”忠”ならんと欲すれば”孝”ならず。”孝”ならんと欲すれば”忠”ならず。

0・2タイプ
10 /19 2015


2011.06.05 Sunday - 00:03 comments(6) -

[第1292回](大凶)・・・6月5日(大吉)

『 昔からの諺:「”忠”ならんと欲すれば”孝”ならず。”孝”ならんと欲すれば”忠”ならず。」を、ご存知ですか?』
 この諺は、平安時代;保元平治の乱で「平 重盛」が嘆いた有名なもので、後世の武士道精神の”心の葛藤”を説いたものです。
 いや、この諺は戦前まであり、出征兵士が病気の母親を一人残して戦地に赴いた心情も同じ境遇の諺です。
 さて、今日のニュース。皆さんなら、どのように判断しますか?
「市民に選挙公約の”忠義”を貫くべきか? 或いは、病気の母親の治療費のために”孝行”の道を選ぶべきか?」
『 岡山・備前市の「西岡憲康」市長(70)は、選挙公約に掲げ、2005年の初当選時から給与の30%カットを、今年度から見合わせる意向を明らかにした。3年前に入院した母親(102)の治療費が、毎月20万円程度必要なことが大きな理由としており、西岡市長は「我が家も財政的に厳しく、やむを得ない。事情を説明すれば、市民は理解してくれると思う、と苦しい胸の内を明かした。』とのニュース。
 このため、5年間継続してきた市職員の30%カットは、今年度から当分の間、停止するとの意向なのです。
 西岡市長は、もともと県職員のサラリーマンであり、地元の資産家でもなく、同市のホームページによると、市長が資産公開で発表した09年の給与所得は、約950万円のみとのことです。そうすると、母親の治療費だけでも年間240万円が入要であり、既に3年間治療費720万円を支出していることになります。
 そのうえ、市長ともなれば、私的な交際費(職員への冠婚葬祭費)や慈善団体への寄付の支出も多く、そして選挙ごとに選挙費用も入要です。
 さて、このような境遇の中で、市民や市議会がどのような判断を下すのか?「公約を守れ!いや、母親のためなら止むを得ない!」の判断に分かれると思いますが、皆さんならどのように判断しますか?
 正に平重盛の「”忠孝”、両全ならず。」の市長の心境だと思います。
 この市長、市の赤字財政の建て直しのため、有能な市長として5年前に市民は当選させたのです。
 その人柄は、姓名でも判断できますね。
「西岡憲康」天格22・地格19・総格41
この姓名は、「9・5・1」が2ヵ所あり、運気が良いのですが、天格22で、地格が「9・5」系列のため、”事件事故”ではなく、仕事上の”苦労性”と言いましたね。でも、地格19であり、「憲」と「康」の”語源”が良い字体を使用していますので、思考力・創造力のある”人柄”も良い方と判断できます。
 でも、悲しいですね。これが鳩山家や麻生家のような財閥であったら、「忠も孝も」両立できるのに・・・。毎日のように、”貧しい”ために、年老いた両親の介護もできず、親を殺害したニュースは、跡を絶ちません。
 何度も投稿していますが、「なぜ?神仏は”忠孝”が両立できないような境遇の人を創造するのか・・・? 一体、宗教とは何か?」の疑問は、生涯消えないでしょう。 

コメント
 西岡市長は8歳で父を失い、家庭教師・新聞配達など苦学の末に京都大法学部卒業、本当に先生の説は詳細な所まで逃さないですね。

真夏の果実 2011/06/05 7:01 AM

真夏の果実さま
 昔からの格言「長き夜を泣き明したる者でなければ人生を語るに足らず。」と言われ、若い時に貧しい生活の中で、苦学した人ほど立派な人に成長します。現在の岡山県知事(石井正弘;地格9で9のダブり)も新聞配達をして家計を助け、東大法学部卒で、非常に真面目な知事で県民の人気が良いですね。私も中学時代に母親から「人の苦労を知るため、書店の月刊雑誌の配達でもしなさい」と言われ、自転車で個別配達をした経験がありますので、苦学した人の気持ちも解ります。

望月岳陽 2011/06/05 8:46 AM

 天画2系列で地画が5系列だと、総画に7が現れてしまいますが、そのケースでも苦労性で命を奪われる事件事故までは至らないのでしょうか?

風華 2011/06/05 4:29 PM

私の叔母は若くして病気になり、移植手術をしました。そのとき本当になぜ神様は病気をつくったんだろうと感じました。
神仏を敬う気持ちは大切です。しかし宗教に対する疑問は私自身も消えません。

k919 2011/06/05 4:34 PM

風華さま
 そのことは、既に投稿済です。例え、天格2系列であっても、地格「9・5」系列の場合は、その天格は”事件事故”ではなく、家庭的又は仕事上の”苦労性”だと言いましたね。ブログ全体を良くお読みください。

望月岳陽 2011/06/05 7:49 PM

k919さま
 「神仏」は、宇宙の自然界のパワーを、世界中の民族が「神仏」に置き換えただけなのです。例えば、太陽・月・星・山・岩・風・水などから来るパワーが不思議な現象があることから、神仏としたもです。神仏とは言わないで、「風」と「水」のパワーが”風水”なのです。世界の民族で一番崇拝しているのが「太陽」であり、日本神道では「天照大神」とし、仏教では「大日如来」なのです。ですから、この世の「神仏」というのは、実は、宇宙や地球の自然界のことです。すると、神仏を敬うのは、自然界を敬うことになるのです。仮に神仏が存在するなら、なぜ?大震災を起こし、罪のない何万人の命を奪うのでしょう?それは、日本列島の太平洋プレートの自然界の移動によるもので、決して神仏などは存在していないのですよ。

望月岳陽 2011/06/05 9:21 PM


youtube天命数霊術チャンネル




ブログ作成の励みになります|占い・鑑定 ブログランキングへ|
運気の良いナンバーを見つけてみませんか? ナンバーアクセサリー集めてみました♪
風水インテリア・雑貨 集めてみました♪
風水・地相 雑誌・参考資料 集めてみました♪漢和辞典 集めてみました♪

【スポンサードリンク】

gakuyo951

このブログは、望月岳陽 天命数霊術公式ブログのミラーブログです。公式ブログの不具合発生時に当ブログをご覧下さい。姓名判断、名付けに関する役立つ記事が満載です。ぜひ日々の暮らしにお役立て下さい。
尚、コメント・トラックバックの入力はできません。ご了承下さい。
運勢鑑定ご希望の方は、公式サイトよりお申し込み下さい。