ星のレストランよりも美味しい料理が作れますよ。それは、従来の食材にこだわることなく、発想の転換で、新・料理が出来るからです。
 例えば、「カレー・チラシすし・青椒肉絲(チンジャオロース」にしても、従来の食材ではなく、いろいろと工夫してみると、調理師が作ったものより、美味しいものが出来上がります。

また、例えば市販の「ふかひれスープの素」と「ポタージュ・こんスープの素」を混合すると、とても美味しいスープになります。
何度も投稿済ですが、「なぜ?たこ焼きは、”蛸”にコダワルのか、解りませんね。”えび””かに”でも、それに”豚肉”でも良いではありませんか? それに”とろけるチーズ”を入れる。そのうえ、”小麦粉”ではなく、”米粉”に”餅米”をブレンドした粉を使用、それも”炒り米”を粉にすれば、さらに香ばしくなり、日本中どこにもない”かにチーズ焼き”で、商売すれば口コミで広がり”行列ができる店”になること、請け合いですよ。」
というのが、新・発想の例示ですよ。

 さて、姓名判断の説でも、古い伝統があるのが良いのではなく、絶えず工夫して、新しい発想の下で”的中率”をあげ、社会に貢献せねばなりません。この相反する食材から、新しい料理ができるように、私は「昇順数、還元的・顕在的・潜在的効用」などの”秘伝”を開発したのです。

  例えば、昇順数は「7→8→9」であり、相反する食材のように「7」「8」「9」の数の性格は、”それぞれ特徴をもった異質の数”を組み合わせると、”総合的にバランス”がとれた人格者になるパターンを開発した訳です。これに準じる配列は「天9・地7・総6」の組み合わせも、文武両道の才能がある人にもなります。(「9」と「6」に挟まれた「7」は長所が出てきます。例えば、イトーヨーカ堂創業者「伊藤雅俊」氏のように。)

 冒頭の「所さんの番組」から、学校では教えない”発想の転換”に共感を覚えて、今日のブログとしたのです。
 どうですか? 皆さん、このブログは、タレントのブログとは、一味ちがった”食感”があるでしょう・・・。 



youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。