スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

児孫の為に、”美田”を残さず

4・7タイプ
02 /04 2016

2011.09.23 Friday
-
11:50
comments(2)
-


[第1394回](小凶)・・・9月23日(小吉)

『 今日は「秋分の日」(彼岸の中日)、墓参りして先祖が一番喜ばれるのは、何と思いますか? 』
 かって、西郷隆盛が「児孫の為に、”美田”を残さず」と言った格言は、余りにも有名ですね。子孫に財産を残さないということ意味です。
 これは、世界的な資産家が多いユダヤ人も、基本的には、同じ理念です。
 彼らは、子供に"教育"(人格)を残し、"美田"(財産)は残しません。
 仮に”美田”を残しても、特に、三代目になると、その財産に頼り、贅沢な暮らしで、真の人格者にならず、家を潰してしまうことが多いのです。

 事業でも、二代目は創業者の苦労を知っているから、事業を承継しても、そんなに無茶はしない。しかし、三代目になると、生まれたときから”御曹司”の贅沢な暮らしで、創業者の苦労を知らないから、身代を潰してしまいます。(関連ブログ;[第167回07.11.22][第1270回]11.5.10)
ですから、逆に三代目を”教育”により、名君・賢人なるよう育てると、事業や家系は 、十五代以上も続いて行く史実(三代目の名君「足利義満」「徳川家光」など)があります。

 さて、昨日からのニュース。
★「大王製紙」前会長;御曹司が84億円の借金で退任★ 
『 エリエールのブランドで有名な「大王製紙」は、創業者一族の三代目「井川意高」前会長(47)が、子会社から約84億円の融資を受けていた問題で、現時点の融資残高が約55億円に上ると発表した。これまでは約50億円と説明していた。社内外のメンバーで構成する特別調査委員会が、10月下旬をめどにまとめる調査結果次第では、背任罪などでの刑事告訴も検討する。』
とのこと。

三代目「井川意高」天格17・地格13・総格30
二代目「井川高雄」天格14・地格15・総格29
創業者「井川伊勢吉」天格10・地格16・補格6・総格32

この三人を比較しますと、創業者(祖父)の姓名から、非常に苦労して戦前に操業し始め、戦後の経済復興の”洋紙需要”の波に乗り、成長して来た”苦労人”であったことが解ります。それを受け継いだ二代目は、「9・5」の2ヵ所ある人格者であったことが推定できます。

 ところが、三代目の姓名は、地格13と総格30、及び天格17の中に「意=13」を含みますので、「3」の要素が多く、穏やかな人柄に見えますが、やはり「9・5」がない”3"の偏りから、何か”凝り性・気まま”のところがあります。
 そのことの資金として、天格17から”自己主張”が強く、”理性”を失なった結果の約84億円の私的な借金だったと思います。
 ところが、それが成就することなく、借金だけ残ったのは、四つの原因が考えられます。
①「9・5」の”成功数”がなく、「3・7」タイプは、”心と行動”が一致しない”意外性”がある。
②総格「30」のように”ゼロ”は、天格・地格に「9・5」の”成功数”がないと、その”ゼロ”は”不成就数”であり、”無に帰す”ことが多い。
③「高」の字体が、父親からの”通し名”であり、お互いに「運気の吸引作用」で、運気は安定していない。
④「意」の”心”で支える字体は、「意高」のように上ではなく、逆の「高意」なら、”理性”を呼び”安定感”がある。
 ざっと、以上のような原因が考えられます。
 さて、先祖供養は、「盆より彼岸が大事!」と投稿済ですね。井川家のご先祖に、子孫が”墓参り”して「大王製紙」の現況を報告しても、果たしてお喜びになっているでしょうか・・・?
そして、これから5代10代後の子孫が「平成時代の三代目の先祖は、立派な方だった。」と、”彼岸”に墓参りしてくれるでしょうか?
 「子孫には、”美田”を残さず、”教育”で人格者として残すべきです。」(この”教育”とは、知識や学歴ではなく、”人の道”です。) 



コメント
「美田を残さず」、国内外を問わず、著名人や要人の方々も遺産は子孫には残さず、財団への全額寄付を生前から宣言し、準備されているケースが多いそうです。財産という美田を遺さずとも、受けた「教育」が良いもので、姓名が良いものであればまた自ら美田を造り上げることができますね。受けた「教育」への感謝を忘れず、幸福な人生を送るのが先祖供養になるのかもしれません。
2011/09/24 1:07 AM

kさま
 そうです。親の遺産を当てにする人に、真に人格者はいませんよ。昔から一代で資産を築いた人が、本当の偉人です。現在の日本一の資産家「孫 正義」氏も一代で築いた方です。それに知的財産や名誉を一代で築いた人には「福澤諭吉」や「野口英世」などは、遺産はなく、一代で紙幣の顔にもなる人になったのが、本当の偉人でしょう。子孫に美田を残すと、逆に子孫をダメにしていまいます。望月岳陽
2011/09/24 9:03 PM

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。