「降順数」

秘伝
01 /11 2016

2011.08.27 Saturday
-
21:48
comments(2)
-


[第1370回](中凶)・・・8月27日(小吉)

『 タレント司会「島田紳助」の業績は、素晴らしいものですが、暴力団とのかかわりで引退。一方、「金原久雄」蒲郡市長は、退任直前で失言。これらは、過去の業績にかかわらず、ある日、突然の”信用失墜”!』
 この運勢は、姓名が「降順数」であるからです。
 今までは、「昇順数」で運気が良い事例ばかり投稿して来ましたが、逆の「降順数」もあることを、初めて公開します。
 「昇順数」とは、次のように「7→8→9」になる姓名でしたね。実例としては、
サッカー選手「香川真司」天格19・地格8・総格27
女優「上野樹里」天格19・地格18・総格37
ところが、人気や業績があるのに、ある日、突然”予測しない事態や失言”で、信用失墜の運勢になるのが「降順数」という配列があります。
 その配列は、「3→2→1」のように、数字が下がってくるケースです。
 実例として、
「島田紳助」天格21・地格12・総格33
「金原久雄」天格11・地格22・総格33
(”昇順数”は「7→8→9」、”降順数”は「3→2→1」のそれぞれ1パターンしかありません。)
さて、「島田紳助」の引退ニュースで、皆さんは十分ご承知でしょうから省略しますが、「金原久雄」市長のニュースを紹介します。
『 愛知・蒲郡市の金原久雄市長は、26日の定例会見で、東日本大震災で津波被害に遭った三陸海岸について「歴史的に津波被害(の記録)が残っている所に、どうして家を造ったのか?不思議だ。」と話した。被災地では、今も多くの住民が避難生活を強いられており、物議を醸しそうだ。』
とのニュース。
 金原市長は会見後、記者団から発言の趣旨を問われ「三陸は歴史的にも被害が散見され、明治、昭和にも津波があった。先人たちも造るな、と言ってきたのに、家が建っているほうがおかしい。」と繰り返したのです。
 東海、東南海地震で想定される蒲郡市の津波にも触れ、「地形的、歴史的にみて、水位は上がることはあっても、東日本大震災のような津波は絶対あり得ない。」と話したそうです。
 (今年の11月に任期満了の金原市長(3期目)は、今期限りでの引退を表明しています。)
 さて、みなさん、政治家や行政の首長が、公式に発言する場合は、余程慎重に発言しないと、その信用を落としたり、職を辞した大臣も過去に多くの実例がありましたね。
 心の中で思うことは自由ですが、それを発言してどんな影響があるか、を一瞬考えない人が、「降順数」の配列の人にはその性格があるのです。
 地格「2」系列の”気ままな心”と総格「3」の”人柄の良さ”が、複合して、天格「1」系列の対外的な”自己主張”となって現れるからです。
 この市長、特に最後の「・・・(東日本大震災のような津波は)絶対あり得ない。」 という”絶対”を使用しているところに、”意思の頑固さ”を公表していますね。自然災害で”絶対”という用語は、神仏でも地震予知連絡会でも予測付かず、それこそ”絶対”に使用できないのですよ。
 ですから、こんな人にならないように「命名・改名」には、「昇順数」の候補名として推薦できますが、「降順数」はそれこそ”絶対”に候補名として提示していません。
 この「降順数」の人は、「島田紳助」のように現在まで全盛でも、ある日、突然の”運勢”が降格することがあることを記憶していてください。
(追 記 )
◆天格「2」系列の”死亡事故”3件◆
◇天格22の海水浴死亡事故◇
 27日午後2時ごろ、南房総市の塩浦海水浴場で泳いでいた千葉・木更津市の「鈴木信之」さん(50)がおぼれているのを、一緒に来ていた友人が見つけ、助けを求めました。鈴木さんは地元の漁船で救助され、病院に運ばれましたが、間もなく死亡しました。
◇天格12で夫婦とも死亡事故◇
 27日午後10時ごろ、石川県の海水浴場で、金沢市の会社員「出村裕樹」さん(23)と妻の「出村里沙」さん(23)が、砂浜に妻が友人らと掘った"落とし穴"に転落。通報で駆け付けた消防署員が2人を引き上げ、病院に搬送したが死亡が確認されました。
◇天格22で素潜りの死亡事故◇
 27午後1時ごろ、愛媛・宇和島市の海岸北東約400mの沖合で、近くの無職「渡辺浦兒(うらじ)」さん(69)が海底に沈んでいるのを、船で捜していた知人男性が発見し、病院に搬送されたが、約1時間後に死亡が確認されました。



コメント
先生、秘儀の公開ありがとうございます。昇順数は言葉からも出世や成長を感じ取ることが出来ますが、降順数は消極的なイメージです。他の数字でも、昇順、降順は関係してくるのでしょうか?うまくいっていた人生で突然全てを失うことは非常に怖いことです。k919
2011/08/29 10:25 AM

K919さま
 他の数字では、昇順・降順の組み合わせはないのですが、「1」のダブりも違ったパターンですが、”頭打ち・計画倒れ”の運勢になる場合があります。例えば議員から刑務所に落ちた「鈴木宗男」天格21・地格11・総格32のパターンです。また、”必然性”でない「29・39」の数は、若いころ運気が出るのは遅いですが、中年以降に急上昇する運勢になります。例えば、「福澤諭吉」の天格29、「松下幸之助」の総格29などがあります。

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。