”介護疲れ”

0・2タイプ
01 /29 2016
2011.09.17 Saturday
-
03:57
comments(0)
-


[第1389回](大吉)・・・9月17日(小吉)

『 先進国の日本? それでも”哀れ”な犯罪もある。またまた”介護疲れ”から、認知症の妻を殺害した高齢の夫。楽しいはずの余生が、余りにも悲しい事件です。』
 昨日のニュース。またまた老々の”介護疲れ”からの殺害。
 東京・目黒区の住宅で、77歳の夫が、74歳の妻の首を絞めて殺そうとしたとして自首し、殺人未遂で現行犯逮捕されました。妻はその後死亡したので、殺人罪の容疑になりました。夫は「妻は認知症がひどく、看病に疲れた!」などと供述しているということです。
 妻の殺害として逮捕されたのは、無職「廣瀬末次」容疑者(77)で、自宅の寝室で殺害されたのは、妻の「廣瀬京子」さん(74)です。
ニュースとしては、これだけの事実です。
 でも、一つの事象から”視野を広げ”て、”思考すること”が、あなた自身の人格を高めることになるのですよ。特に、姓名判断師として、人生の助言することの高揚にもなります。
 このような事件の裏には、政治・社会問題も含まれ、先進国の日本で、「老々介護の疲れから、やむを得ず妻を殺害」など、北欧諸国の福祉国家と対比すれば、先進国として、とても恥ずべき事件なのですよ。
 でも、今日はこの視点からの問題は別として、人の生涯を振り返ってみましょう。
 皆さんは、まだお若いので、老後の人生など考えもしないでしょうが、それでも核家族の現在、ご両親が、このような事件になる境遇にならないとも言えませんね。
 今、私は「人生の並木道」(作曲;古賀政男)の歌をバックで聴きながら、ブログを書いています。人の一生は、実に”悲しいこと””苦しいこと”そして”楽しいこと”など、いろいろな体験して来るのが人生です。
 この事件の二人の人生など解りませんが、年齢から推測すれば、終戦の年が、小学6年生と小学3年生でしたでしょう。
 戦後の食料難の時代でも、それぞれのご両親が食べ盛りの子を病気や餓死させることもなく成長させ、そして勉強させ進学させて、社会に出て、「3つ違いの兄さん」との”初恋?”なのか、”お見合い?”なのか解りませんが、夫婦となられたと思います。
 特に、この年齢の方、日本の高度成長期に大なり小なり貢献されて来た年代です。現在、日本が世界の先進国と言えるのは、この年代以上の方のお蔭なのですよ。
 そのため、”楽しい余生”があっても良いのですが、神仏は不公平にも”認知症”という病気を与え、しかも特別養護施設にも入所できる”余力”(待機者も多く、経済的負担もできない人もいる)もないことから、やむを得ず、自宅での老々介護になるのです。
 このようなことを思考すれば、半世紀以上も連れ添った妻を殺害せざるを得ない境遇になること、誠に”人生の無情”を感じます。
 さて、このご夫婦の”恵まれない老後の人生”は、次のように苗字の画数が多い割には、名の画数が少なく、その龍脈(形)から見て”尻細く”なっていますので、”老後の安定感”に欠けるのです。
 このような苗字の画数が多い場合は、新漢字(「廣」→「広」)を使用するか、又は名を3文字にして、”重心を下げること”が必要なのですよ。
「廣瀬末次」天格20・地格25・総格45
「廣瀬京子」天格23・地格22・総格45 
 それにしても、このような事件を見ますと、同年代の私も”他人事”とは思えない”悲しい心境”になりますよ。

youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。